プリズン・サークル

劇場公開日

  • 予告編を見る
プリズン・サークル
40%
45%
13%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

取材許可に6年をかけ、2年にわたり日本国内の刑務所に初めてカメラを入れて完成となったドキュメンタリー。官民協働による新しい刑務所であり、受刑者同士の対話をベースに犯罪の原因を探り、更生を促す「TC(Therapeutic Community=回復共同体)」というプログラムを導入している日本で唯一の刑務所でもある「島根あさひ社会復帰促進センター」。受刑者たちはプログラムを通じて、窃盗や詐欺、強盗傷人、傷害致死など、自身が犯してしまった罪はもちろんのこと、貧困、いじめ、虐待、差別といった幼い頃に経験した苦い記憶とも向き合わなければならない。カメラは服役中の4人の若者を追い、彼らがTCを通じて新たな価値観や生き方を身につけていく姿が描かれる。監督は「Lifers ライファーズ 終身刑を超えて」「トークバック 沈黙を破る女たち」などアメリカの受刑者をテーマにした作品を手がけてきた坂上香。

2019年製作/136分/G/日本
配給:東風

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
製作
坂上香
撮影
坂上香
南幸男
録音
森英司
音楽
松本祐一
鈴木治行
アニメーション監督
若見ありさ
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2019 Kaori Sakagami

映画レビュー

4.0懲罰ではなく心の回復としての受刑

2020年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

官民共同の運営で、日本で唯一「TC(Therapeutic Community=回復共同体)」を導入している刑務所を追いかけたドキュメンタリー。懲罰としての受刑ではなく、犯罪にいたった要因を探り、罪の意識と向き合わせ、自身の過去とも向き合わせてゆく。受刑者の多くは貧困や虐待を経験し、何かしらの常識や価値観が欠落している。いくら懲罰を押し付けても、価値観が伴っていなければ意味がない。この刑務所では、過去を紐解くことで罪に走ってしまった要因を自ら考えさせ、他者への想像力を養うように教育していく。
窃盗に罪の意識を感じ取れていない受刑者が出てくる。彼は「窃盗と罪を感じる心」そのものが欠落している、その欠落を回復させていくことで反省を促す。プログラムではロールプレイングと対話を通して人間性を回復させてゆく。受刑者のプライバシーを守るため、顔をぼかし名前は仮名にしているが、それもまた見事な演出となっている。アニメーションの使い方も見事で、目の付け所も、技法も素晴らしい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

4.5今の社会に足りない何かがそこにあった。

2021年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
TKひっち

3.5ハードルは高い

naomayuさん
2021年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

受刑者同士の対話をベースに犯罪の原因を探り更生を促す「TC」というプログラムが導入されている刑務所のドキュメンタリー。
語り(ナレーション)はなく、無機質な刑務所の四季の移り変わりで時間軸を表現している。

受刑者が作った「嘘しか言わない少年」の話が心に響いてくる。
誰しもが何かを抱え、何かが欠落してしまっていることが端的に表現される。

TCの検証結果が良好で、コストを抑えて一般化できるものになることを祈りつつも、受刑者の生い立ちを聞くと、その原因部分の改善が本当に大切だと感じさせられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
naomayu

4.5心理師の力量がすごい

2021年3月28日
Androidアプリから投稿

人に話を聞いてもらうことの大切さ。
人と触れ合うことの大切さ。

ここに出てくる受刑者たちは、児童虐待を受けて育っている。
虐待を受けたら、犯罪者になるとか、障害があったら犯罪者になりやすいとか、そういうモノサシの話ではないけれど、彼らが語る幼少期の話は過酷だ。

いじめを受けたり、暴力を見て育つと、どこか感情が止まってしまうのだということが、彼らの言葉から証明されているようで。

TCと言われる手法には、エンカウンターやゲシュタルト、ピアカウンセリングなど様々な心理療法が盛り込まれている。

そのどれもが素晴らしく高度な技法で進められている。正直、受刑者同士でこんなにも深く語り合えるものなのか、疑問にすら思ってしまうが、これはドキュメンタリー。真実を映し出しているのだと思う。

犯罪を犯す前に、話を聴く人がいたら。
誰かを傷つける前に、自分の傷つきを癒せたら。

「痛いとか、寒いとかは感じるのに、自分の感情を語ることができないことに泣きたくなる」
それを言えるまでになれたことが、素晴らしい。

心理を志す方々に、ぜひ観てほしい。

人の心を聴くことや、虐待、いじめを受けた子どもたちに、どう向き合うのか。
何かヒントが見つかるのではないかと念じずにはいられない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミツバチば~や
すべての映画レビューを見る(全19件)