夕陽のあと

劇場公開日

夕陽のあと
42%
41%
15%
0%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

豊かな自然に囲まれた鹿児島県長島町を舞台に、産みの親と育ての親である2人の女性を中心に織りなされる物語を描いた人間ドラマ。1年前に島にやって来た茜は、食堂で働きながら地域の子どもたちの成長を見守り続けていた。一方、島の名産物・ブリの養殖業を夫とともに営む五月は、赤ん坊の頃から育ててきた7歳の里子・豊和との特別養子縁組申請を控え、本当の母親になる喜びに胸を膨らませていた。そんな中、児童相談所の職員により、豊和はかつて東京のネットカフェで起きた乳児置き去り事件の被害者だったことが明かされる。そして、その事件の被告人である産みの母親は、島の食堂で働く茜だった。茜は7年の歳月を経て、再び息子を取り戻すべく島にやって来たのだ。突然の実母の登場に動揺する五月だったが……。茜を「くちづけ」の貫地谷しほり、五月を「アレノ」の山田真歩がそれぞれ演じる。監督は「海辺の生と死」「二十六夜待ち」の越川道夫。

2019年製作/133分/G/日本
配給:コピアポア・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2019 長島大陸映画実行委員会

映画レビュー

4.5上演館少なすぎ2ヶ月待ちました。

2020年2月9日
Androidアプリから投稿

新聞の映画評を見て、関西で上演なかったけど、京都のミニシアターで観賞。山田真歩さん、貫地谷しおりさん、メインの男の子公演。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
びわ湖のこーちゃん

4.0夕陽のあと

一朗さん
2020年2月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

陽のあと、一番好きなシーンは五月が東京へ行った日に茜が豊和の太鼓の練習をこっそり覗いてるときお茶を持って来てくれたもう一人の授からなかった女性が五月とは別の方法で島の子供たちの母親になってて幸せそうで、救われた気がしました。短いけどこの映画に必要な重要なシーンです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
一朗

5.0全国の図書館に置いたらどうでしょうか その前に、劇場の支配人さん、ちょっと考えて❗ 真面目なレビューです

2019年12月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

難しい

単純に産みの母親の葛藤と里親の意地の話しではないところまで昇華されている美しい映画でした。

特別養子縁組制度について考えるきっかけになりました。ただ、映画の冒頭にテロップで説明が少しありましたが、この制度で縁組が成立した例は非常に少ない。子供は産みの親の戸籍から完全に抹消され、永遠に育ての親だけの子供になるらしい。この映画の作り手はこの制度に対するあからさまな反対は表明はしていない。しかし、映画の冒頭で単なる里親からの養子縁組との違いをテロップで示しているので、何らかのメッセージを感じる。制度自体が広く理解されている訳ではなく、まずは産んだ子供を手放した親の事情や心理、里親になることを志願した家族の事情や本当の親になろうとする努力、揺らぐ心の様を理解しなければ、この制度を云々することには遠く及ばないと思って、この映画を作ったのだと思います。
セリフ一つ一つに無駄がなく、必要ギリギリに削がれ、貫地谷しほり、山田真歩の演技に委ねられていたと思います。複雑な状況なので、言葉で説明し過ぎがちになるところを、お二方の演技力と細かな場面設定で映画にしました❗

個人情報保護法もあり、この制度自体が産んだ母親が自分の子供がどこで暮らしているかも知ることさえ出来ない。
だから、この映画のようなことは、突っ込むつもりもありませんが、あり得ない。いくら後悔しても、謝りたくても出来ない。育ての親ともニアミスしても、わかりようもない。それでは、物語にはならないわけです。物語にならなければ、両者の心を直に戦わせることも、理解し、許し、感謝することもない。ファンタジーと言ってしまえば、それっきりです。だからこそこの映画は素晴らしいと思います。

 子供はまだ何も知りません。子役の豊和くん、とよかずじゃありません。とわ です。いい名前。可愛くて、個性的な子で、大きくなって、俳優をやるんなら、うんと応援したくなりました(柳楽優弥みたいになりませんように)。地元の皆さん。とわくんがぐれたりしないようにサポートお願いします。

美しい自然、海の幸に恵まれた小さな漁村の美しい夕陽。一隻の漁船が湾に出て行きます。二人の母親を乗せて。
幸せになって欲しいと願わずにはいられません。

詳しいことは他の人のレビューを読んで下さい。みんないいレビューです。

11月13日 シネマカリテにて

追記
役所の男性職員役が宇野祥平さんで、なんか悪さすんじゃないかと、ちょっと冷や冷やしました。真面目な役も🆗✌️でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
カールⅢ世

4.0誰も悪くない

ツネミさん
2019年12月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ツネミ
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る