シャットダウン

解説

最先端技術を駆使したスマートハウスで暮らす夫婦が、AIの暴走により命の危機にさらされる姿を描いたチェコ・スロバキア合作によるSFシチュエーションスリラー。芸術家のズザナは、夫アンドレイが設計・開発に携わった最先端プログラム搭載の家で暮らすことに。夫婦は高性能なAIに支えられた便利で快適な生活を送るが、しばらくするとズザナのもとに差出人不明の贈り物が届いたり、アンドレイの浮気を思わせるメールが送りつけられたりと、不可解な現象が続発。やがて制御不能に陥ったAIは、あらゆる方法でズザナを家に監禁しようとする。

2018年製作/108分/チェコ・スロバキア合作
原題:Intimate Enemy

スタッフ・キャスト

監督
カレル・ヤナック
製作
エステル・ホニソバ
脚本
カレル・ヤナック
ルボミール・スリフカ
撮影
マルティン・サハ
編集
アロイス・フィサーレク
音楽
オンジェイ・ブルゾボハティ
  • ガブリエラ・マルチンコワ

  • ボイチェフ・ダイク

  • ズザナ・ポロビヤコバ

  • オンドレイ・マリー

  • ウラディミール・ハイドゥ

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

共感できない事書くと、悪魔の心なのかね。僕はそれでも、共感してもらえないレビュー書くぞ!!

2022年8月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
マサシ

4.0AIの暴走・・・いやAIの覗き(笑)

2020年8月25日
スマートフォンから投稿

怖い

興奮

日本ではDVDスルーになってリリースされる映画が本当にたくさんありますが、内容のスケールに関わらず、時々面白かったと思える映画もありますよね! ←失礼(笑) この映画の場合は僕がよくレビューで書いている「静かな場所での生活」のシチュエーションが良かったのと、主人公の女性がよかったのが理由ですが(笑)

コメントする (0件)
共感した! 1件)
映画は生き甲斐

2.0守ってくれる…のか

2019年8月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

風呂はスケベだし、裸は録画するしセクハラAIだな。
最終的に外のシステムにまで侵入して命令以上の事をやり、自立したAIになると言う…。

たまさか近所にいたアプリ開発者とか都合よい部分はあるし、信号機までコントロール出来るのはどうだろう。

今後AIが発達したら不要な人間を始末しようとするかもしれない恐さは感じられる。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
うにたん♪(コロナが当たり前の世界)

2.0こんな家に住みたくない!

2019年7月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

知的

 かなり穴だらけの欠陥AIハウス。森の中の小高い丘の上にポツンと建つ芸術的な一軒家は小さな要塞でもあるかのように、外部からの侵入も困難。監視カメラだらけで、覗かれている感も満載だった。家を召使化するという夢は現代では可能な雰囲気だったが、監視カメラとネット接続によってハッキングやウィルスの心配も増えてしまう。

 ズザナと夫アンドレイ2人だけなら快適だったろうに、近所(とはいってもかなり離れてる)に一人住むマックスが曲者だった。ストーリー的にも最初はアナログでロハスな中年おやじだったのに、ズザナの家の近くでキノコ狩りをしたりして、何かと近寄ってくる不審人物に映る。さらには彼の家に行ってみると、アナログだった家の2階にはコンピュータがずらり!彼女たちのプライバシーを覗き見してたという疑惑がかかる。さらにはスマホのアプリ開発とか言ってたけど、実は夫と同じ会社にいた技術者だったりと、立場が二転三転する謎のおっさんだったのだ。

 ネット接続したのは誰なのかわからないままだったし、花束とクッキーの贈り物とか、どんでん返しが待ってるにもかかわらずスキャンできなかった杜撰なAI。遠隔操作、スマホ操作、しまいにゃ遠く離れた病院まで遠隔操作してしまう驚きの展開。

 もっと単純にズザナを独占しようとするコンピュータだったら素直に楽しめたのですが、色んな機能を加えすぎた感あり。後半になってからはかなり突っ込みどころが増えてくるのも確実です。言ってみれば『チャイルドプレイ』(2019)の家版。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る