ソウルフル・ワールド

  • 予告編を見る
ソウルフル・ワールド
47%
45%
6%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ディズニー&ピクサーによる長編アニメーション。「インサイド・ヘッド」「カールおじさんの空飛ぶ家」を手がけ、ピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーも務めるピート・ドクター監督が、人間が生まれる前の「ソウル(魂)」たちの世界を舞台に描くファンタジーアドベンチャー。ニューヨークに暮らし、ジャズミュージシャンを夢見ながら音楽教師をしているジョー・ガードナーは、ついに憧れのジャズクラブで演奏するチャンスを手にする。しかし、その直後に運悪くマンホールに落下してしまい、そこから「ソウル(魂)」たちの世界に迷い込んでしまう。そこはソウルたちが人間として現世に生まれる前にどんな性格や興味を持つかを決める場所だった。ソウルの姿になってしまったジョーは、22番と呼ばれるソウルと出会うが、22番は人間の世界が大嫌いで、何の興味も見つけられず、何百年もソウルの姿のままだった。生きる目的を見つけられない22番と、夢をかなえるために元の世界に戻りたいジョー。正反対の2人の出会いが冒険の始まりとなるが……。Disney+で2020年12月25日から配信。当初は劇場公開予定だったが、2020年の新型コロナウイルス感染拡大により劇場公開を断念し、Disney+での独占配信に切り替えられた。日本語吹き替え声優は浜野健太、川栄李奈。アニメ界のアカデミー賞と言われるアニー賞を制したほか、第93回アカデミー賞でも長編アニメーション賞、作曲賞を受賞。

2020年製作/101分/アメリカ
原題:Soul

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第93回 アカデミー賞(2021年)

受賞

作曲賞 ジョン・バティステ トレント・レズナー アティカス・ロス
長編アニメーション賞  

ノミネート

音響賞  

第73回 カンヌ国際映画祭(2020年)

出品

カンヌレーベル「アニメーション」
出品作品 ピート・ドクター
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0The Latest Disney Death Movie

2021年1月25日
PCから投稿

Soul has little to say about the afterlife, it turns out. It's much like 1997's Toothless, thankfully without the Disnified Christianity. There's a body-switch segment in there which almost makes the film old fast. Exquisitely crafted animation brings us closer to the uncanny valley, but it's quite imaginative. The film holds up real well with Reznor and Ross' future perfect soundtrack.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Dan Knighton

4.5怖い領域にもガシガシと踏み込んでいく果敢さ

村山章さん
2020年12月31日
Androidアプリから投稿

特に前知識を入れてなかったので、ピクサーがジャズをモチーフにした映画を作ったのだと思いこんでいた。実際、主人公はジャズマン(に憧れる音楽教師)だし、劇中にはジャズを演奏する印象的なシーンがいくつかある。

しかし、お決まりの夢をつかみたい男の苦闘と奮闘、という物語は、「人間が持つ執着心」というテーマに置き換えられ、そして映画はさらに大きくてテーマへと際限なく広がっていく。要するに「人間とはなにか?魂とはなにか?」という哲学的な大命題に手を出しているのだ。

しかも、魂が作られていく過程が、非常にファンタジックでありながらも、ロジカルに描かれていることに驚く。この映画は「誰もが違っていて素晴らしい」なんてキレイごとは言わない。例えば人間なんていくつかのパターンにたやすく分類できてしまうし、本人の意思で属性や性格を変えるのにも限界がある。そんな皮肉めいた人間分析を、こんなに楽しいビジュアルで描いてしまったことに驚く。

もちろんピクサーの映画が、人間なんてつまらない存在だ、なんて結論に行き着くわけではないのだが、だからといって安易な人生讃歌でもない。とてもポジティブな映画だけれど、普通なら向き合いたくないようなことにもきちんと目を逸していない、勇猛果敢な作り手の姿勢に拍手を送りたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
村山章

