銀魂 THE FINAL

劇場公開日:

銀魂 THE FINAL

解説

空知英秋の人気コミックを原作とするアニメ「銀魂」の劇場版第3作。2019年6月に最終回を迎えた原作コミックのラストをベースに、最後にして最大の敵・虚(うつろ)との死闘を描く。地球滅亡までのカウントダウンが迫る中、かつての盟友である銀時、高杉、桂は、それぞれの思いを胸に奔走する。そんな銀時たちの前に立ちはだかったのは、幼少時代の彼らを教え導いた師匠・吉田松陽の別人格である虚(うつろ)だった。銀時たちを援護するべく、新八と神楽、さらには真選組やかぶき町の面々、かつてのライバルたちも立ち上がる。「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」の藤田陽一監督の監修のもと、テレビシリーズ第3期から監督を務める宮脇千鶴が監督・脚本を担当。

2021年製作/104分/PG12/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

映画レビュー

2.5一見さんはお断り・・・でした。

2022年7月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

師匠である吉田松陽の暴走を止めるために死闘を繰り広げる、万事屋の面々を描く物語。

銀魂はCS再放送をザッピングして観ている程度。面白いアニメだとは思っていますがそれ程興味はなく、この映画はWOWOW放送を期に鑑賞。
一見さんでも楽しめた前作と違い、この映画は配信された前日譚(或は原作)を観ないと楽しめない映画のようでした。
当然、一見さんの私としては楽しめず、高い評価を付けにくい作品となってしまいました。

映画としては、師匠である吉田だけではなく、ライバルである高杉との因縁にも終止符が打たれる展開。万事屋の絆を再確認する流れもあり、詰め込み過ぎと感じられてしまいました。
前日譚があるのであれば、高杉との因縁はそちらで終わらせておいてくれれば、映画としてはまとまりが良くなったように感じます。

私的評価は2.5。
前日譚を知らないこともあり、標準評価に留めようかとも思ったのですが、相変わらずのOP/EDの煩わしさと、上記の詰め込み過ぎを考慮してマイナスしてみました。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
よし

3.0良かった

2022年6月4日
PCから投稿

原作通りの話で作画も良かったかと。does,spiairの曲もかなり良かったです。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
aaaaaaaa

4.0内容は原作をしっかり見ている人向け

2022年2月17日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
食事制限中

4.0面白ければそれでいい、それが銀魂

2022年1月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

スタートから銀魂、というかドラゴンボール全開でさすがやなって感じ。
本編のストーリー絡めながらほぼ全キャラ登場させたんだから話がごちゃごちゃしても仕方ない。
それよりも、かっこいい戦闘シーンとDOSE,SPYAIRの楽曲+おちゃらけギャグシーンをしっかり混ぜ込んだことに感激。

銀魂が終わったのは寂しいけど、シリアスで馬鹿なアニメではトップレベルに好き。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
まっしー
すべての映画レビューを見る(全163件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「銀魂」シリーズ関連作品