劇場公開日 2020年2月7日

ファンシーのレビュー・感想・評価

3.115
16%
33%
32%
11%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全15件を表示

1.0ジャンルさえ不明デス

momo8さん
2020年3月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
momo8

3.5群像劇としても楽しい愛すべきファンタジー

2020年3月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

彫師で郵便局員の鷹巣(永瀬正敏)は自らの体にも刺青を彫り、常にサングラスをかけ郵便物の集配をしていた。ペンギンと呼ばれる詩人(窪田正孝)は寒い家で暮らし氷風呂に入るまさにペンギンだった。何故か馬が合う二人。鷹巣がペンギンの家で油を売るまったりとした時間が心地良い。

ペンギンのファンで「妻になりたい」という女性・月夜の星(小西桜子)の登場で物語が動き始めた。

性的に不能なペンギンが切ない。永瀬により女になっていく桜子。なんかリアルだった。てか、桜子の何にもない胸に感動した。

ロケ地は信州の戸倉上山田温泉。いい感じにさびれた温泉街で、そこで暮らす人々の群像劇としても楽しめる。特に田口トモロヲ、好きだなぁ。彼の郵便局長とポン引きの二足の草鞋が可笑しくて仕方なかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
エロくそチキン

3.5やっぱり原作のコミックを知らないと

2020年2月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

オイルサーディンのせのかき氷🍧に醤油かけて食べてた。
そりゃ、口、魚臭いよね。
ペンギン邸は冷房すごく効いていて、
郵便屋さんは毎回毛布かけてた。
ペンギンさんのお風呂は氷水。

冬なのに、映画館冷房入れてた?
テアトル新宿、そこまでしなくても!

背中愛は感じられました。

小西桜子 売り出し中?
初恋も楽しみにしております。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カールⅢ世

3.5ペンギン風呂かわいい!

2020年2月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

私はそんなに嫌いじゃなかったです。

出演者が豪華!
ただ、窪田正孝めちゃくちゃ好きですけど正直あんまりペンギンには合ってなかったです。
もっとポワ~ンとした人の方が説得力あったかもです😆
ペンギンスタイルはかわいかったですけど😂

永瀬正敏は相変わらず渋くて素敵でした。
四六時中郵便局員の制服着てるのが面白かったです。

裏社会の不穏な匂いがプンプン漂う温泉街の雰囲気も好きでした!
田口トモロヲさんが溶け込んでてさすがです!

ヤクザの抗争、インドアな詩人、ダブルワークに勤しむおっさん達。
そして月夜の星。
なんか改めて書くとめちゃくちゃファンタジーですね(笑)

月夜の星は初々しくてかわいかったです😊

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
はるたろう

1.0ファンシーな世界

栗太郎さん
2020年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

どうでもいいので、レビューを書く気にもなれない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎

4.0不思議な余韻でまた、見たくなる!

noelさん
2020年2月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

萌える

しっかりしたストーリーを求める方には合わないと思うが、見終わった時にまた、あと不思議な世界に行きたいと思った!原作を読んでペンギンがどのようになるのかと不安だったが、窪田正孝演じるペンギンがどんどんペンギンにしか見えなくなる!!台詞は少ないが表情仕草で見せるのは流石!この映画が初恋より先に撮られたと言う小西桜子はちょっと堅い慣れない演技が山本直樹原作にガッツリハマってた!果敢にラブシーンも演じてて好感!ヤクザや怪しげな郵便局員などキャラが強い面々を永瀬正敏の郵便屋さんがリアルとポエジーな世界を行き来して一つの世界にまとめて作品を成立させている!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
noel

3.0独特の世界観

khapphomさん
2020年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

独特の世界観がずっと続く映画。一応、色々な布石は回収するのでストーリーは繋がるかな。新人の女の子が結構危なっかしくていい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
khapphom

2.0過去と今と未来が交差するときはすべて投げ捨てる勇気がいる。

Haruさん
2020年2月21日
PCから投稿

永瀬正敏のために作られたような映画だった。
虚無の世界は底なし井戸のようだし、一旦その井戸に落ちたら這い上がるのは至難の業。
バカな詩人は彼の空想の賜物。唯一、元の世界に戻れる綱はしごのような気がした。
纏わりつく女を冒してみても自分の時間など取り戻せはしない。
虚無の世界で生きていくには、与えることしかない。
それは、決して言葉なんかではなく、ましてや郵便物でもない。
サングラスを外し、微笑むことしか取り戻せはしないはずなのだ。

いい映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Haru

4.5好きな映画

2020年2月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

難しい

萌える

公開前に原作の漫画を読んでみた。
40ページ程の短いお話。
登場人物は少なく、これをどうやって映画化するのか興味深かった。
予告を見ると、彫り師やらヤクザの抗争やら、原作のイメージとはかけ離れた内容に。
ところが、映画を観終わった感想は、原作通り、だった。
廣田正興監督の初の長編作品。
にもかかわらず、テアトル新宿で1日4回の上映があるのはすごいことなのでは。
主演の永瀬正敏さんと廣田監督の関係性がとても素敵で、永瀬さんは雑誌やラジオでも監督との17年程前の約束が実現した事を語られている。
また、小西桜子さんは、このファンシーが映画初出演。
ファンシーのクランクアップの翌日に、三池監督の初恋のオーディションを受け合格し、偶然にも相手役がどちらも窪田正孝さんというのもすごい話。
原作では本物のペンギンとして描かれているが、映画では窪田正孝さんが人間として演じている。
が、姿は人間でありながらペンギンに見える不思議。
演技力のなせる技なのだろう。
ジェイムス下地さんの音楽も最高。
原作を読んでから映画を観て、再度原作を読む事をおすすめする。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
てたろう

3.5現実にながら空想を思う。それ自体も現実で、生きていくしかない。内容...