4.0中年世代の魂を癒すヒーリングムービー

2020年12月26日
PCから投稿

泣ける

笑える

楽しい

人には生まれながらに与えられた使命がある。人生に於いて目的を達成することは素晴らしい。人生とは目的探しの旅だ。。。。。そんな風に描き尽くされてきた人生に関する考察(または意味付け)を一旦リセットし、そもそも、目的を達成できなくても、目的そのものを持ちえなくても、平凡な日常に感謝し、身を委ねることこそが、生きるという行為なのだ。と、ピクサーの最新アニメは我々に問いかける。長いハリウッド映画の歴史でこのような提案は実写でも珍しいと思う。ある日突然、マンホールから落っこった先にある、この世に生まれる以前のソウル(魂)の世界へ飛んでしまったしがないジャズピアニストの体験談は、瞬間瞬間が示唆に富み、同時に大胆な空間転換で楽しませる。死にたくないともがく主人公と、彼がソウルの世界で出会う、逆に生まれたいとも思ってない22番との冒険が、やがて、互いの中に欠けていたものを発見することになるバディムービーの形式を借りて。ビジュアル的には、深い色彩に溢れる現世ニューヨークの風景と、徹底して無機質かつミニマムを追求したソウル界の対比が明確だ。これは、いい歳をしていまだ人生に目的を見出そうとする、若い世代にとってはけっこう傍迷惑な、迷える中年世代の魂を癒すヒーリングムービーだと、筆者は解釈した。正義、友情、女性の自立、死生観、感情の視覚化と来て、ディズニー&ピクサーは遂にこんな領域に侵入したのである。で、次は何?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
清藤秀人

4.0米国の第93回アカデミー賞長編アニメーション賞、作曲賞を受賞した作...

2021年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

米国の第93回アカデミー賞長編アニメーション賞、作曲賞を受賞した作品。アカデミー賞を獲った作品ということで、予告を繰り返して観てるうちに、お洒落な絵とご機嫌なJAZZ、ピチョン君のような可愛いキャラクターに癒されて、運命的なものを感じて鑑賞しました。

すばらしかった!
感動のあまり「私ピクサーで働きたい!!」と映画を観たあと、叫んでしまいました。このような作品に出会ってしまうと、アメリカに移住したくなります。

原題は『SOUL』なんだそうです。

黒人のジャズミュージシャンが主人公。
なので、この作品は音楽が最高!

タイトルを『Soul』と名付けたのは、黒人だからSoul Musicの話だからというのもあるのでしょうが、人間の「命」、SoulとSpiritの話で、死後の世界=生まれる前の世界=量子レベルの世界の、魂のレベルで「生きるとは何か」を問う作品でした。

アニメーションですが大人が観ても、いや老齢の方が観ても、「観てよかった」と思える作品ではないかと思いました。『リメンバーミー』と『ソウルフル・ワールド』、この2本は、私よりだいぶ年上の方に対しても、自信をもって「最高ですから観てください」とおススメします。

『カールおじさんと空飛ぶ家』を作った監督さんの作品なんだそうで、カールおじさんは奥さんの死から始まるストーリーでしたね。
あれも悲しいお話でしたが、生きる勇気を貰える映画でした。

『カールおじさんと空飛ぶ家』も『ソウルフルワールド』も、悲しい経験をして悲しみにくれる人に向けて作られていて、生きる勇気を奮い立たせてくれる作品だと思います。

ストーリーは2年がかりで作られたんだそうです。

人間の魂のきらめきは、体に金粉をふりかけて、高価な服や宝石を身につけていればきらめくものではなくて、夢中になれる何か、感動する心があってはじめてきらめく。
お金をたくさん持ってるとかではなくて、魂のきらめきを大切にしていきたいなあと思いました。

吹き替え版は、さりげなく瑛人さんがストリートミュージシャン役で歌っていて、心に沁みました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
山川夏子
すべての映画レビューを見る(全63件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ソウルフル・ワールド」シリーズ関連作品