ソウルフル・ワールド

  • 予告編を見る
ソウルフル・ワールド

解説

ディズニー&ピクサーによる長編アニメーション。「インサイド・ヘッド」「カールおじさんの空飛ぶ家」を手がけ、ピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーも務めるピート・ドクター監督が、人間が生まれる前の「ソウル(魂)」たちの世界を舞台に描くファンタジーアドベンチャー。ニューヨークに暮らし、ジャズミュージシャンを夢見ながら音楽教師をしているジョー・ガードナーは、ついに憧れのジャズクラブで演奏するチャンスを手にする。しかし、その直後に運悪くマンホールに落下してしまい、そこから「ソウル(魂)」たちの世界に迷い込んでしまう。そこはソウルたちが人間として現世に生まれる前にどんな性格や興味を持つかを決める場所だった。ソウルの姿になってしまったジョーは、22番と呼ばれるソウルと出会うが、22番は人間の世界が大嫌いで、何の興味も見つけられず、何百年もソウルの姿のままだった。生きる目的を見つけられない22番と、夢をかなえるために元の世界に戻りたいジョー。正反対の2人の出会いが冒険の始まりとなるが……。Disney+で2020年12月25日から配信。当初は劇場公開予定だったが、2020年の新型コロナウイルス感染拡大により劇場公開を断念し、Disney+での独占配信に切り替えられた。日本語吹き替え声優は浜野健太、川栄李奈。アニメ界のアカデミー賞と言われるアニー賞を制したほか、第93回アカデミー賞でも長編アニメーション賞、作曲賞を受賞。

2020年製作/101分/アメリカ
原題:Soul

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第93回 アカデミー賞(2021年)

受賞

作曲賞 ジョン・バティステ トレント・レズナー アティカス・ロス
長編アニメーション賞  

ノミネート

音響賞  

第73回 カンヌ国際映画祭(2020年)

出品

カンヌレーベル「アニメーション」
出品作品 ピート・ドクター
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5怖い領域にもガシガシと踏み込んでいく果敢さ

村山章さん
2020年12月31日
Androidアプリから投稿

特に前知識を入れてなかったので、ピクサーがジャズをモチーフにした映画を作ったのだと思いこんでいた。実際、主人公はジャズマン(に憧れる音楽教師)だし、劇中にはジャズを演奏する印象的なシーンがいくつかある。

しかし、お決まりの夢をつかみたい男の苦闘と奮闘、という物語は、「人間が持つ執着心」というテーマに置き換えられ、そして映画はさらに大きくてテーマへと際限なく広がっていく。要するに「人間とはなにか?魂とはなにか?」という哲学的な大命題に手を出しているのだ。

しかも、魂が作られていく過程が、非常にファンタジックでありながらも、ロジカルに描かれていることに驚く。この映画は「誰もが違っていて素晴らしい」なんてキレイごとは言わない。例えば人間なんていくつかのパターンにたやすく分類できてしまうし、本人の意思で属性や性格を変えるのにも限界がある。そんな皮肉めいた人間分析を、こんなに楽しいビジュアルで描いてしまったことに驚く。

もちろんピクサーの映画が、人間なんてつまらない存在だ、なんて結論に行き着くわけではないのだが、だからといって安易な人生讃歌でもない。とてもポジティブな映画だけれど、普通なら向き合いたくないようなことにもきちんと目を逸していない、勇猛果敢な作り手の姿勢に拍手を送りたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 23 件)
村山章

4.0中年世代の魂を癒すヒーリングムービー

2020年12月26日
PCから投稿

泣ける

笑える

楽しい

人には生まれながらに与えられた使命がある。人生に於いて目的を達成することは素晴らしい。人生とは目的探しの旅だ。。。。。そんな風に描き尽くされてきた人生に関する考察(または意味付け)を一旦リセットし、そもそも、目的を達成できなくても、目的そのものを持ちえなくても、平凡な日常に感謝し、身を委ねることこそが、生きるという行為なのだ。と、ピクサーの最新アニメは我々に問いかける。長いハリウッド映画の歴史でこのような提案は実写でも珍しいと思う。ある日突然、マンホールから落っこった先にある、この世に生まれる以前のソウル(魂)の世界へ飛んでしまったしがないジャズピアニストの体験談は、瞬間瞬間が示唆に富み、同時に大胆な空間転換で楽しませる。死にたくないともがく主人公と、彼がソウルの世界で出会う、逆に生まれたいとも思ってない22番との冒険が、やがて、互いの中に欠けていたものを発見することになるバディムービーの形式を借りて。ビジュアル的には、深い色彩に溢れる現世ニューヨークの風景と、徹底して無機質かつミニマムを追求したソウル界の対比が明確だ。これは、いい歳をしていまだ人生に目的を見出そうとする、若い世代にとってはけっこう傍迷惑な、迷える中年世代の魂を癒すヒーリングムービーだと、筆者は解釈した。正義、友情、女性の自立、死生観、感情の視覚化と来て、ディズニー&ピクサーは遂にこんな領域に侵入したのである。で、次は何?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 24 件)
清藤秀人

3.5まずまず

Syuさん
2022年9月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Syu

4.0「生きる意味は夢や目的を達成すること」という価値観の別解をくれる。

ゆちこさん
2022年9月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

夢を叶えるために、何かを成し遂げるために生きてるんだ。
生きるってそれだけじゃないよ。
でも世界は成功者が優性に見えてしまうんだ。
どれもこれも理解できる。

それらを腹に落とした上で、
「目的にとらわれ過ぎて、ありふれた奇跡を見逃さないで。」
価値観を押し付けずに、そんな視点をプレゼントしてくれる優しい映画。

風に舞う葉っぱがキレイ、母からの愛を感じる、大好きなピザを味わう時間、床屋で店主とおしゃべりするひととき、教え子の成長。
よくよく思うと、どれもこれも奇跡みたいなしあわせのはずなのに。

夢見ていたアーティストとしてのステージを叶えても、自分が執着するほど全てを賭けた夢がこんなものか…と落胆する。
夢を叶える場面と、22番と過ごした時間を噛み締める生活のなんてことない場面。彼は後者の方がしあわせそうで、ここのアニメーションならではの表現が素敵。

エンタメとしては死後の世界を描く前衛さ、川栄李奈さんのお芝居の上手さ、主人公がジャズミュージシャンが夢ってことで散りばめられた上質な音楽が楽しい。キャラクターの感情表現も奥行きと繊細さがあって、大味じゃなかったのが綺麗事に見せないテクニックだったと思う。

パッションで鼓舞する系作品とは違ったアプローチで、自分を好きになるきっかけをくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆちこ
すべての映画レビューを見る(全74件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ソウルフル・ワールド」シリーズ関連作品