フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて

劇場公開日

フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて
フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて
28%
63%
9%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イギリスを席巻した実在する漁師バンドの実話を映画化。イギリス南西部コーンウォール地方にある小さな港町ポート・アイザック。この地に旅行で訪れた音楽マネージャーのダニーは、漁師たちのバンド「フィッシャーマンズ・フレンズ」のライブを偶然見かけ、上司から彼らとの契約を命じられてポート・アイザックに居残ることに。民宿の経営者のオーウェンはダニーの失言に敵意をむき出しにしていたが、ダニーの音楽への熱い情熱に次第に心を動かされていく。やがて「フィッシャーマンズ・フレンズ」と無事に契約を果たしたダニーだったが……。「シンクロ・ダンディーズ!」のダニエル・メイズ、「輝ける人生」のデビッド・ヘイマン、「わたしは、ダニエル・ブレイク」のデイブ・ジョーンズが顔をそろえる。

2019年製作/112分/G/イギリス
原題:Fisherman's Friends
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0労働歌が染みる

2020年9月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

幸せ

聴いたことが無いのにどこかで聴いたような懐かしいリズムと歌声。

観光にきたダニーたちはふざけすぎでイラッとしたが、それ以上に漁師町の人々の悪態は小気味良かった。

上司の冗談から始まったダニーと漁師たちの繋がりが深まるほどに引き込まれた。

閉塞感が強まったと感じる昨今でこういった事に脚光が向いてもすぐ忘れ去られるのは悲しい。

古くても良いものは良い。

新しい関係性とか取り繕っても、人間の関係性はそうそう変わるもんじゃない。
人間はシステムじゃないから。
ドライに割りきれるもんじゃない。

街のパブで歌いだしたオジサンたちにつられて、皆の歌声と笑顔が出た時は気持ち良かった。

しかし、あの漁師たちもよそ者(エメット)と言って嫌っていた事を考えると様々な事を受け入れて、共生する事が難しいのはよくわかる。

ラストは甘い形で終わるから、その後はどうなったんだろうか?と気にはなってしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪(コロナが当たり前の世界)

4.5現実は小説より奇なり

2020年9月7日
iPhoneアプリから投稿

無駄に作り込んだものよりも、実話の方が感銘を受けることが多いというのは事実なのかもしれません。
演者の自然さもまた引き込む一つの理由かなと思います。
主人公は今までのものを捨てて別の素敵なものを手に入れる。涙も笑いもあふれた素敵なヒューマンドラマです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ボタもち

4.0サングラスをかければブオノ

motoさん
2020年9月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

Pコートにジーンズの揃いの衣装
これにフィッシャーマンズセーターがバッチリカッコいい
そんなイケてるメンズが一度歌い出せば見事なハーモニーを奏でて、舟歌を歌い出す
メンバーも3世代に渡って受け継がれている
たまにライフセーバー
そしていつも集うのは村のパブ
そこでエールを飲みながら明日の漁について語らうのだ
普遍的で不変の価値がそこにはある

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moto

4.0本物は、心と心で通じる

hkr21さん
2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

新春に泣いて笑って、ほっこりと感動。
海辺の小さな街で、
メジャーデビューした漁師たちの実話。

うちも漁師町だから気性もだいたい想像つくし、
この物語の人たちみたいに、基本明るいし、下ネタも好きだし、熱い。

カッコいいもんなー。
漁師って、天気や海や自然と共に身体はって生活してるから、
中身からカッコいいもん。
そして、ガタイも良いし。
オッサンになれば年季が加わって、
ますますパワーアップ⤴️

昔から伝わる歌。
本物は、心と心で通じる。
魂で唄っているから、
その言葉、音、気持ち、
耳から目から身体中に伝わり、
サワサワと感動し涙が勝手にこぼれる。

それをきちんと感じとることができたダニー。
都会でイキってても、まだ大切な部分は残ってて良かったね。
その気持ちを信じ、デビューに奔走し、それが聴衆にきちんと届いた!
こんな嬉しいことはないでしょう!!

音楽は届けられた。
さて、身近なところの人間関係は?
そう、正直に真面目に心で接すれば、最後は仲間になれる。
お酒と音楽と笑顔でね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hkr21
すべての映画レビューを見る(全38件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて」以外にこんな作品をCheck-inしています。