左様なら

劇場公開日

  • 予告編を見る
左様なら
19%
33%
43%
0%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ネット上で人気を集めるイラストレーター、ごめんがTwitterで発表した短編漫画を、新鋭・石橋夕帆監督のメガホンで実写映画化。海辺の町を舞台に、クラスメイトが死んでも、いじめられても、当たり前のように続いていく日常を、繊細なタッチとはかなく美しい映像でリアルに描き出す。平穏な日常を過ごしていた高校生の由紀。ある日、中学からの同級生・綾が、由紀に引越すと告げた翌日に突然亡くなってしまう。彼女の死はクラス内の人間関係に思わぬ波紋を広げ、由紀は周囲から距離を置かれるようになるが……。主演は「恋するふたり」の芋生悠と、「Dressing UP」の祷キララ。気鋭のミュージシャンと若手監督がコラボレーションした作品を送り出している「MOOSIC LAB 2018」の長編部門で上映された。

2018年製作/86分/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0アンビエントミュージックな序盤

2020年4月26日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニックル

5.0さまざまな目線で楽しめる

2019年12月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

難しい

もう一度見たくなる作品です。
学生、教師、周りの大人、さまざまな目線で考えさせられ、楽しめる作品だと感じました。
内容ももちろん最高でしたが、個人的には、台詞のないシーンでの役者の方々の表情がとても印象的でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぽんぽこぽんぽんぽん太

3.5たゆたっていた頃

2019年9月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

東京の下町に住み、小中高と学生時代を過ごした私は、この作品の主人公たちのように近くに海があったわけ訳でも、長閑な風景が広がっていた訳でもないが、ヒロイン同様に何か息苦しさや虚無感を覚えながら過ごしていた。
この作品ではスクールカーストがモチーフとして取り上げられているが、私がいたクラスにも力関係やグルーピングは勿論あった。
この作品の場合、ヒロインの親友の突然死を切っ掛けにそれが露わになるのだが、ただ本作の場合、それが全てではないと思う。
映画を観ていると、そういったことに対しヒロインは超然としているように見える。
コミック、特に青春ラブコメの実写映画化作品のように、熱い友情あり、波瀾万丈な恋愛ありのドラマではなく、子供でもなく、大人でもなく、死をイメージするには余りにも若い、何者でもない存在、そういった宙ぶらりん、人生をたゆたっている頃を繊細に詩情豊かに描いているような気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
玉川上水の亀

3.5青い感じ、ムーラボっぽさが個人的には非常に良かった。キャスティング...

おれさん
2019年9月21日
iPhoneアプリから投稿

青い感じ、ムーラボっぽさが個人的には非常に良かった。キャスティングがまた良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おれ
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「左様なら」以外にこんな作品をCheck-inしています。