レディ・マエストロ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
レディ・マエストロ
23%
56%
18%
0%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの半生を描く伝記ドラマ。女性が指揮者になるという夢を見ることさえ許されなかった時代に、自らの手でその夢を掴んだ彼女の波乱万丈な道のりを、マーラー「交響曲第4番」、ストラビンスキー「火の鳥」など数々の名曲とともに描き出す。1926年、ニューヨーク。オランダからの移民アントニアは、「女性は指揮者になれない」と言われながらも、指揮者になるためならどんな困難にも挑むと決めていた。音楽への情熱だけは誰にも負けない彼女は、ナイトクラブでピアノを弾いて稼いだ学費で音楽学校へ通い始めるが、ある事件によって退学を余儀なくされる。引き止める恋人を置いてベルリンへ向かった彼女は、遂に女性に指揮を教えてくれる師と巡り合い、まるで何かに取り憑かれたかのようにレッスンに没頭するが……。

2018年製作/139分/G/オランダ
原題:De dirigent
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)Shooting Star Filmcompany 2018

映画レビュー

4.0初の女性の指揮者

2021年4月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第一次大戦後のアメリカ、主人公は音楽学校に通い、ピアノの勉強をしていたが、教官からセクハラを受け、辞めざるを得なくなる。
そしてオランダ人の両親から実は養女だと、教えられショックを受ける。
恋人を振り切り、オランダに戻った主人公は実母が既に亡くなっていることを知る。
そして長年の夢だったオーケストラの指揮者を目指すことに。
今でも女性の指揮者が少ないとのことだが、何故だろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0複数借りたDVDが連続で外れ、本作に出逢えて良かった(=´∀`)人(´∀`=)

2020年8月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

幸せ

寝られる

西本智美さん、三ツ橋敬子さん、田中祐子さん。

男性ばかりの職場で、特に指揮者で!!!
女性が?名を成す、結果を出すのは、さぞや大変だった事だろう。。。

耳?絶対音感?天賦の才を持って生まれ、その才を伸ばす為の懸命の努力をし、決して腐らす諦めず。。。

『カミーユクローデル』を思ってしまったな。
妙齢の女性が、女性を使わず渡って行く、てのは(特にこの時代は)さぞや大変だった事だろうて。

世は、才能と努力と環境。
才能と努力だけではどうしようもない時も有るわな。

味方も居ない、ロクな奴が周りに居ない。
それでも主人公は諦めず、前を向いて進む。。。

良い題材だし、何より良い映画だ( ・∇・)!

ーーーーー

実話、世界初?の女性指揮者アントニアブリコの生涯を描いた作品。
実話ベースだから、最後は指揮者になれるから見れるけど、中々にハードな生い立ちと生涯。
様々な困難が降り掛かる、おしんか!同期のサクラか!!!

ラストのクライマックス前がダサかった、そこ以外は素敵な映画だ!

フェラーリには乗ってみたい、機会が有ったら乗るだろう。
オーケストラの指揮とかしてみたい、でも機会が有ってもタクトは振らない(振れない)。

がんばる女性は好きだ。
挑む女性も好きだ。
結果を出す女性は、一番好きだ!

オーケストラとかウインドアンサンブルとかブラスバンドとか、ガチで聞きたい度】☆⑤
途中はカミーユクローデルを思うけど、後半はララランドを思う度】☆⑤
良い作品だけど140分は長過ぎる度】☆⑤
エルガーの愛の挨拶は名曲だ!度】☆④

伯爵おすすめの一作(`_´)ゞ

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
えびかに伯爵

4.02本立て1本目。夢へ邁進する娘へのエールとして。 すっごく面白いん...

2020年8月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

2本立て1本目。夢へ邁進する娘へのエールとして。

すっごく面白いんだけど、主人公の行動に疑問が残るという謎の作品。
・音楽の道へと決め、男を突き放したのに、男の婚約を知るや手紙攻撃。諦めようよ。
・育ての親(母)があまりにひどいのだが…もっと怒れよ!玉ねぎぶつけたれ!

もう彼氏はロビンしかないでしょと思ったら、まさかのどんでん返し、そして伏線回収。話は本当に面白い。主人公も魅力的。当時の女性の苦悩が伝わる。アメリカってなんだかんだの差別王国。最後のクレジットに愕然としました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ

4.5映画の特質を満喫できる映画

アツコさん
2020年1月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アツコ
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る