劇場公開日 2020年8月14日

  • 予告編を見る

思い、思われ、ふり、ふられのレビュー・感想・評価

3.7168
26%
51%
16%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全168件中、1~20件目を表示

2.0大人な高校生

ふわりさん
2022年1月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

想像してたカップリングじゃなかった・・・

恋愛にこだわりすぎてるので、義姉弟の恋愛頑張って貫いたほうが納得出来る。

浜辺美波ちゃんはいつも同じ表情なんだよね。頑張れ‼️
でももう高校生は無理かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり

5.0浜辺美波目当てでしだが

カペタさん
2021年12月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ストーリー内容は期待してなかったけど、一人ひとりの話が良かった。大人に振り回され過ぎだけど。
3回離婚する母親はこの女は駄目だな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カペタ

3.565点

2021年9月16日
PCから投稿

なんでこんなに浜辺美波は可愛くて、綺麗で、儚くて、可憐なんだろうと、、、思った作品。

映画としては正直退屈ですが、若くて勢いがある役者さんの淡い演技を見れただけでも見て良かったなあと思いました。

北村匠海くんに関して、6年前くらいから演技を見ていて、応援していますしみなみちゃんと共演するなら下手な若手役者よりよっぽど良いですが、ほんまにそこ変わってほしい(切実)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
サスペンス西島

3.0タイトルどおり。思い、思われ、ふり、ふられ

2021年8月20日
iPhoneアプリから投稿

タイトルどおりの内容。
高校生の恋愛映画。
思春期ならではの悩み、葛藤、清々しさ。
最後のシーン、エンドロールへの流れ、音楽の全てのバランスがよく、晴れやかな気持ちになった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ざおとん

4.0こんな青春を送りたかった!

ねこぜさん
2021年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

爽やかで可愛く、切なく、ほおが緩みまくり。
三木孝浩監督作品の映像の色合いがすごく好き。
三木監督作品は、毎回野間口さんを探してしまう。笑
浜辺美波ちゃん可愛かった♡

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ねこぜ

4.0青春と青春と青春

tunaさん
2021年7月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

蒼くて無力でも真っ直ぐなキャストが眩しい物語でした。
いい感じでした。面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
tuna

3.5アオハル

リカさん
2021年7月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
リカ

2.0高校生の恋愛ドラマ

2021年7月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

親の再婚で姉弟になった二人(浜辺美波、北村匠海)と、友人(福本莉子)とその幼馴染(赤楚衛二)、この四人が同じマンションに住み、恋心を通わせる。
可愛い女子とイケメン男子、夢物語だなぁ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

4.5美しい朝、新しい一日がはじまる

2021年6月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

想いが強ければ、必ず相手にも伝わる。
美しい朝からはきっと希望に満ちた新しい一日がはじまる。

新しい一日が少しでも幸が多い日であってほしい。

10代の希望に満ちた美しいストーリー。
その希望を壊す大人になってはいけない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
上みちる

3.0うーん

千月さん
2021年4月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

この二人主演のキミスイほど惹かれるものはなかったかな。
でも組み合わせが予想と違ってそこは驚いた。
福本莉子ちゃん、発掘出来たのは良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
千月

3.5良いなぁ

Normanさん
2021年3月28日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Norman

3.0おじさんにはちょっと、、、

たくやさん
2021年3月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

4人の高校生の青春ラブストーリー。
40歳のおじさんには、ちょいと感情移入できず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たくや

4.0素敵な映像と可愛い女優さんとかっこいい俳優さんの素敵な映画

2021年3月7日
iPhoneアプリから投稿

変に屈折することなく進んでいくピュアな恋愛映画。なかなか良かったです。想像していたよりも良くてびっくりしています。
浜辺美波さんよりも福本莉子さんの方が、映画の中でキャラクターとしても、演技者としても両方の成長を感じることができ、ありゃりゃ?と思いましたが、、笑

なかなか素敵な映画だったと思います。満足です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しらたま

4.0青春っていいなと誰もが思うであろう映画

こーどさん
2021年2月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

萌える

「死」を扱っていないので、過剰に苦しくなることもなく、純粋に楽しめる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
こーど

3.0原作を知らない状態であれば、すごくいいんだろうなーといった印象。 ...

2021年2月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

原作を知らない状態であれば、すごくいいんだろうなーといった印象。
忠実ではあるが、やはりギュギュッとまとめている分、原作の方が良かったなーと思いました。
でもストーリーは好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Namiko Kimura

1.5だれかの青春

津次郎さん
2021年1月31日
PCから投稿

すきなユーチューバーができまして、なぜすきなのか考えてみたのですが、おそらくYouTube上の番組で見せる姿と、わたしたちが知らない彼らの日常に、あまり差がない──ということだと思ったのです。

もちろん、かれらの日常は知らないことなんで、はんぶん憶測になってしまうわけですが、カメラが回ってなければ、ぜんぜんちがう人──だとは考えにくいキャラクターを確立している──わけです。

芸能人や有名人が、表向きに見せている姿と、プライベートが異なっているのは、とうぜんだと思います。

エンタメにたいする、一般人の感慨で「性格悪そう」っていうのが定番としてありますが、芸能人や有名人のじっさいの性格が悪かったからといって、んなもん、なんの関係があるんでしょうか。かんぜんに、ほっとけよ──ってはなしです。

ですが、ユーチューブやソーシャルネットワーキングサービスの影響もあって、現代社会では、有名人が手が届きそうなところにいて、一般人の「性格悪そう」みたいな、超絶に余計なお世話さえも、けっこうばかになんない案件になっちゃっているわけです。

そうなりますと、いくら有名人といえども、カメラオン時とオフ時の乖離(かいり)が、小さいほうが、一般人ウケするはずです。すきなユーチューバーのふたり組はその乖離が極小に見えます。見える──だけで充分です。

現実に、そういう人がウケて、人気があることを、人々は実感していると思います。

善良そうな行動/言動していて、裏でコスいことをやっていると、見た目が悪い奴より、がっつり叩かれます。

ユーチューバーを観察──観察といっても厳密に精査しているわけではなく、なんとなく眺めているだけですが、それでいてさえ、基本的に善や正直属性の持ち主は、なんだかんだ言われても、根底支持層は揺らがないことに気づくわけです。
だれでも、一定期間ユーチューブを見ていたら、なんとなくそうなっていることに気づくはずです。

天然といえば世間的に好かれる属性ですが、それはつくろわない態度、裏表のないこと──なので、善や正直に近似する属性です。同義でさえあると思います。そして、その属性を持っている人が人気者になり得ていることは、ユーチューブ上では、テレビよりも瞭然なわけです。

映像作品において、キャラクターが正直に見える──のは重要です。どれだけそれが重要なことか、ユーチューバーの興衰を見ているならば理解できると思います。

このとき彼/彼女は、じっさい正直な人間でなくてもかまいません。
そんなことは、なんの関係もありません。さっきも言いましたが、見える──だけで充分なのです。

ただし。

現実に正直でない人間は、優れた演出や演技力をもってしても、最終的には、正直に見えない──ばあいがあります。

ユーチューブの世代はそこに気づいている可能性が大きい──と思ったのです。

すでに人々は、エンタメといえども、人間性が関わっていることを知っています。芸能界では、消されることもあるのかもしれませんが、消えた人が、消えるなりの属性を持っていたことを、人々は薄々にせよ感じ取ることができるのです。

なぜなら、長い目でみたばあい、ユーチューバーの命運/人気は、まさに彼/彼女の人柄そのものになっているからです。

そのことが、テレビや芸能界ぜんたいに敷衍できないと、なぜ言えるでしょう。
かれらの浮き沈みは、まさに人柄に他ならないわけです。

ユーチューバーをランキングで見られるサイトがありまして、そのデータを見たところ昨年(2020)から今年にかけて、かれらの登録者数の伸びは激的でした。

そのことだけを根拠に言うのは、うかつですが、新型~禍下における、人々のすさんだ気持ちを、かれらがどれだけ癒やしているか、はかりしれないと思いました。
暗い世相とかれらの人気が無関係なはずがない──と思ったのです。

──という話を長々したのは、本作に出演している浜辺美波を辿っていったらそのユーチューバーのふたり組に出会えたからです。

本作は恋愛映画専門みたいなスタンスで数々の恋愛映画を撮ってきた三木孝浩監督の恋愛映画です。
来歴としてもほぼ恋愛映画だけですが、とりわけ恋愛映画がじょうずなわけではありません。
これは日本の映画監督によくある不思議な寄せ方です。自分も周囲も、誰ひとりそれを疑わないことで、この執着が生まれる──わけです。

