ヒキタさん! ご懐妊ですよ

劇場公開日:

ヒキタさん! ご懐妊ですよ

解説

作家のヒキタクニオが自身の体験をもとにつづった同名エッセイを映画化。本作が映画初主演となる名バイプレイヤーの松重豊が主人公となるヒキタクニオに扮し、妻サチ役の北川景子と年の差夫婦を演じた。「ぱいかじ南海作戦」「オケ老人!」の細川徹監督が、男性不妊に直面しながらも明るく前向きに乗り越えようとするヒキタ夫妻の姿をユーモラスかつ叙情的に描く。49歳の作家ヒキタクニオは、年下の妻サチと2人で仲良く暮らしている。子どもは作らず2人だけで生きていこうと考えていたが、サチの言葉をきっかけに妊活を始めることに。しかしなかなか結果は出ず、クリニックで検査してみると、不妊の原因がクニオにあることが判明する。2人はショックを受けながらも現実を受け止め、夫婦で力を合わせて全力で妊活に取り組んでいく。

2019年製作/102分/G/日本
配給:東急レクリエーション

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
ヒキタクニオ
脚本
細川徹
企画
前田浩子
近藤良英
プロデュース
前田浩子
エグゼクティブプロデューサー
加藤和夫
福嶋更一郎
山下喜光
プロデューサー
中野剛
飯田雅裕
ラインプロデューサー
森太郎
撮影
大内泰
照明
宗賢次郎
録音
岡本立洋
美術
遠藤善人
装飾
遠藤善人
スタイリスト
荒木里江
ヘアメイク
高桑里圭
編集
木村悦子
音楽
大間々昂
助監督
大庭功睦
スーパーバイジングサウンドエディター
勝俣まさとし
VFXスーパーバイザー
鎌田康介
制作担当
栗林直人
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会

映画レビュー

4.0題材が素晴らしい

2019年10月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

題材の良さが光っている。男の妊活がどんなものか知っている人は、男でも少ないだろうし、メディアで語られる機会もほとんどない。しかし、これを観ると男性にとって全く他人事ではないことなのだとわかる。
年の差夫婦が子どもを作ると決めたものの、夫の精子の運動量が足りないせいで妊娠できることが発覚。そこから、夫は精子の運動量を取り戻すべくあらゆる努力を重ねる。運動、食事改善などあらゆる努力をしても僅かな改善しかしないのを見て、こんなに大変なことなのかと驚く。やがて、それは男としての自身の喪失にもつながり、葛藤が膨らんでいく。
原作者の実体験だけあって、心情がリアルに描写されている。松重豊が主人公を飄々と演じているのだが、その飄々とした裏側に情けなさややるせなさを押し殺したような芝居を見せてくれ胸をしめつける。過剰に湿っぽくせず、コミカルさも残した作風もすごく良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
杉本穂高

4.0人生を賭けるに足るパートナーにめぐり逢えた至福

2019年9月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

49歳の作家、ヒキタと年下の妻、サチの"妊活"を、夫側から事細く描いた本作は、ただ、自分たちの子供が欲しいと願う彼らが挑戦する先進医療が、いかに当事者たちにとって残酷で、同時に、周囲の目がいかに冷徹かを教えてくれる。特に、ヒキタが味わう屈辱に言及した点がユーモラスで画期的だ。しかし、それより深く胸に刺さるのは、人生を賭けるに足るパートナーにめぐり逢えた男女の至福。映画初主演の松重豊が軽妙に演じるヒキタと、夫の長所も欠点もまとめて愛し、共に歩んでいこうと心に決めたサチに扮する北川景子の間に芽生える抜群のケミストリーが、物語を万人に届ける力になっている。年に何作かあるようで、実はそうでもない、休日の貴重な時間を費やして損はないウェルメイドな1作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
清藤秀人

4.0自身の体験を基にしたエッセイが原作の作品。 不妊治療がテーマ。 難...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

自身の体験を基にしたエッセイが原作の作品。
不妊治療がテーマ。
難しいテーマですが、わかりやすく、時にはおもしろく、重くならないように制作されているところが良かったです。困難であっても夫婦協力して取り組む姿勢が素敵でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.0自然にまかせるべきとは思うけれど、決めるのは個人の自由 という世界を守らないといけない

nakajiさん
2022年4月29日
Androidアプリから投稿

思った以上に真面目な妊活映画だった
松重豊の自然体の演技で、悲壮感が漂うような内容を気楽に見る事ができた

ただし、知らない事は何も無いし、苦労した人も知っているし、若い人じゃなけりゃ見る必要も無い、私小説です

妊活には賛否両論ありますし、成功するともかぎりません
私自身は、自然にまかせるのがいいと思いますし、血の繋がりに重きをおく事もありません
ただ、やりたい人はやればいいし、子供が欲しいという気持ちもわかるというか
むしろ応援したい
世界には貧困や飢餓で苦しむ人達であふれていてます
アフリカやインドは無計画に人口が増加しているし、宗教も絡んでいたり
そんななか
恵まれない子供を養子にとる人もいれば、人工授精で天才やアスリートの子供を作る人もいます
個人の気持ちを、最優先出来るのが自由主義
中国の一人っ子政策は人口爆発を防ぐことが出来たけれど、個人の幸せはないがしろにされたわけです
社会主義国の大国の暴走は、やはり許してはおけない
あの国の人達に自由を与えられるところまでの勝利の方策は無いものか

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nakaji
すべての映画レビューを見る(全74件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る