ブレス あの波の向こうへ

劇場公開日

ブレス あの波の向こうへ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ドラマ「メンタリスト」で知られる俳優サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に、サーフィンを通して成長していく少年たちの姿が描かれる。オーストラリア西南部にある小さな町に暮らす内向的な性格のパイクレットは、怖いもの知らずな友人ルーニーの影響を受けながら、彼の後を追うように毎日を過ごしていた。そんな彼らはサンドーという男と出会い、サーフィンを教えてもらうようになる。パイクレットとルーニーは、不思議な魅力を放つサンドー、そして謎めいた存在感を持つ彼の妻イーヴァからさまざまな刺激を受けていく。いつしかサンドーは命にもかかわるような危険な波に2人を挑ませようとするが……。監督のベイカーは主人公サンドー役を演じるほか、製作、脚本も担当。妻イーヴァ役を「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のエリザベス・デビッキが演じる。

2017年製作/115分/PG12/オーストラリア
原題:Breath
配給:アンプラグド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30
  • 画像31

(C)2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

映画レビュー

4.5定石のサーフィン映画とは異なる意外な中身

MPさん
2019年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

楽しい

オーストラリア南西部のビーチは、ほどほどの波と予想外の高波がいい案配でやってくる、波乗りに憧れる少年たちにとっては絶好の訓練場。ある日、浜辺で出会った伝説のサーファーに導かれ、一人前のサーファーへと成長していく少年の物語は、意外にも、サーフィン映画の定石に逆らい、憧れと恐怖の間で揺れ動く主人公の心理と、同時に、陸で彼を待っていた危険な体験に迫って行く。いい波を探し求めて、世界中のビーチを渡り歩くサーファーのライフスタイルを賛美するのでなく、スリルやロマンと引き替えに失うものの大きさを描いて、とても上質で大人びた作りになっているのだ。監督と出演を兼ねるサイモン・ベイカーが、抑制された演出と演技の両輪で物語を牽引していく。ベイカーに導かれて、主人公を演じる本職はサーファーのサムソン・コールターが、とても新人とは思えない心の機微を表現して圧巻だ。オーストラリア映画界の底力を感じさせる1作である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
MP

3.5中盤で展開ががらりと変わる

2019年8月12日
iPhoneアプリから投稿

なんの目的もなく彷徨うように人生を過ごす少年たちのサーフィン映画。

なんとも涼しげな映画で、クーラー効いた映画館でひたすら海と戯れ波にのまれる主人公たちを観ているのは、まさに「無意味だが優雅」そのもので、頭を空にして観ていられるPVのようだ。正直ヒーリング的で、うとうとしながら観ても悪くない感じ。

ただ、後半から展開ががらりと変わり、少々スリリングで淡くほろ苦い展開になっていく。
サーフを通じて、出会い、痛み、裏切り、別れなど経験して、前半波にビビリまくるだけの小心者の主人公が、終盤見せる顔つきは同じ人間のようには見えず、確実に学び成長し大人になる姿を見せつけられると複雑な気持ちになる。

大人になりきれない人たちにはグサリと楔が刺さるような映画で、コドモの象徴のように描かれているサーフィンがかなり特徴的で、終わってみるとなんとも味わい深い。

爽やかなのに、鑑賞者の取り方見方で苦くも見える不思議な映画、どちらかといえば2.30代男に響きまくりそうな映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
やべっち

3.5セックスできたくせに愚痴垂れてんじゃねえよクソガキ

2019年8月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

サーフィン映画って何本か見ましたが、これが完成形なんですかね。
ってか、これ以上はないような気すらしますね。だって、未完成な若造のオフビートな日々を描く以外にする事ないもんね。
あとは調理法次第、こいつは高級料亭です。それでもこの程度だけどさ。寂しいね。

私のくすんだ青春と、こいつらのくすんだ青春は、どうにも決定的に違います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
日高雄介

4.5あー、青春‼️

琥珀さん
2019年8月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

『恐れなければいけない唯一のものは、恐れそれ自体である。』by フランクリン・ルーズベルト(第32代アメリカ大統領)

格言として有名ですが、昔聞いた時には今ひとつピンときませんでした。
今回、パイクレット少年に教えてもらった気分です。
恐怖心を覚えることについて、自己嫌悪や敗北感を抱く必要は無い。怖いものは怖い。それを冷静に受け止めたうえで、さて自分はその状況にどう向き合うのか。
怖いことを始めから無かったかのように振る舞ったり、強がって、ただの無鉄砲に陥ることの方がよほど恐ろしいことなのではないか。パイクレット少年の一番の成長は自分が怖いことの正体をしっかりと見極めて堂々と認めたことだと思います。ただ、恐れおののくのではなく、自分に相応しい向き合い方を考え、実践する。なかなかできることではありません。

それにしても海とサーフィン🏄‍♂️と青春はなんて食い合わせがいいのでしょう!サーフィンにまったく縁のない青春時代を送った身としては羨ましさと嫉妬心をこの歳になっても感じてしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
琥珀
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る