劇場公開日 2020年2月28日

  • 予告編を見る

初恋のレビュー・感想・評価

3.7194
27%
50%
17%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全194件中、1~20件目を表示

4.0愛を組み立てるなら「ユニディ」へ

2020年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

興奮

窪田正孝の照る肉体、小西桜子の虚ろ、染谷将太の笑気、ベッキーの純情な狂気、そして濃密な各キャラが放つエネルギーが、全て「悪人総進撃!ユニディ大血戦」へと導かれていく。血沸き肉躍る展開には、思わず拳を突き上げたくなる衝動に駆られ、時折哀愁を感じてしまう。大型ホームセンター・ユニディには“生活必需品がなんでも揃っている”。しかし、登場人物の大半にとって、それらは必要がない。誰もが“生活”を考えていないからだ。目の前にある道具は、本来の用途とは別に、命の削り合いのみに使用されていく。“生活”を渇望する者だけが、ユニディを再訪出来る権利を得られるのだ。

タイトルには似つかわしくないバイオレンス描写が際立つが、2つの光景を目の当たりにして「なんて優しい映画なのだろう」と感じた。まずは、電車内で幻影を見ているモニカ(小西)に対して、レオ(窪田)が「(モニカのようにはなりたくないが)その幻影を見てみたい」と微笑みかける場面。侮蔑の視線を送らず、その立場を忌避しながらも、「私は、あなたの見ているものを、見てみたい」と願う。安易な理解よりも、よっぽど救いの言葉になると感じた。

2つ目は、レオとヤクザ・権藤(内野聖陽)が車中で交わした会話から生まれたもの。本作に登場する“クソ野郎”の多くは、重曹で煮詰めても溶解しないほど、徹底した“クソ”である。彼らが参戦する“悪”VS“悪”という構図が築かれるが、それを“個”に置き換えた時に示されるのは、互いへの理解を示せたかもしれない可能性。どんなところにも“分かり合える者”がいる――のかもしれない。全ては「たられば」の想像だ。だが、対峙するものを単色の「黒」と決めつける前に、その中にあるかもしれない「小さな白」の存在を信じる。その思考は、頭の片隅に置いておきたい。改めてそう感じてしまった。

余談:クライマックス~エンドロールへ至る過程が、本当に美しい情景でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
岡田寛司(映画.com編集部)

4.5Vシネ時代のやんちゃな三池監督が帰ってきた!

2020年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

興奮

「DEAD OR ALIVE 犯罪者」などのVシネマ、「オーディション」「殺し屋1」での過激な暴力描写、初期の三池監督は先鋭的でやんちゃな表現者の印象だったのに、商業映画の大作を任されるようになり丸くなったようで寂しく思ったり、傑作漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の凡庸な映画化に失望したり。だが今作は違った。昔のままの破天荒な三池ワールドが横溢している。

スプラッター、切り株が苦手な人にはお勧めしないが、大丈夫ならきっと三池ワールドを満喫できるはず。鍛え上げた細マッチョな窪田正孝が、余命宣告されてヤケになり無謀な逃避行に走る展開も楽しい。笑いも随所にあるが、大森南朋がユニディに言及する台詞に一番笑った。「ウェインズ・ワールド」のプロダクトプレイスメントの風刺ネタを思い出した。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 18 件)
高森 郁哉

5.0洋邦問わず近年見た集団犯罪ドラマのベスト

2020年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

KO負けを食らったボクサーが、街で接触したヤクザに囚われの身の少女を助けたことで、組織が扱うブツを横取りしようと企むヤクザ、そのヤクザと結託して甘い汁をすすろうとするやさぐれ刑事、ブツをめぐる攻防の過程で死んだ下っ端組員の恋人、チャイニーズ・マフィア、出所してきたばかりの組長とその手下等が、各々の欲と恨みを剥き出しにして蜂起していく。違う場所に住む人々が、きっかけになる出来事によって徐々に束ねられていくプロセスが絶妙なら、随所に散りばめられたユーモアと、すべてのキャラクターを無駄に消費することなく生かし切る脚本の気配りには、心底舌を巻く。抜群の展開力と意外性を含み一瞬も休むことなく疾走する集団犯罪アクションが、ここに完成した。近年見たこのジャンルの映画(洋邦問わず)としては、ベストではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 20 件)
清藤秀人

