ファンシー

劇場公開日:

ファンシー

解説

彫師の郵便配達員と詩人、1人の女性の奇妙な三角関係をエロスと暴力で描いた山本直樹の同名短編漫画を、永瀬正敏、窪田正孝、小西桜子のキャストで映画化。地方の寂れた温泉街で彫師稼業を営む鷹巣明。昼間は郵便配達員として働く鷹巣は、町外れに暮らす若き詩人にファンレターを届けている。ペンギンと呼ばれる詩人と鷹巣は妙にウマが合い、毎日のように他愛のない雑談を交わしていた。ある日、ペンギンの熱狂的なファンである月夜の星を名乗る女性が「妻になりたい」と、彼のもとに押しかけてくる。ニヒルで粗暴な鷹巣、ロマンティストで性的不能のペンギン、少女のように夢見がちな月夜の星。3人の奇妙な三角関係は、激しく、そして危うげにこじれていく。鷹巣役を永瀬、ペンギン役を窪田、月夜の星役を小西が演じるほか、田口トモロヲ、宇崎竜童らが脇を固める。監督は本作がデビュー作となる廣田正興。

2019年製作/102分/R15+/日本
配給:日本出版販売

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2019「ファンシー」製作委員会

映画レビュー

3.0ペンギン&彫り師&ヤクザ

琥珀糖さん
2022年8月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

とっても変な映画です。
彫り師で郵便配達の永瀬正敏。詩人の窪田正孝。詩人の押しかけ奥さん志望の少女・月夜の夢(小西桜子)の3人が主役。
小西桜子に注目してご覧ください。
小西桜子は三池崇史監督の「初恋」のヒロインモニカを演じてます。
しかもその「初恋」でも窪田の恋人役ですよ。
「モニカ」と「月夜の夢」では、まったく別人に見えますよ。
モニカは風俗嬢(・・・なのに、際どいシーンは余りない)
対して「月夜の夢」は清純娘の設定なのに、乳揉まれたり、ディープキス・・・とか、かなりアダルト。
変な映画なんですよねー。
南十字星ペンギンと言うペンネームの詩人(窪田正孝)が南極に棲むペンギンそっくり。
キンキンに冷やした部屋に住み。氷を張った風呂に入り、かき氷に小魚を載せて、ウスターソースをかけて食する。
(ちょっと試食したくなりました、笑)

ファンタジー担当は窪田正孝ですね。少年っぽいです。
彫り師の永瀬正敏は、ワイルドですぜー!!
ヤクザの殺し合いとか、殺戮もありの、ほんと変な映画。
でもけっこう面白いです、悪趣味だけど、不思議と嫌な気分にはならない。

田口トモロヲ、凄く働いてます。
宇崎竜童、佐藤江梨子もちょこっと出てます。
お暇でしたら、どうぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琥珀糖

5.0素晴らしい!

マギさん
2022年8月4日
iPhoneアプリから投稿

この面白さは原作由来なのか?と思い原作も読んだが、魔改造、というか神拡張されていて、ああ監督の力だったんだなと納得した。原作も十分詩的だが、あの小品をこれだけの世界観で映像化する力量は本物。役者陣の演技もいうことなし。公開時に作品の存在に気付かず、映画館で見れなかったのが残念な傑作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マギ

3.0みんなダブルワーク

kossyさん
2022年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 温泉街とヤクザ。昭和を思い出させる街並みとどこか現実離れしている世界。彫師としての仕事ぶりは父親(宇崎竜童)との関係性のみで、街から出たがっていたのに逃げられない鷹巣明(永瀬)の宿縁ぶり・・・これがつまらない。どうせならペンギン(窪田)の観る世界の方がファンタジー感溢れてるのにとも思った。他方でヤクザ側の描き方がコミカルすぎて、作品の意図すら掴みづらい。

 そんな中、小西桜子の体当たり演技&ヌードがとても印象に残る。一緒に風呂入ってキスしても不能。詩の雰囲気は出せなかったけど、終盤の月の映像にはグッとくるのです。

 すべてがペンギンの妄想だったと考えてもみたけど、最後の会話ではそれも否定していた。その曖昧さを与えてくれる会話にしてくれればもっと良いと思った。もしかすると、見終わってからも小西桜子の裸体を妄想させる映画だったのかも・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

1.5通して見るのが辛かった

2022年7月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

90年代リバイバルブームなのか、こんな感じのあったような無かったような…。
サングラス、任侠、ウサギの着ぐるみを着ていたのかいなかったのか…。
ごちゃ混ぜで皿の上にどーぞと出された感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コブラちゃん
すべての映画レビューを見る(全37件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る