劇場公開日 2020年1月17日

  • 予告編を見る

ジョジョ・ラビットのレビュー・感想・評価

4.0465
40%
49%
8%
2%
1%
採点

全465件中、1~20件目を表示

4.5現代に生きるわれわれに向けたワイティティの本気。

2020年3月23日
PCから投稿

この映画が大好きですと最初に断った上で言うと、かなりスレスレな作品だとは思う。タイカ・ワイティティがホロコーストの歴史を茶化すつもりでコメディ調に仕立てたわけではないことは、この映画を観た人にはよくわかると思うが、冒頭からビートルズ、トム・ウェイツ、デヴィッド・ボウイなど、第二次大戦下では存在すらしなかったポップソングを流しまくり、色調もポップなら、極端に戯画化されたキャラクターも多い。まさかそのまま「コレが歴史だ」と勘違いする人はいないだろうが、題材が題材だけに、人類史上未曾有の悲劇をここまでポップにしていいのか、という疑念は湧く。ほんの一瞬だけだけど。

一度浮かんだ疑念が消し飛んだのは、本作が決して「歴史を再現しよう」という意図では作られていないから。もちろんナチスがホロコーストが背景にあるが、当時の世相が抱えていた社会の問題は、容易に現代に生きるわれわれ自身と重ねることができる。全体主義がもたらす同調圧力、国家的高揚や熱狂の落とし穴、信念の大切さと個人レベルの無力さ……。この映画が歴史に忠実なホロコースト映画だったら、過去の重みに圧倒されたかも知れないが、ここまで自分たちと結びつける親和性を獲得できただろうか。つまりワイティティは、あくまでも現代に生きるわれわれのためのこの映画を撮ったのだと思う。甘い口当たりと同じくらい、切実な本気が宿っている。

コメントする (0件)
共感した! 29件)
村山章

4.0メルヘンチックな姿を借りた、奥深くて油断ならない物語

2020年2月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 17件)
牛津厚信

4.0エルサはアンネ・フランクの化身!?

2020年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

第二次大戦下のドイツで、幻のヒトラーと対話しながら暮らす小心者の少年、ジョジョの物語は、描き尽くされてきたホロコーストにユーモアを持ち込んで異色の世界の構築している。アートワークはウェス・アンダーソンのそれを彷彿とさせるジオラマ的でシンメトリーな作りで、ファッションも小粋。音楽のエッジィさは言うまでもない。ユーモアや凝ったプロダクション・デザインの隙間からこぼれ落ちてくる戦争の悲惨が返って観客の心を打ちのめすことも確かだが、監督のタイカ・ワイティティは、ジョジョの家に隠れ住むユダヤ人少女、エルサに希望を託すことで、見る側の心も気持ちよく解放してくれる。エルサはナチスによってその命を奪われたアンネ・フランクの化身であり、アンネに代わってその後の人生を開拓していったであろう希望の証なのだ。

コメントする 2件)
共感した! 31件)
清藤秀人

5.0対立や分断は乗り越えられる、と信じさせてくれるチャーミングな逸品

2020年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

幸せ

冒頭、ヒトラーに熱狂する群衆の記録映像に、ビートルズの「抱きしめたい」のドイツ語版をかぶせる風刺のセンス!現在の視点から当時のドイツ人を批判するのは容易だが、彼らにとってヒトラーはまさにロックスターのような崇拝の対象、偶像=アイドルだったのだ。

本来シリアスなナチスやユダヤ人迫害を題材にした映画でも、近年は作り手・観客ともに相対的、客観的に扱える世代が増えたせいか、ユーモアを活かしたコミカルな作品が増えてきた。そうした作品群の中でも、本作のユニークさ、チャーミングさは格別。ドイツ人少年ジョジョとユダヤの娘エルサを演じた2人の魅力に負うところが大きいし、とりわけジョジョの変化や成長を精妙に描写したタイカ・ワイティティ監督の手腕にも感嘆した。

デヴィッド・ボウイがベルリンの壁のそばで会う恋人たちに着想を得たという「ヒーローズ」のドイツ語版が流れるラストも最高。洋楽好きにもおすすめしたい。

コメントする (0件)
共感した! 61件)
高森 郁哉

4.5かなり良かった

2022年12月28日
PCから投稿

全て良かったです

コメントする (0件)
共感した! 0件)
aaaaaaaa

5.0愛は最強

2022年11月14日
iPhoneアプリから投稿

全てを経験せよ 美も恐怖も 生き続けよ 絶望が最後ではない

主人公のジョジョは軍人を目指すもその道を断たれる
教育と環境が作り出した自分の中のナチが空想の中のヒトラーとして描かれていく
そんな中ひとりのユダヤ人と出会い、ジョジョは自ら経験をしていく

キャラクターに愛着がわき
その後の描写で戦争に対する悲しさが自ずと引き出される

多くの人が愛を持っているが、環境が過ちを産む
戦争により人種などのくくりに囚われていただけで、中身は同じ人間
ジョジョの思うユダヤ人はジョジョの頭の中にしかいなかった

