私のちいさなお葬式

劇場公開日

  • 予告編を見る
私のちいさなお葬式
私のちいさなお葬式
8%
49%
39%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

突然の余命宣告を受けた73歳の女性が自身のお葬式計画に奮闘する姿を描いたロシア映画。村にただひとつの学校で教職をまっとうし、定年後は気のおけない友人たちと大好きな本に囲まれ、慎ましくも充実した年金暮らしを送っている73歳のエレーナ。そんな彼女が病院で突然の余命宣告を受けてしまう。都会で仕事に忙しい毎日を過ごし、暮らし5年に一度しか顔を見せないひとり息子のオレクには迷惑はかけたくないと、自分で自分の葬式の準備をスタートさせる。惨めな死に方だけはしたくない彼女の願いは、お葬式に必要な棺や料理の手配を済ませ、夫が眠るお墓の隣に埋葬されること。親友やかつての教え子たちの協力もあり、彼女はお葬式の準備を順調に整えていく。しかし、完璧かに思えたエレーナのお葬式計画に想定外の事態が持ち上がってしまい……。

2017年製作/100分/G/ロシア
原題:Karp otmorozhennyy
配給:エスパース・サロウ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

映画レビュー

3.5主人公のささやかな決意と行動が、人生の真理を柔らかく伝えてくれる

2019年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

人生の最後を意識することで、人の生き方は大きく変わるという。私は未だそういった境地に立てずにいるが、本作の主人公のささやかな決意と行動力は、その人生の真理を優しく、柔らかく伝えてくれているかのようだ。

医師から余命いくばくもないことを告げられた彼女にとって、ロスタイムがどれだけ残されているのか皆目わからない。だがその中で彼女はやれるだけのことをやろうと一つ一つ物事を処理していく。このあたりの几帳面さにはかつての教師歴とも関係しているのだろうか。今やすっかり中年になった教え子たちに「先生、先生」と慕われる主人公は、彼らや友人や隣人らを巻き込みながら、自らの手で準備を着々と進める。こうして過ぎ行く日々は、死へのカウントダウンではなく、むしろ生をぎゅっと凝縮させた時間と言えるし、冒頭から登場する「鯉」はまさに生の象徴として印象を刻む。深遠さを感じさせるこの映画の美しいラストが私はとても好きだ。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

3.5人生の仕舞い方

アツコさん
2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

余命幾ばくも無いことを知り
多忙な息子に迷惑はかけられないと
何から何までの終活を自分で済ませようと
奮闘するおばあちゃんのお話。

全ての準備が整っても
思うように亡くなることはできず
友達に殺人を依頼した夜の
おばちゃん2人の掛け合いは最高。

私もあそこまでの終活をしてみたいと
憧れる気持ちもあり、
自分の終活を思い描く機会をもらえる映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アツコ

2.0お飯事

隣組さん
2020年6月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

突然の余命宣告を受けた73歳の女性のお葬式計画。面白そうな題材であったが蓋を開けてみれば単なるお飯事にしか思えず、淡々と進む展開でメリハリも無く物足りなさをかんじた。もう少し意表を突くような展開と見せ場が欲しかった。
2020-98

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
隣組

5.0「解凍された鯉」という原題が意味するもの

regencyさん
2020年4月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

単純

幸せ

死んでまで迷惑をかけたくないと自ら終活に勤しむ母親と、命あるまで有意義な生活を送ってほしいと願う子。
互いを思いやりすぎてボタンをかけ違えてしまう親子の確執からの調和がテーマだが、高齢化社会や老人介護事情への関心は、日本だけじゃなく海外も同様なのだということを実感。
原題の『Karp otmorozhennyy』とは、「解凍された鯉」の意味だが、この鯉は息子のメタファーでもある。
ロシアでは国民的ソングとして知られているという「恋のバカンス」(本作になぞらえるなら「鯉のバカンス」か)が、軽妙な曲調なのに哀愁を誘う。
ちょっと変わってるが愛すべき隣人たちも、イイ味出してる。

正直、観る前は期待値が低かったが、同年代の母親を持つ身として、観終わってから心にジワジワ来た。
ラストの解釈は観た人に委ねられるが、個人的には建設的に捉えたい。そう思わないと、あまりにも切なすぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
regency
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る