魔女見習いをさがして

劇場公開日

  • 予告編を見る
魔女見習いをさがして
28%
50%
13%
5%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1999年から4年間にわたって放送され人気を博した魔法少女アニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズの20周年を記念し、3人の新たなヒロインが織り成す大人のための魔法の物語を描いた劇場版アニメ。教員志望の大学生ソラ、帰国子女の会社員ミレ、フリーターのレイカ。年齢も住む場所も悩みも全てが違う3人だったが、不思議な巡り合わせで一緒に旅に出ることに。3人は「どれみ」にゆかりのある様々な土地を巡る旅を通し、大人になって忘れてしまっていたそれぞれの大切なものを見いだしていく。制作陣には監督の佐藤順一、脚本の栗山緑、キャラクターデザイン・総作画監督の馬越嘉彦ら、テレビアニメ版のオリジナルスタッフが再結集。3人のヒロインの声を担当したのは、森川葵、松井玲奈、百田夏菜子。

2020年製作/91分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5「おジャ魔女どれみ」を見たことがない人でも楽しめる。でも、知っていたら、もっと楽しめる作品!

2020年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

残念ながら私はこれまで「おジャ魔女どれみ」シリーズを見たことがありませんでした。
ただ、本作は、かつての「おジャ魔女どれみ」のファンだった人に向けて、観客代表として、現代のリアルな世界に生きている元「おジャ魔女」ファンの3人が偶然出会い、物語が始まります。
そのため、「おジャ魔女どれみ」を知らない私が見ても自然と入り込めて、しかも、作品の世界観まで共有できました。作りが独特で面白いですし、とても出来が良かったです。
コミカルなシーンも面白いですし、ラストに向けて作画のトーンも合わせているのだと思いました。
ちなみに、予備知識が一切ない状態で見ましたが、声優陣は後から知って「へ~」と感心しました。みんな自然で上手かったです。

「あの呪文はまだ覚えてる?」といったキャッチコピーが象徴的ですが、今から20年前に作品にふれていた人、そして近年、配信でふれた人には、かなり刺さる作品だと思うので、より評価は上がるでしょう。
私のように予備試験ゼロでも楽しめますが、特に「おジャ魔女どれみ」を見たことのある人には是非見てみてもらいたい作品です。
本作をきっかけに過去作にふれるのもアリだと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 23 件)
細野真宏

3.0悪くは無い

ユウさん
2021年7月30日
スマートフォンから投稿

悪くは無いが、なぜどれみちゃん達の映画にしなかったのか。
魔法もなく現実の話で、期待していたものではありませんでした。
テーマは分かるが、魔法でなく自分の力で、みたいなものをどれみに求めてない。
あとガールズバーやビール、それぞれの薄っぺらい恋愛話など、所々おっさんが作ってんなー感がありました。(真偽は不明)価値観が古いです。
でもどれみファンとしてはオープニングの曲が聴けただけでも価値はありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユウ

3.5聖地巡礼"風"作品と言う切り口は良い

2021年6月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

単純

20年前の共通の作品「おジャ魔女どれみ」に対して思い入れのあった事がきっかけとなって、年齢も職業も環境も違う者同士が偶然出会い意気投合して聖地巡礼の旅に出ると言う話。
聖地巡礼を軸としながらも、お互いの抱える様々な問題や困難に立ち向かって行きます。

作品が作中でBD化やインターネット配信されていたりモデルになった建物等が登場したりと言う、二次元作品を二次元的に俯瞰で見ている様な不思議な世界観が広がる映画。
当時の作品の映像やBGM等も流れ、作風そのものはあまり失われていないと感じました。
またテーマ曲が新規収録されていたり、
当時のメインキャストが出演していたりほとんど引退状態にある声優さんまでこの記念作品のために参加していると言う愛情を感じる作品。

ただし、聖地巡礼と言いつつたびたび映像に出てくる作品のキャラクターとの関わりが全くのゼロでは無い様にも描かれている辺りがあやふやでチグハグな感じもしました。
好意的に捉えるとすれば作品のキャラクター達が登場人物達、およびかつての視聴者達を見守ってくれているのだと受け取れば腑に落ちるのかもしれませんけどね。

テーマ曲に関してもしんみりとする感じのアレンジなのも良いですが、あくまで当時の思いを馳せるためにある映画と言うのであれば曲調だけでもそのままの方が良かったのかも知れません。
余韻に浸るには丁度良いのかも知れませんが、オープニング曲もエンディング曲も同系統のアレンジにしてしまっている影響でメリハリが無く盛り上がりに欠けます。
あとこの映画は元ネタの作品の内容を微塵も知らずに観た場合楽しめるのかどうかは正直言って全くわからないです、アニメ映画ではありますがこども向けには作られていない様にも感じます。

最後に一つだけコアな意見を言いますが、憧れていたとされるキャラクターとほうきの乗り方が違う登場人物が居るのがもったいない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
キングオブモブ

1.5騒がしさがギャグに落とし切れていない感じ

さん
2021年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

オタク女達が騒いでる映画、という印象しか残っていない。
ストーリーも面白く感じなかったし、終盤で旅に男が合流して、女2人が結託して男女をくっつけさせようとするのも見ていられなかった。
途中普通に危険行為もしていたし。ギャグにしてもつまらなかったし、そもそもギャグにさえなっていないと感じた。

絵や全体的なビジュアルは良かったと思う。
おジャ魔女の主題歌も懐かしくて良かった。でもそれだけ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
S
すべての映画レビューを見る(全87件)