3.5死に際狂騒曲

2021年6月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
しゅうへい

4.0たまにはこういう邦画も観たい、三池崇史による本気のエンタメ

2021年5月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

怖い

久々にエンターテイメントな邦画を見た気がする。原作ありきの作品じゃなくて。これを恋と呼べるかどうかは難しいが、濃くて可笑しい一夜は最高だった。

邦画というのは、しとやかでスマートな作品が多い。リアリティがあって、世界の片隅で起こるような作品ばかりだ。かく言う私も、そんな邦画をこよなく愛する一人ではあるのだが、たまにはこんな邦画だって観たいのである。ぶっ飛んでいて、リアリティがないとか気にならないくらいのエンタメを喰らいたい。そうなると、やはり三池崇史監督ってすげぇなってなる。英勉監督が『東京リベンジャーズ』を撮ると発表されたとき、昔なら三池崇史監督だろって言われるのも納得である。画よりも力でねじ伏せるような描き方ができるからだ。
内容はとにかくぶっ飛んでいて、これをラブストーリーと呼んでいいのか…ってくらい濃い。単にヤクザの抗争に巻き込まれたボクサー、そこにいた抜け殻の女。結ばれるはずのない二人の不思議な逃避行。ヤクザを描けるのはやっぱり日本の特権だし、ほどほどに斜陽化したところをかいつまんで描くのも面白い。そこで見せる抜け感というか、いい塩梅で進むので飽きが来ない。
それを支えるのは、やっぱりバランスを効かせられるキャストの底力が大きい。主演の窪田正孝もそうだが、小西桜子はここで一皮剥けたんだなと確信する演技だった。時系列は分からないものの、『ファンシー』で感じた棒な感じはなくなっていたし、幻覚によるシュールな絵面にも耐えうるような迫真ぶりは見事。また、ベッキーや染谷将太の引っ掻き回しぶりも痛快で、やってくれたと拍手を送りたい。

まだまだ捨てたもんじゃない。映画らしいダイナミックさとボリュームが2時間に詰まっている。他の三池崇史監督作品も漁りたい。実に見ごたえのある作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
たいよーさん

3.5計画狂いまくりの殺し合い

2021年4月29日
iPhoneアプリから投稿

 ヤクザの加瀬と悪徳刑事の大伴のヤク横取り計画が最初から失敗ばかりでどんどん悪い展開に。口封じに殺したはずの女(ベッキー)が生き延びていたために全てバレて結局命を狙われる、殺され方は残酷だけどドタバタぶりが滑稽にもみえる。
 主人公のレオはボクシングの試合でKO🥊を取られて倒れたことから病院に運ばれて脳腫瘍が発覚し、おちこんでいるところを偶然このドタバタに巻き込まれて逃げるハメに。
 テンポよく話が進んで、なかなか面白い。大森南朋も染谷将太もピッタリだし、ベッキーが強烈だったな!主役の窪田正孝も勿論、細マッチョ健在で👍(個人的に思うことは窪田くん、前髪いつも上げてた方がカッコいいのに)そしてモニカ役の小西桜子。オーディションで選ばれた新人とのことだけど、大勢の名優にも負けないくらいの存在感があったように思える。今後に期待。
 面白かったけど、残念なところが1つ、ホームセンターからの脱出シーン、アニメにしちゃうんだね😓ハリウッドや韓国なら実際にやっちゃうんだろうな🤔

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 15 件)
アンディぴっと

4.5三池節。バイオレンスは極限。染谷くんがサイコー。染谷くん、大森さん...

えみりさん
2021年3月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

三池節。バイオレンスは極限。染谷くんがサイコー。染谷くん、大森さん他それぞれのキレ方がいいのだけど、かたぎの窪塚くんのぶっとび方が一番すごい。ヤクザというバイオレンスの世界に偶然と事故が重なる展開が新鮮。ベッキーもキレててよかった。アクションもよかったし。ボクシングがバイオレンスの世界だということをラストで知る。遠藤さんの留守電の声もどんどん畳み掛けていく感じがよかった。仁義を揶揄しながら描ききってるところもさすが。そして、人を好きになったり人のためになにかをするって、こんな感じで関わらざるを得なくなるなかで起こることだってことが、リアリティがある。ファンタジーみたいだけど、すごいリアリティでそこがいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
えみり

3.5なんか…いいねぇ(´˘`*)

まよさん
2021年3月13日
iPhoneアプリから投稿

初っ端はちょっと重めで不安だったけど、最後まで見てよかった(´˘`*)
窪田正孝も良かったけど染谷将太の徐々に狂ってく感じ好きでした
内容もリアリティが高めだったのでアクションもかっこよかった
最後の終わり方が特に好きだった
中盤と最後のシーンのギャップでリアリティはますし、「夢みたいな話だけど現実なんや」みたいな感じの終わり方で好き
コメディ要素も入ってたので面白かった(´˘`*)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
まよ

