ディープロジック

劇場公開日

  • 予告編を見る
ディープロジック
ディープロジック
72%
14%
7%
0%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

押井守監督によって長編映画化されたインディーズ短編「東京無国籍少女」などを手がけてきた山岸謙太郎監督が、非常事態宣言が発令された国を舞台に描いたノンストップクライムアクション。「劇団6番シード」のPV用に製作された架空の予告編が評判を呼び、長編の製作が決定。長編作品を4分割した短編作品を半年ごとに上映し、その収益で次の短編を製作して全4回上映することで作品が完成するという製作システムで完成した。ミュージシャン崩れのフリーター、トウドウの前に謎の女が現れた。彼女の名前はクリュウ。彼女はゴシップ記者、警視庁公安部、国際テロリスト、さらには現職の総理大臣からも追われる身だった。そんなクリュウを守ろうとするトウドウは国家レベルの騒動に巻き込まれ、無差別爆破テロによって事態は国家非常事態宣言発令という事態にまで発展してしまう。

2019年製作/121分/日本
配給:ProjectYamaken

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2019 Project Yamaken & 6BanCEED

映画レビュー

0.50.5点にも達しません。

2020年10月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

あー、評点につられて観てしまった
自分を恨む。

期待したんだが、、、、
ま、劇団ファンは喜ぶのでは?
劇団PVを膨らませた長編だそうで。

大納得です。

なんのカタルシスも得られない
カッコいいシーンを作っただけの長い長いPV,
だから多くを求めちゃだめです。
途中で嫌になってきた。
カッコつけてるだけなんだもん。
ストーリーなんて破綻してますから。
ツギハギ前提、ややこし展開は
全部後出しジャンケンで辻褄あわせました。
なんの盛り上がりもありません。

少しくらい、、、リアリティ風でもいいから
ストーリー構築してくれよ。

実はこーだったんですよっ!
ってなに?このラスト。舐めてんの?
いらないよ!こんなの。ダサいよ。
さらに、からくりのなんともショボいこと
ショボいこと。ふざけるなよ。

本当、ガッカリ。
他の映画作品と同じレベルで評価したくない。
自己満足動画を観せられた気分。

最初の5分は、最初の5分だけワクワクしました。
それで終わり。

だから0点以上0.5点未満

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バリカタ

4.5「内輪うけ」ではない本格的な映画

2020年1月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

小劇場界で活動する「劇団6番シード」と、山岸謙太郎監督率いるインディーズ映画製作チーム「Project Yamaken」がタッグを組んだ本作品。
始まりは5年前、20周年を記念して作られた劇団PV。その壮大なフェイクムービーに歓喜したファンの熱い声に応えるように、映画本編が作られることになる。“でっち上げ”のPVから本編が作られるという、普通では考えられない生い立ち。

長編映画を作るにあたっての最大の壁・資金面も、2時間を4等分してそれぞれ半年かけて撮影し、完成した映像の上映会を開催してその収益を次のパートの撮影資金とするもの。この前代未聞の撮影方法で、最終的にはベトナムでのロケも敢行してしまう。

本作品には小劇場界で活躍する役者陣総勢140名が参加。さらには大勢の演劇ファン・映画ファンがエキストラや撮影スタッフとして参加。“でっち上げPV”から始まり4年の歳月を掛けた本作品は、多くの人達の想いを乗せた作品となった。

前置きが長くなったが、2時間の作品として再構築された本作品。「ノンストップクライムアクション群像劇」の謳い文句は伊達じゃなく、物語のスピード感は特筆すべきポイント。どこにでも居そうな青年が大きな危機に巻き込まれ、挫折しながらも必死に立ち向かう物語は、激しく感情を揺さぶられる。

小劇場の劇団とインディーズ映画製作チームということで「内輪うけ」の映画と思われそうだが、この予告編(https://youtu.be/iQ3MdG_Q9og)を観てもらえればそれが見当違いであると感じてもらえるかもしれない。

他にも、こだわりのVFXや照明、実際にフランス外人部隊に従事されてた細川雅人氏の指導による本格的なガンアクションなど、見所が多い本作品。当面は1月31日(金)までの上映ということなので、興味のある方は足を運んでみて欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
インテリアショップ店員

4.5この映画大好き

2020年1月26日
スマートフォンから投稿

泣ける

楽しい

興奮

邦画、しかもインディーズで国家レベルのアクションものを撮ってしまうなんて。話も面白いし、魅力的なキャラクターがたくさん登場するし、映像も音楽もカッコ良かった。
アタッカーズが一番人を殺していると思うけど、結局何が目的だったのかがいまいち分からなかったのが引っかかるけど、とても面白かった。
上映時間がもう少し早ければまた観に行きたかった…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ほうき星

4.0ハラハラドキドキ

YumiMaさん
2020年1月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

ハラハラドキドキ面白かった!!

試写会も見たけど、その時よりわかりやすくなっていた。
復活したシーンもあり、不自然だなと思ってた流れも説得力があるように直ってた。編集ってすごいな。
とはいえ、設定が大袈裟なせいか説明不足は否めない。とあるキャラについては何だったのか最後までわからなかったし。

やはり映画館は音響が違う!迫力満点。
知ってるはずの話なのに惹き込まれて体感5分…はオーバーだけど、2時間があっという間。
残念ながら粗い所もある。インディーズだから仕方ないのか。

“ノンストップクライムアクション映画”って謳い文句だけど、“Love”の要素もあり、ジーンと。

また、美味しい情報としては、連日舞台挨拶もあり、終映後はサインも貰えるのですよ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
YumiMa
すべての映画レビューを見る(全9件)