恋愛映画に、無感動なのは、じぶんがおじさんになったから──もありますが、ただし、わたしが中高校生のときも、日本の恋愛映画に感動したことはありません。

恋愛に無縁な器や性質を持っているから──のほうが正確かもしれません。多くの人がその理由によって恋愛映画と無縁だと思います。

しかしわたしはジョンヒューズやブックスマートやエイスグレイドやはちどりやウォールフラワーズや僕とアールやThe Edge of SeventeenやThe Spectacular NowやイージーAが好きです。もちろんAbout Timeも。おじさんとなった今も、海外の恋愛映画、青春映画に親しんでいます。

反して、日本映画界って、いつまで、このテのイケてる人たち/強者/勝ち組/Alphaだけの恋愛映画をつくり続けるのでしょう?この国には恋愛弱者がいないのでしょうか?

物語はまさに恋愛弱者的なことを描いているのに、キャラクターに切実な主体性がなくて、かわいそうなのはかわいそうだから──になってしまっているのです。

朱里も由奈も理央も乾くんも、なんかものすげえハンディキャップ負っていそうに見せながら、軽微なシチュで行き違いを起こしているだけの人たちです。じっさい何一つ逆境はないのです。どこにシンパシーすりゃいいですか?

そもそも日本の恋愛映画の登場人物って、すべてをがっつり有している人々が、弱者的哀感を装っているだけの話。な気がするのです。

ターゲットからわざと大人を外しているのか、あるいは、日本の若者って、そんなにドリーミングなんでしょうか?

ようするに、かわいいとかっこいいだけで満足する人種あいての商売でいいんかい。みたいな。

ターゲットから外されているなら文句はないんです。
幼児向けにつくられているものに感想言いませんわ。

べつにこの監督、この映画がどうこう言うのは牽強付会なわけですが、この映画は、どの時代の、どんな若者を反映しているのだろうか。なんて。

で、まとめると、ユーチューバーのうそを見抜ける若者が、このテのうそくさい青春映画とユーチューブを同時に愛せるってのがすごいっていう話です。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
津次郎

3.0アバウト・タイム

みみずさん
2021年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

萌える

高校生にしては良い趣味をしている。
私も好きだ。

じいさんはこの類いの作品を映画館で観ることはできない。
なので、BD観賞になるが、そういう問題ではなく観るべきではなかったかもしれない。
こういう感性ってもう理解不能になりつつある。
若者のことより、その親の身勝手さ、理不尽さが気になってしまう。

序盤は正直言って失敗した!と感じた。
もろ!少女漫画の世界で、辛いものがあった。
特に由奈役の子にはイラッとしたが、後半化けた。
この中で最も光っていた。

後半はそれなりにおのおのが前向きに生きることを選択し、ハッピーエンド。
ストーリーにそれなりに入り込め、心も動いた。
浜辺美波に期待していたが、最後まで何となく違和感が残った。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
みみず

3.0君の想いをききたい

近大さん
2021年1月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

幸せ

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
近大

4.5恋愛系において最高作

2021年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

浜辺美波・北村匠海と聞いて思い浮かぶは「君の膵臓を食べたい(以下、君膵)」である。この作品も素晴らしい作品であるが、それを超えていると思う。

ストーリーは以下の通りである。新しい設定と思った。
恋愛には積極的で社交的だが不器用な性格の朱里。夢見がちで恋愛には消極的、自分に自信が持てない由奈。そして、朱里の義理の弟の理央と由奈の幼なじみの和臣。同じ学校に通う高校1年生の4人は同じマンションに暮らしていた。憧れ、片思い、ある秘密……4人の四者四様のさまざまな思いがすれ違いながら交差していく。

まず、思ったことは君膵よりも現実味がある恋愛映画であること。可能性は低そうだが、十二分にあり得るので感情移入しやすい。

次に、金髪や茶髪のイケメンがいないこと。漫画・アニメではそのような髪色であることが多いい。その点ならいい。映画化するときその設定を消して全員黒髪にした点は現代の日本の高校の校則にも則っているので、現実味が出やすい。(スマホや化粧はokという点においても)

0.1点単位で評価するなら4.7点。0.3点分は、中学時代の回想がギリ中学生に見えなかった点。これはしょうがないかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ムービーブラザーズ
「思い、思われ、ふり、ふられ」の作品トップへ