戦争映画でここまで引き込まれたのは初めて
自由になったらまず何をするか?
ただ音楽を楽しみ、踊る
それができる幸せ

コメントする (0件)
共感した! 0件)
23

4.0靴ひも

2022年10月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

コロナになり、解熱してやっと配信を観たのがこちら。劇場で観た時は、さして感動しなかったが、妻から是非もう一度観るように言われ鑑賞。確かにナチスの悲惨な事実を、このような(ちょっとした)コメディタッチで描いたこの映画は凄い。そして、靴ひものインパクトに感動。
ちなみに4回目ワクチン終わったあとでも、コロナは相当つらかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
hanataro2

3.5少年の成長

2022年10月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

第二次世界大戦の終盤のドイツの町で暮らす少年の戦時下で少年の成長が描かれています。
題材てきに重い話ですが、空想のヒトラーの過激な思考にも対応し成長する様は伝わりやすく、よかったです。
大尉との兼ね合いがすきです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
たけお

5.0サム・ロックウェルが

2022年10月1日
Androidアプリから投稿

「スリー・ビルボード」に続いて重要な役で出ています。
私にとってはとても好きな作品になりましたが、賛否両論あるそうですね。
見終えて、みんなが思うことは「ヨーキー○○○○○○○○ね」だと思います。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
M

5.0第2次世界大戦下の子供の視点からのナチスドイツ。 ナチスに心酔して...

2022年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

悲しい

第2次世界大戦下の子供の視点からのナチスドイツ。
ナチスに心酔していた子供が戦争を見て、体験し、ユダヤ人の女性に恋をして、愛を知り成長していく。
強気でいながらも臆病で優しいジョジョが可愛らしい。一緒子供の純粋な目から見た戦争はとてもメッセージ性が強く思える。そして、戦争という重いテーマであるのにかかわらず、コミカルにユーモアに溢れた視点で描かれていて新鮮に思えた。ヨーキーも可愛くておもしろい。芯のある母親、スカーレット・ヨハンソンも良かった。
場面ひとつひとつが暗いイメージでなく、絵画を見ているような芸術的に観えるのがまた素敵でした。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
よっしー

4.5少年の目を通して見るナチスの栄枯盛衰

2022年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

『ライフ・イズ・ビューティフル』と『アンネの日記』をミックスしたようなお話なのに、テイストは『イングロリアス・バスターズ』に近い。全体を通して、タイカ・ワイティティの味付けが行き届き、極限状況や絶望をすごく薄めてある。そして、乾いた笑いや大人との関係性が、時に美しく、時に哀しく胸に響く。それは必ずしもリアリティだけが観衆の心に訴える手段ではない、という監督のこだわりに思える。

たとえばジョジョだけに語り掛けてくるヒトラーは実体として存在していながら実は少年の心の声を強調するためのスピーカーに過ぎない。ナチズムという運動体が少年の心にどのように届いているのかを表現するためのひとつの手段なのだ。監督自らがヒトラーに扮し、当時の子供たちがいかに戦争によって歪んだ価値観を植え付けられていたかを一瞬で説明できるうまいやり方だ。まるでピノキオにくっついてくるジミニー・クリケットだ。少年にとってはヒトラーは悩みをなんでも打ち明けられる親友で、最も遠い存在のはずが、すごく身近にいる。

そしてユダヤ人に抱いている誤解や偏見も、あくまでコメディのテイストで語り掛ける。ユダヤ人の少女に「どうして角が生えていないんだ?」と、大真面目で質問する少年を怒ったり呆れたりすることなく「まだ子供だから。20歳になったら生えてくる」なんて軽口で片付けてしまう。非常にデリケートな問題を、鮮やかな切り口で見せ、一つのファンタジーとして成立させてしまう手腕は見事だ。

その細部にわたるまで実に様々な味付けが行き渡っているのがわかる。少年のセリフはドイツなまりっぽく聞こえる英語を使うが、サム・ロックウェル演じる出世コースを外れてやさぐれている軍人はこてこてのヤンキー英語を喋っているように聞こえる。大けがを負ったジョジョの傷跡も、あえて痛々しさを出さないようひっかき傷程度にしか映してない。母親とのファンタジックなつながりや、家族構成も必要最小限にしか描いていない。それなのに、靴ひもを結んであげるシーンでは思わず涙が溢れてしまうほど残酷で哀しく美しい。

アカデミー賞にノミネートされたスカーレット・ヨハンソンの、これほど豊かな表情の母親ぶりもとても新鮮だった。それを引き出したのも、監督の功績の一つと言えるだろう。結末のあっけなさだけはもう少し何とかしてほしかったが、とてもよく出来た少年の成長物語を見ることができた。満足だ。

