サラブレッド

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
サラブレッド
11%
44%
37%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「レディ・プレイヤー1」のオリビア・クックと「スプリット」「ウィッチ」のアニヤ・テイラー=ジョイという注目の若手女優が共演したスタイリッシュサスペンス。しばらく疎遠だったが再会した幼なじみの少女アマンダとリリー。個性的であるがゆえに周囲からのけ者にされているアマンダと、名門校に通い一流企業でのインターンも経験するなど上流階級の暮らしを送るリリーは、全くの正反対に思えた。しかし、リリーが抑圧的な継父を憎んでいることがわかったことから、2人は心を通わせ、友情を深めていく。そして、次第に自身の中の凶暴性をあらわにしていく2人は、ドラッグの売人ティムを雇い、リリーの継父の殺害を企てるが……。監督・脚本は、舞台演出家・劇作家でこれが映画監督デビューになるコリー・フィンリー。2016年に交通事故で他界したアントン・イェルチンがドラッグの売人ティム役で出演。イェルチンにとってはこれが遺作となった。

2017年製作/92分/PG12/アメリカ
原題:Thoroughbreds
配給:パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 幽幻道士(キョンシーズ)
  • シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
  • ライフ・アフター・ベス
  • アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ
  • クレイジー・ナイン
  • アメリカン・バーガー
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
  • スウィング・オブ・ザ・デッド
  • ナチス・オブ・ザ・デッド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2017 Thoroughbred 2017, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5実力派が織り成す先の読めない心理劇。振り回され役、イェルチンの妙演も光る

2019年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

実力派の若手女優を親密に対峙させ、冒頭から屋敷内をカメラがさまよい、背後では和太鼓を思わせる劇伴が鳴り響く。はて一体、どんな物語が展開していこうというのか。一寸先も読めない。

クック演じる役柄に関して言えば、そもそも感情というものを持たない。それゆえ何をしでかすのか分からない恐怖がある。対するテイラー=ジョイは、感情的な性格ではあるけれど、その表情は時折、氷のように冷たく光り、予測不能性はクックを超えるほど。このように我々は、彼女たちが何を考えているのか、今どんな気持ちなのか、ほとんどわからないままこの心理劇に深く深く潜り込んでいくわけだが、そこから少しずつひだをめくるように現在地をあらわにしていく筆致が、なかなか魅力的だ。

そしてアントン・イェルチンが、出演時間は長くないにしろ、確実な印象を残す。彼の存在感によって本作はより人間的になり、観客の感情の入り込む余地をもたらしてくれた。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
牛津厚信

1.0論理性に欠ける

にあさん
2021年7月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にあ

2.5空っぽのような、煮えたぎるような。

marさん
2021年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

「私には感情が無い」と嘯くアマンダと、キレイに整った外面の底に闇が渦巻くリリー。
主人公2人の対比から、物語は思いがけない方向へ…。

大きく捉えればイニシエーションものなんだろうし、
揺れ動く心情とか人間関係を描いたスリラー作品でもあるのかな。

リリー役のアニヤ・テイラー=ジョイが本当に美しくって、
時に人間的というか、しっかり血の流れる生き物に感じられたり
かと思えば人工的な、陶磁器とかある種の工芸品のように感じられたり。

アントン・イェルチンの遺作ということで見始めたけど、
今後もチェックしていきたい女優を見つけられたことが一番の収穫だったかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mar

4.0アニャ・テイラー=ジョイ♪

2021年2月19日
スマートフォンから投稿

怖い

興奮

難しい

アニャ・テイラー=ジョイ目当てで観ました、十分堪能できます(笑) 気に入っている女優さんがいると観てるだけで癒されますね、出番が多いとなおさらです(^-^) まだ観てなかった作品があると嬉しいですよね、「まだまだ彼女を観ていられる」という気分になれるので(笑) 劇中の『アヴェ・マリア』が流れるとこよかったなあ~♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
映画は生き甲斐
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る