赦しのちから

劇場公開日

赦しのちから
赦しのちから
13%
74%
13%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「祈りのちから」などキリスト教を題材にした映画を多数手がけるアレックス&スティーブン・ケンドリック兄弟が、「赦し」をテーマに、ひたむきに走り続ける少女が自分自身や周囲に変化をもたらしていく姿を描いたヒューマンドラマ。高校でバスケットボール部のコーチをしていたジョン・ハリソンは、町にあった工場が閉鎖されて多くの住民が去ったことでバスケットボールチームが解散になってしまい、やりたくもないクロスカントリー競技のコーチをすることに。しかも、クロスカントリー部の部員は、ぜん息を患ったハンナという女子生徒ひとりだけ。思うようにいかない現実に不満を抱くジョンだったが、ひた向きに練習に励み、大会で優勝を目指すハンナの姿を見るうちに心境に変化が訪れる。

2019年製作/119分/G/アメリカ
原題:Overcomer
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0来そうで来ない。来ても長続きしない。

2020年8月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

ドワッと感動の波が訪れたかと思うと。「イエス様」。気分盛り上がって来たら。「神は私たちを赦した、だから私も赦します」。

感動!スーッと潮が引く。感動!スーッと。感動!スーッと。の繰り返し。

クロカンのレースとか、無茶苦茶ムネアツだったけど。イエス様の連呼は押し付けがましいって。これを気にしないで見れる人も、おられてでしょうが。わたくしは、ダメでした。

重ねて言うけど、ハンナのレースシーンは胸にこみ上げるものがありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bloodtrail

4.5赦すことにより救われる。

ku-chanさん
2020年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ジョージア州のクリスチャンスクールの生徒ハンナスコット(陸上の選手)バスケットボールのコーチ(監督アレックス・ケンドリック)だったジョン先生とその伴侶。ハンナを育てら祖母。ハンナの父親トーマス(キャメロン アーネット)。

それぞれの心の葛藤が、神により救われたはなし。人を赦すことで自分も救われる。

この映画で一番好きなところだけ書こう。それは、あなたはだれか?と聞くシーンだが、トムがジョンに聞いたとき、コーチとか、先生と答えている。アイデンティティーの核心は一般的に、役職になりやすい。しかし、クリスチャンというアイデンティティーがバイブルベルトのジョーシア州、それに、クリスチャンスクールで働いているのに出てこないのは不思議だった。はっきり言って、神と一緒に歩んでいない証拠だ。現実社会のみをみていると言うことだ。

トムに言わせても、神と一緒に歩んでいないといってるし、『祈りに入れておくよ』と言うことは口癖のようになっていて、クリスチャンでも人のために祈らないという矛盾が生まれてくる。

あとは余談だが、ハンナの父親トーマス役、キャメロン アーネットは
"I am a Christian first. I'm not an actor. I'm not a pastor. I am a son of God and I am a servant of God. That is my claim to fame." とCBN NEWSのインタビューで答えている。だから、仕事も選んで受けるようだ。いくら役だからと言って、飲んだくれで身上をつぶすという役は取らないと言うことだと思う。

ルイス ザンパリーニ (Louis Zamperini)の話を付け加える。
彼は太平洋戦争退役軍人、それに、1936年のオリンピックの選手。彼は戦後、ヒーローとして軍に招かれスピーチをしている時、突然、トラウマになり、その後、アル中になり家庭を失いそうになる。
一般市民として生活ができず、戦争でわたなべむつひろ(The Birdといわれていた) という日本軍人に蛆虫入りのご飯を食べさせられたり、拷問にあったのが、トラウマになり悪夢に出てきて脅かされ眠れない日々を過ごすようになり精神錯乱に陥る。
軍医のアドバイスは強い薬で精神を立ち直させる方法だった。ルイスはこれを受けず、ますますアルコールにたより依存症になりゾンビーのようになってしまう。
伴侶のシンシアはクリスチャンでルイスに教会へ行くことをすすめる。ルイスはシンシアとともに1949年にビリーグラハムのロサンジェルス クルセーダーの集会に行って礼拝の席に着くが、何度かメッセージを聞いているうちに、また、わたなべむつひろ(渡邊睦裕)が幻想で現れ悪夢になって襲ってくる。ルイスは思わず席を立つと、ビリーグラハムが祈りの時に抜けるなと。入り口付近にはまた、ルイスに対するわたなべまさひろの虐待の悪夢が始まるが、これに打ち勝って、ルイスは礼拝所に戻り跪く。

最後は、ルイスは日本軍人わたなべむつひろをゆるすことによりこころが救われる。いじめを受けたものが虐めたものを許す。これほど力強い許しはない。そして、東京の巣鴨の拘置所(?)を訪れる。Unbroken: Path to Redemption(原題)(2018年製作の映画)
Unbroken: Path to Redemption 赦すことは救われる。しかし、虐めたものは虐められたものに直面できず。。。。。。。(結末は興味があったら、調べてみてください。)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ku-chan

4.0赦し

2020年7月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

思ったのと違う映画でかなり宗教色濃くキリスト教啓蒙映画かなと思いました。ちょっと校長先生の話はくどくもありました。主人公?の父親の過去をもう少し説明あって欲しかった。あの状態でも祖母が会わせたくないと思うほどの人だったのか。キリスト教に全く興味のない人には退屈だったりイラッとするかも。今まで知らなかった学校の生徒たちが応援してくれたのは感動。私もこんな風に許せる人だったらと思う作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
のりちゃん

3.0キリスト教!

khapphomさん
2020年7月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

よく調べずにみたら途中から一気に宗教ドンで驚いた。本職の神父様ならともかく、学校の先生とかもあのレベルで教えちゃうんだね。アメリカと日本は違うなと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
khapphom
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る