4.0三池監督(本物の方)はやっぱり面白い

なおさん
2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

やっすいキャラたちのやっすいドタバタグロコメバイオレンスがなんでこんなに面白いのか。
通りすがりのボクサーにヤクザに中華マフィアに悪徳刑事に裏切り者がくんずほぐれつ入り乱れる大騒動は、めちゃくちゃに突っ走っているようで、細かい仕込みの効き具合が絶妙。
予想外の怪演を見せてくれたベッキーもお見事。
死ぬ気でやればなんでもできる…かな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
なお

2.0ベッキーよ、こんなもんじゃないはずだ。

2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

どの三池崇史要素も自身の快作群のエエトコどり焼直しに納まる。
ツワモノ役者陣は三池ゆえ参戦したろうが自己ベストを超えぬ演り損。
あの件で全国民を敵に回したベッキーよ、こんなもんじゃないはずだ、応援する。
全員が儲け役だった石井隆「GONIN」を想う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.5三池先生のストレス発散映画。

MoToさん
2021年1月22日
Androidアプリから投稿

最近、三池先生は、アニメ実写化(テラフォーマ、無限、ジョジョ)で、無かったことにされた映画を監督して、ストレス溜まってたんじゃないかと思いますが、今回は好き放題させろと言わんばかかりに、ストレスが爆発した、三池ワールドのバカ映画です。(誉め言葉です。)ストーリーがどうとか、演技がどうとか、そうゆうもんはどうでもいい、バカ映画作ったったぜ感が半端ないです。(個人的見解です。)やっぱり三池先生は、バカ映画を作るのが一番です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
MoTo

5.0どんな映画かわからずみて

ひめさん
2021年1月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

題名をみて、恋愛物だと思ってみて、ギャップなのかすごいおもしろかった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひめ

4.0三池ワールド

2021年1月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
となりのマツモト

5.0イイ!とてもイイ! なんかこう、古き良き日本のちょっとオシャレすて...

2020年12月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

イイ!とてもイイ!
なんかこう、古き良き日本のちょっとオシャレすてき映画というの?懐かしい。ヨロンヨロンになった男ふたりのぐちゃぐちゃ殴り合いとか、胸が熱いわあ。
アレやこれやで最後にユニディとかね。ぽいよね!

大森南朋が逆に古くさく感じちゃうもの。

三池監督はもしかしてこういうの撮るために、アレとかテキトーに作って予算稼いできたのかな?
それはいいんだけど内野聖陽で無限の住人やってくれよおー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まるぼに

4.0観た。ヤクザ映画へのレクイエムか?

CBさん
2020年12月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ボクサーが、道で出会った娘を助けるために、つい人を殴ったら、彼は刑事だった、彼女はヤクザ内の内部抗争というか下克上のタマだった。一般人が、ヤクザに巻き込まれて、全力で逃げ回る一夜を描いた話。

終始、テンポがいい! 窪田さんは、ボクサーが似合う。正面からボクサーのパンチを食らって、何時間か気絶したとは言え、「いってえ」と起き上がる刑事も、身体、つえ〜! そして最早言い古された感があるほどだが、ベッキーさんの狂気は、見事。
そして内野さん。遠きよきヤクザ映画から帰って来た筋金入りの武闘派ヤクザ。

これもすでに言い古された内容だが、ラストの逃走シーンの壮大な映像は、俺にはまるで、ヤクザ映画への大レクイエムかのように感じられたのでした。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 8 件)
CB

3.0死ぬことを意識して

2020年12月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

死ぬきになれば何とかなる。
超アウトローな作品だけど、
今時CGで何とでもなりそうなシーンが、アニメーションだったのはある意味新鮮。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.0三池監督の好きな方の作品

2020年11月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

久しぶりに三池監督が仕事しました。という映画。
一番好きなのが、十三人の刺客だが、その頃の勢いが感じられた。
何より、ラプラスの魔女を見たときの酷さの衝撃が強すぎて、三池監督はもうやる気を無くしているのかと思っていたが、
これは、やりたい仕事だったんだなと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
七星 亜李

3.0ホームセンターでの戦い

2020年10月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

中国系ギャングと争う日本のヤクザ、これに見切りをつけた若手の組員(染谷将太)が悪徳刑事(大森南朋)と組んで、麻薬を横取りしようとする。
一方、ボクサーの主人公(窪田正孝)は脳腫瘍を宣告され、悄然と歩いていたが怪しい男に追われて逃げる少女と出会う。
バイオレンス度は高いのだが、よく笑わせてくれる。
ベッキーが出色の出来。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5ベッキー新境地

tunaさん
2020年10月26日
iPhoneアプリから投稿

ベッキー新境地

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

2.5_φ(・_・ リアリティがないかなぁ?

2020年10月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

何となくだけどリアリティがないような気がします。
最後あんな脱出あり得ないし、警察に捕まらず無傷で私生活に戻れるはずもなく、、、。
ベッキー狂気の演技凄い!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おにっち弐号
「初恋」の作品トップへ