ミッドナイトスワン

劇場公開日:

解説

草なぎ剛演じるトランスジェンダーの主人公と親の愛情を知らない少女の擬似親子的な愛の姿を描いた、「下衆の愛」の内田英治監督オリジナル脚本によるドラマ。故郷を離れ、新宿のニューハーフショークラブのステージに立つ、トランスジェンダーの凪沙。ある日、凪沙は養育費目当てで、少女・一果を預かることになる。常に社会の片隅に追いやられてきた凪沙、実の親の育児放棄によって孤独の中で生きてきた一果。そんな2人にかつてなかった感情が芽生え始める。草なぎが主人公・凪沙役を、オーディションで抜擢された新人の服部樹咲が一果役を演じるほか、水川あさみ、真飛聖、田口トモロヲらが共演。第44回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞し、草なぎも最優秀主演男優賞を受賞した。

2020年製作/124分/G/日本
配給:キノフィルムズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 日本アカデミー賞(2021年)

受賞

最優秀作品賞  
最優秀主演男優賞 草なぎ剛

ノミネート

最優秀監督賞 内田英治
最優秀脚本賞 内田英治
新人俳優賞 服部樹咲
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

映画レビュー

3.0コロナ禍最大の注目作は「リトル・ダンサー」を思い起こさせる

2020年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

新宿のニューハーフクラブで白鳥のチュチュを着て舞台に立つトランスジェンダーの主人公と、彼を取り巻く仕事仲間たちの人間模様は、どことなく既視感がある。当時はそういう表現はなかったが、トランスジェンダーの描き方や、映画全体のムードが昭和のそれだからなのか。しかし、草彅剛の渾身の役作りがすべてを凌駕して、この物語を今観るに相応しい愛と孤独のドラマとして、それも、スターだからこその吸引力を持ってして、観客を何とも表現し難い魅惑の世界へと誘って行く。声のトーン、抑揚、強弱、体重の移動、中でも、彼が恐らく最も努力したと思しき歩き方、等、役作りへの献身が、一コマ一コマから零れ落ちたくるようだ。コロナ禍の日本で公開された最大の注目作は、同時に、無名の少女がバレリーナとして花開いて行く過程を描いて、不況時代のイギリスで同じくバレリーナとして羽ばたく少年と家族、友人の関係にフォーカスしたスティーヴン・ダルドリーの代表作「リトル・ダンサー」を思い起こさせる。虐げられた人間たちの夢が次世代へと引き継がれる作品のテーマが、両作品には通じるのだ。

コメントする 2件)
共感した! 98件)
清藤秀人

4.0「草彅剛の自然体演技×可憐に舞う新人子役」による化学反応で生まれた美しくも儚い空気感をまとった作品。

2020年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

草彅剛の「自然体の強さ」が現れた作品を久しぶりに見られました。トランスジェンダーの「凪沙」という難しい役どころでも、変わらず見事に自然体で演じ切っていました。
この作品は草彅剛の存在感に加えて、子役の「一果」役の服部樹咲の存在感も大きかったです。
「この子役は上手いけれど、誰だろう?」と思っていたら、演技未経験の新人であったことに驚きました。4歳からバレエを始めていただけあって、核となるバレエの上手さは言うまでもなく、通常の演技も草彅剛の演技と相乗効果が増幅していっているほどのハマりよう。
そして、宝塚歌劇団出身の真飛聖の演技も光っていました。日本で(ごまかしのききにくい)バレエの講師役がキチンと務まり、しかも演技もできる女優は極めて少ないでしょう。
ここ最近の水川あさみの弾けっぷりもだんだん板についてきています。
このように脇もしっかりしていますが、何と言っても「草彅剛の自然体演技×可憐に舞う新人子役」が本作の圧倒的な強さ。ぎこちなさから始まり徐々に深まっていく2人の関係性の様は本物でした。
タイのロケもキチンと行ない、ニューヨークでも撮影しようとしていた(新型コロナで物理的に不可能だったので断念)など、製作陣の並々ならぬ気迫も感じます。
バレエを題材にしていることもあり音楽を効果的に使っていて、「一果」と友達の「りん」の関係性など、本筋の軸を曲げかねない重いシーンもありましたが、音楽と映像でむしろ相乗効果が出るように構成されていたのは監督の手腕でしょう。
この音楽と映像で、終盤は「言葉」より「感じる」部分が大きくなっていったのも美しさと儚さが増幅され、「草彅剛×服部樹咲」の演技がより光るものだったと思います。
この先の草彅剛と服部樹咲の活躍がますます楽しみになるような作品でした。

コメントする 1件)
共感した! 192件)
細野真宏

4.0草彅剛の底力 新人・服部樹咲の果てなき可能性

2020年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

草彅剛の現時点での代表作となることは間違いない。オリジナル作品の企画が通り難い昨今だが、今作は草彅が出演に名乗りを上げたことで大きく動き始めたことは想像に難くない。役に寄り添い、トランスジェンダーの主人公・凪沙として作品世界を見事に生きた。
そして、今作が銀幕デビューとなる新人・服部樹咲が、どこまでも可憐で美しい。幼年期から続けるバレエにより体幹がしっかりしているのだろう、不思議と目が彼女を追いかけてしまう。末恐ろしいと形容すべきか、この新人女優の果てなき可能性も必見である。

コメントする (0件)
共感した! 146件)
大塚史貴

5.0他人は変えられない

2022年10月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

見せてる自分と見せたい自分が違うことの生き辛さみたいのはきっと誰でもあると思うけど、それが性別だったらどんなにかしんどいだろうと思った。

人を変えることは出来ないので自分を変えるしかなくて必死で変えていくのに、どこまで行っても結局人の価値観は変えられないから堂々巡りになって更にしんどさが増すという苦しさよ。

コンクールの母娘連れがリアルであれはイチカは辛かったろうと思う。発表会やらコンクールは子どものサポートで母さんが本人より忙しい日だ。
イチカの髪を本当に嬉しそうに誇らしそうに愛おしそうに梳るナギサさん見てたら知らずに涙で大画面が歪んだ。

登場人物みんな愛に飢えてて、なのに誰かを深ーく愛しててそれが報われても報われなくても愛し続けてるのがしんどかった。
けどイチカが最後ナギサそっくりな格好でカッコよくカツカツ歩いてるの観て私を含め周りも啜り泣きが止まらなかったよ。

この年一番泣いた映画でした。
なんか久々に観たくなってきた。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ねねこ
すべての映画レビューを見る(全602件)