2020.1.27

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うそつきカモメ

4.5少年と愛と崇拝の物語🇩🇪

2022年5月21日
iPhoneアプリから投稿

凄く面白かったー!!観てて楽しい作品です!!
少年の葛藤と時代背景からは想定できないユーモアが含まれており、心に響くシーンが印象的でした。

幅広い層におススメの作品だと思います😁

コメントする (0件)
共感した! 2件)
エレベーターガール

4.0劇場版優しい世界

2022年4月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

盲目的にアドルフヒトラーを崇拝する10歳の少年ジョジョが自宅に隠れ住んでいたユダヤ人の少女エルサと出会い、少しずつ変化していく様子を描いた愛と勇気に満ちた感動作。

第92回アカデミー賞において脚色賞を受賞した今作は人類史上最悪の出来事を信じられないほどポップでカラフルに描きつつコミカルでシニカルな演出で表現された予想外な感動作だった。

中でもひときわ存在感を放っていたのがジョジョの母ロージーを演じたスカーレットヨハンソンだった。
かつての優しかったジョジョに戻ってほしいと切に願う母役として愛に溢れた演技を見せる一方、反ナチス運動を根気よく続けていく芯の強い女性像も見事に表現し、近作にあたる『マリッジストーリー 』と同様に彼女の一つのキャリアハイを堪能できる素晴らしい存在だった。

またジョジョの上官役のキャプテンKを演じたサムロックウェルも素晴らしい演技を披露していた。
戦前から退いた高慢な指導官の印象を最初は持っていたが、話が展開するにつれロージーに頭が上がらなかったり、実は優しい一面もあったりと人間味溢れる存在でジョジョの成長を不器用に見届ける人物を好演。
オスカーを受賞した『スリービルボード』のディクソン同様に彼の代表作と言える存在感だった。

また監督兼俳優としてアドルヒトラーを演じたタイカワイティティも独特の存在感だった。
常にコミカルにジョジョの良き友として居続けた一方、ジョジョの思想が次第に自らの思想と離れていくにつれ、顕著になっていく怒りの姿勢と命令口調の怒号で隠していた本物のヒトラーの素顔を垣間見せる演技が見事だった。
MCUデビュー以降引っ張りだこの彼が賞レースでも戦える作品を送り出してきたことも印象的だった。

長々と書いてしまったがトーマシンマッケンジーが最高に美人だからとにかく見てほしい笑。
あとヨーキーに友達になってもらいたい笑。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
オレ

4.0シリアステーマのコメディ

2022年4月3日
PCから投稿

演出はコメディの手法ですが、テーマは反ナチでシリアス。
相反する二つの要素がうまく融合しました。映像センスも最高水準です。
しかしヒトラーが監督とは知らなくてびっくり。
導入部のカッコよさとラストの詩情がとてもよいです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
越後屋

4.5重い題材を扱っているのに明るい力をもらえる映画

2022年4月2日
iPhoneアプリから投稿

熱狂的なナチ信者のジョジョは、母親が家に匿っているユダヤ人と関わっていく中で、それまでの自分の考え方やナチスに対して疑問を持つようになっていきます。
この作品では、ナチス支配下でのドイツ国民の心情や行動が伝わりやすくなっていました。重い題材扱っているにも関わらず、映画の印象が明るいのは、ジョジョの空想の友達のヒトラーや、所々の微笑ましいシーンなどの、親しみやすい演出が多かったからなのではないかと思います。
周りに流されず、自分の正しいと思ったことを信じる強さがジョジョにはあり、その姿に力をもらえます。個性豊かな登場人物たちが作品を彩り、様々なメッセージ性がありました。「何を信じるべきか」、現代の世界情勢にも繋がりのある内容で、まさに今見るべき映画だと感じました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Sugi

3.0ショッキングなシーンが忘れられないかも

2022年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

戦争や虐殺って本当にむごい。

「ライフ・イズ・ビューティフル」を思い出す
戦争批判の映画ですね
どちらもパパが、ママが、現実の苦しみを子供に見せず夢を失わないように諭し
演技をして明るく振る舞います…

匿われていたユダヤの女子がとても賢いし
ジョジョも本当にしっかりしていて
なんとか生きていくことでしょう

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mamagamasako

5.0今だからこそ観てもらいたい

2022年3月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
梅★

4.0戦争の虚しさが1番伝わった映画かもしれない

2022年3月4日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
21世紀

5.0教育現場で使える名作

2022年2月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

楽しい

知的

第二次世界大戦末期、幻想のヒトラーと会話するほどナチスに心酔する少年が主人公のお話。テーマは重いのに、コミカルに描かれていて面白い。冒頭の手榴弾の件は、えぇ〜って笑えた。でもコミカル一辺倒ではなく、大切な人が処刑される等、戦争の悲惨さも伝えていて良作でした

コメントする (0件)
共感した! 0件)
movie freaks

4.5ユニークなシリアス映画

2022年2月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
ゆい