鹿の王 ユナと約束の旅

劇場公開日:

解説

「精霊の守り人」で知られる上橋菜穂子による、2015年本屋大賞を受賞したファンタジー小説をアニメ映画化。最強の戦士団「独角」の最後の頭であったヴァンは、強大な帝国・東乎瑠(ツオル)との戦に敗れ、奴隷となり岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不思議な山犬の群れが岩塩鉱を襲い、死に至る謎の病「黒狼熱(ミツツァル)」が発生。その隙に逃げ出したヴァンは、幼い少女ユナを拾う。一方、東乎瑠の民だけが病にかかると噂される王幡領では、天才医師ホッサルが懸命にその治療法を探していた。声優として、戦士ヴァンを堤真一、医師ホッサルを竹内涼真、ヴァンを追う謎の戦士サエを杏がそれぞれ演じる。「もののけ姫」「君の名は。」などの作画監督として知られる安藤雅司が初監督・キャラクターデザイン・作画監督を手がけ、「伏 鉄砲娘の捕物帳」の宮地昌幸が共同監督を務める。「攻殻機動隊」シリーズのProduction I.Gがアニメーション制作を担当。

2021年製作/114分/G/日本
配給:東宝
劇場公開日:2022年2月4日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)2021「鹿の王」製作委員会

映画レビュー

4.0「絵で見せる」ことに徹した作劇、動物を丹念に描いた手描きアニメーション

映画を見てから原作小説を読みました。文庫3冊におよぶ物語を1本の映画にするのは至難の業だったと思いますが、だからといってセリフやテロップを多用して説明するのではなく、「絵で見せる」ことに徹しているところは一本筋が通っていたように感じました。動物や動物に乗る人間の動きが手描きのアニメーションで丹念に描かれているのは、監督のひとりである安藤雅司氏と、これまで安藤氏と仕事をしてきたアニメーター陣の仕事だからこそだと思います。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
五所光太郎(アニメハック編集部)

このストーリーはAIでも簡単に作れる でも良い興行成績は無理♥

2024年2月18日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
マサシ

3.5もののけ

2024年2月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

知的

寝られる

姫を観てるようだなぁ。と思いながら観たが
もののけとの違いは、もう少しエンタメ感があれば。
と言うのが、本作である。

故に静かに進行し静かに痕跡を残す
病と同じような仕立てだと感じた。

と言う感想を残し、人類史における病を振り返って見よう。

人類史上、病が発生し蔓延する時代。と言うのは
人類が驕り高ぶり他者への配慮が欠損し尽くした時代に起こる。

つまりはそれが人為的なものであるか自然発生的なものであるかは別として、人類の危険サインである。と言う事
だと思う◎

コロナ禍のワクチン問題もあったが、常に病は気から

を肝に銘じたい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
tomokuni0714

3.5映像と音楽がとにかく綺麗

2024年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

採点3.6
民族と信仰の対立と鹿の王の物語。
映像と音楽がとにかく綺麗だった。
アニメーターが監督なので作画がすごい。観ていて映像で物語を伝えようとしているのがよく分かります。
そして原作は未読なのですが、恐らく原作をキュッとまとめているのでしょう。結構展開が早いんですね。
結果、少し物語との距離が出来てしまった感じは残ります。
そして人・国・病気など、みんな呼称が似てるのも少し混乱しました。
とはいえ最後はしっかり絞まっているのは見事。
今回初監督だった安藤雅司氏、次作にも期待したいですね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
白波
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「鹿の王 ユナと約束の旅」以外にこんな作品をCheck-inしています。