おれさん
2020年2月15日
iPhoneアプリから投稿

現実にながら空想を思う。それ自体も現実で、生きていくしかない。内容は少し分かりづらいがなんだか頑張れよというテーマをしっかり投げかけられた感じがして、嫌いじゃない作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おれ

2.0『まぼろしホライズン』

2020年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
いぱねま

4.5嘘のような世界、現実の世界

ワンコさん
2020年2月11日
iPhoneアプリから投稿

いろいろなレトリックを散りばめて、嘘なのか現実なのか、曖昧な世界をコラージュのように綴っていく。

(郵便配達)は、嘘のようなポエムの世界と、暴力と死が溢れる現実の世界を繋ぐ。

空想が支配するポエムの世界。
しかし、生きているという実感はあるのだろうか。
(月夜の星)に広がる疑問。

暴力や欺瞞が溢れ、人の命が軽い世界。
現実かもしれないが、実感の湧かない世界。
でも、それは僕達の周りの世界。

(月夜の星)がホテルのベッドの上で言う、
「ここはどこ?」
そう、ここ夢かもしれない現実。

(月夜の星)は(郵便配達)とのセックスの快楽を通じて、どんどん現実に引き戻されて行く。

しかし、決して(ペンギン)は、現実の世界に来ることは出来ない。
(ペンギン)は自ら現実の世界に足を踏み入れようとするが、無理なのだ。
不能だからだろうか。

とどまる(ペンギン)
戻って行く(月夜の星)
変わらぬ(郵便配達)

(郵便配達)は、(月夜の星)の背中に何を見たのだろうか。
そう、(郵便配達)が人の背中に描く世界は、現実の世界ではない。
(郵便配達)は夢の世界から人を現実に引き戻せるが、自らはとどまることしかできないのだ。
家族を遠くに離しても、(郵便配達)は、人の背中に描く世界を想いながら、とどまるしかない。

これは全部、実は、僕達の世界に重なる。

ファンシーとは、装飾的とか、空想とか、幻想という意味だ。
でも、やはり、このストーリーは、ひどく僕達の世界に重なる。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ワンコ

1.5ケダモノ予備軍

Bacchusさん
2020年2月9日
Androidアプリから投稿

怖い

単純

難しい

彫り師にして昼間は郵便局の配達員をする男と、その友人で若い女性に大人気の南十字星ペンギンという詩人の周辺で起きる人間模様の話。

主人公の他にも怪しげなダブルワークをしている局長に、後輩でホテル経営をしているヤクザとかを絡めながら、ベンギンのファンで押しかけ女房の月夜の星とのやり取りと、彫鷹の過去等にも触れていくストーリー。

主なところ生い立ちから来る現在の彫鷹と、彼に影響を受けるベンギン&月夜の星の物語だけど、群像劇の様な感じも。
舞台上が上山田っていうのが又何となくリアルにも感じるw
(最後に上山田に行ったのは20年末近く前で、当時の私のイメージです。上山田の方ゴメンナサイ)

普通というか所謂カタギからはちょっとズレたチョイ悪やさぐれストーリーで、最終的には何事もなかったかの様に回って行く感じが何となく面白かったけど、これといって刺さったり唸ったりする程のことはなかったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bacchus

0.5残念でならない

ビビさん
2020年2月7日
iPhoneアプリから投稿

良くも悪くも何もない作品だった。エロもバイオレンスも、役者の芝居部分も特筆すべき点がひとつもない。今時よくありがちな残念作品の典型的なものだった。

きっと三池崇史好きなんだろうなあ、ああ、日活でよくある白石和彌のバイオレンスがいいんだろうなあとか?話は特に面白くはないんだけど、主役の永瀬正敏さんが可愛そうだった。出演した理由が、20年近く前に原作を渡されて、お願いされたから…まさに永瀬正敏を表すかのようなエピソード。
でも断ることも、またこの無名の監督の為だったのでは?

まず、自分が撮りたい映画が、過去の日活や東映でやってきたことの焼き回し?な事が先ず残念でならない。もっと勉強してから臨むべきだし、映画を撮るような演出方法ではないと。なんかの依頼で漫画やるならうまい具合にこなしそうだけど、この監督に任せるのは無理がある。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ビビ

2.5んん…

2020年2月7日
iPhoneアプリから投稿

俳優陣がこれだけ揃っているのに、世界を驚かせるような衝撃さや哲学が無いので、それが何故そこまでやらないの?と思ってしまう。作品は平凡で良くも悪くも無いです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バスキア
「ファンシー」の作品トップへ