北川景子と年の差夫婦を演じた松重豊 撮影に現れた本物の夫・DAIGOと“微妙な三角関係”に!?

2019年9月11日 07:00

舞台挨拶に立った松重豊、北川景子ら
舞台挨拶に立った松重豊、北川景子ら

[映画.com ニュース] 松重豊北川景子が夫婦を演じる「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」の完成披露上映会が9月10日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、松重と北川をはじめ、共演した濱田岳山中崇伊東四朗、メガホンをとった細川徹監督が登壇した。

作家・ヒキタクニオ氏が自らの体験をもとに、男性不妊と妊活を描いた同名エッセイを映画化。49歳の作家・ヒキタクニオ(松重)は、年の離れた妻・サチ(北川)と仲良く2人で暮らしている。ある日、サチの言葉を機に妊活に励むがなかなか結果は出ず、クリニックでの検査の結果、不妊の原因はヒキタにあることが判明する。

実際に年齢差24歳の松重と北川が、年の離れた夫婦役を務めた本作。北川は「松重さんはずっと年齢を気にされていたそうなんですが、私は全然気にしてなくて。『松重さんとだったら大丈夫』と思ってやらせて頂きました」とほほ笑む。対する松重は「奥さん役が北川さんだって聞いて、愕然としまして。お客様から『夫婦に見えない』って言われたらどうしようって気持ちでいっぱいで。(これまでの共演作から)北川さんは部下としてしか見られない女性だったもんですから(笑)」と複雑な胸中を明かし、「初日に北川さんから『そんなに年の差ありましたっけ?』って言われて、その言葉に救われて今日までたどり着いた」と改めて感謝を伝えた。

撮影中に北川と“夫婦”の絆を深めたという松重は、「僕は女房が同い年ですし、年の離れた奥さんというのは想像するしかないんですけど……。『北川さんのような年下の女性にちょっと怒られたい』という願望があるんだな、と気付きました(笑)。それで時々、彼女の心が折れたら抱きしめなくもないぞっていう……すみません、男の勝手な願望です」と語り、メロメロの様子。さらに、撮影現場に北川の夫であるDAIGOが差し入れを持って挨拶に来たというエピソードを披露し、「まさかの旦那さんがいらっしゃって。微妙な三角関係になってびっくりしたんですけど」と振り返る。北川が「本当の夫と、役の夫がいましたね」とほほ笑み、松重は「すごい素敵な旦那さんで、その時はメラメラと炎が燃え上がりましたけども(笑)」と嫉妬をのぞかせ、会場の笑いを誘った。

夫婦円満の秘訣を聞かれると、松重が「夫婦は言葉のキャッチボール、会話するのが大事だと思います。くだらないキャッチボールを死ぬまで、苦じゃなく続けられる関係が素敵だと思いますね」と持論を展開。北川は「私はまだ結婚して3年半と少しくらいなので……。それぞれの夫婦に『こうしたらうまくいく』という方法があると思います。私たちはまだ探り合っているような部分もあると思うんですけど、細く長く続けられたらな」と、自身の結婚生活にも思いを馳せていた。

ヒキタさん! ご懐妊ですよ」は、10月4日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース