クロール 凶暴領域

劇場公開日:

クロール 凶暴領域

解説

最大級のハリケーンに見舞われたフロリダを舞台に、凶暴なワニの巣窟と化した家に閉じ込められた父娘の運命を描いたサバイバルスリラー。大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知る。父を捜しに実家へ向かったヘイリーは、地下室で重傷を負って気絶している父を発見。しかしその瞬間、背後から何者かに襲われ、地下室の奥へと引きずり込まれてしまう。浸水のタイムリミットが迫る中、大量発生したワニのテリトリーとなった思い出の我が家から、負傷した父とともに脱出を図るヘイリーだったが……。主人公ヘイリーを「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のカヤ・スコデラーリオ、彼女の父を「プライベート・ライアン」のバリー・ペッパーが演じる。「ドント・ブリーズ」のサム・ライミ製作のもと、「ヒルズ・ハブ・アイズ」のアレクサンドル・アジャ監督がメガホンをとった。

2019年製作/87分/PG12/アメリカ
原題:Crawl
配給:東和ピクチャーズ
劇場公開日:2019年10月11日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

映画レビュー

4.0襲い来るワニの恐怖と涙ぐましい人間ドラマが絶妙なバランスで相乗効果を上げている

2019年10月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

巨大ハリケーンの迫り来る中、動物園の凶暴ワニが逃げ出してとんでもない事態に・・・。まずもって本作は手に汗が染み込んだジャンル映画でありながら、今後のワニ映画の代表選手として語り継がれていくであろう逸品だ。しかし、映画の大部分を浸水、洪水シーンが占めるので、先の災害で被災された地域の方々のことを思うと胸が痛むし、本作がまったく別の時期に公開されていればと悔やんでも悔やみきれない。

だが、そこをあえて「映画のみ」へと焦点を絞るなら、CGを駆使したワニ描写の秀逸さに加えて、水泳選手であるヒロインと父との確執、再会、そこから二人が手を携えてなんとか生き延びようとする骨太な家族ドラマが究極の見応え感を刻む。思えば、自宅の地下室から始まり徐々に上階へと上りゆく様は、深層心理にあった想いが徐々に表層へと吹き出していく流れと似ている。ホラーとドラマを最高水準にて両立させるアジャ監督の采配に脱帽である。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
牛津厚信

1.0テレビで良かったー

2024年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

超個人的な意見です。
いつでも視聴をやめられるテレビ録画で良かったw

60分ほど観て話が全く進まないので視聴中止しました。

ペットの犬が可愛いので星一つ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Aldebaran

3.0B級にしては面白い

2024年1月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ながら見でちょうど良い面白さ

コメントする (0件)
共感した! 0件)
シュウ

4.0リアルワニワニパニック。“しょーもない方”のB級映画かと思いきや、結構楽しめました。

2023年10月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

怖い

興奮

またかー。なんでなんやろ…米国映画の夫婦離婚率ほぼ100%問題。平和で睦まじい家庭ってあかんのん?
アメリカ人って、幸せな家庭に恨みやコンプレックスでもあるのん?

んでね、この映画って、お父さんが愛娘を助けるために奮闘する物語…じゃなかったのね。むしろ逆。
そこがちょっと新鮮に思えたかな。
父親から「お前は何だ!?」と問われて「最強捕食者…(自信なさげ)」って答えるように教育されてきたって、将来は推して知るべしなんですよね。
そもそもが、このお父さんがいけないの。
巨大ハリケーンが襲来してるってのに、のこのこと昔に住んでいた家に行っちゃうなんて。
あまつさえ、余計な地下室かくれんぼなんてするものだから、さあ大変!
そんなことさえしなきゃ、怖い目に遭わずに済んだのに。そんなことしたら、この映画自体が消えて無くなっちゃうんですが。
お父さん、娘を助けるどころか、初出で既にお荷物状態。

えーっとね、動物が人を襲う系の映画を観ていて、いつも???ってなること多いんですよね。
あいつら、そんな人間を敵視してるんか?って。何が何でも美味しくいただいたるねん!と、思ってるんかって。
この映画もそう。観終えてからワニについて、ちょこっと調べてみたの。
したらね、どーやらワニさんて、人間にそれほど興味も執着もなさそうなの。
威嚇や危害を加えないかぎり、スルーしてくださるらしいの。
襲われた時の対処法なんてのも書かれていましたけれど。←やっぱり怖いやん!
でも、それほど過剰にビビるような相手じゃなさそうなの。←どっちやねん。
用心に越したことはなさそうだけれどね。
よか、この映画でもっと怖かったのって“汚水”だよ!
あんな、異臭放つきっちゃない水の中に浸かりっぱなしって、マジ勘弁だよ!最悪だよ!
しかも、あちらこちらに傷を作っていたじゃないですか。感染症の方がこわいよ!ガク((( ;゚Д゚)))ブル
ワニさんとの事故で不幸にも命落とされた方々の死因のほとんどは“溺死”だそうです。
感染症と言えばですね、調べてみたところで、興味深いことが書かれていました。
ワニさんは、感染症にはならないんだって。なので、もし噛みつかれても、感染症には罹患しないんだって。
血液細胞のタンパク質やらアミノ酸が病原菌を死滅させるやら、どーちゃらこーちゃららしいです。
ついでに語るとね、原題は、そのまんま『Crawl』なんですね。
あの“泳ぎ方”のクロール?ってちょっと気になって調べにいきました。したらね
(地面を)這う、進む・のろのろ進む、ゆっくり過ぎる・鳥肌が立つ、総毛立つetc…
なんてのがあったんですね。これ、どれもがタイトルの訳に相応しいと思って。いわゆるダブルミーニング的な?

私、結構細かなことが気になって、映画をきっかけにあれやこれやを調べる癖があるので、こーゆー無駄な知識仕入れることって多いです。
この監督さんの代表作や作風がどうとかこうとか、あの俳優さんのご出演作がどうとか、映画評論に関わることよりも。
そーゆー無駄な豆知識的な?
映画が好きなくせに、どーりで映画に疎い訳だよ!

軌道修正。
そこはかとないB級臭を漂わせながらも、先日劇場で観たばかりの『MEG ザ・モンスター2』よりも動物パニック系作品の王道を歩んでる作品だったかな。
肝心の“主役”のモンスターの恐怖が丁寧に描かれていたの。ちゃんと怖いの。
でも、あんだけ噛まれまくっているのに、無事でいられるって、ちょっとご都合主義っぽかったけれど。
腕の一本くらい、噛み千切られていてもおかしくないのにね。
なので、そんなモンスターをやっつけるシーンはカタルシス満載だったの。「最弱をナメルるな!最強!」みたいな台詞もあったじゃないですか。ちょっと“ブルっと”来たの。
噛んできたワニの口の中で銃をぶっ放すシーンなんて、かなりスッキリしたです。
終ってみれば、観たことを後悔しなかった1時間半でした。

コメントする (0件)
共感した! 10件)
野球十兵衛、