魔女見習いをさがして

劇場公開日:

魔女見習いをさがして

解説

1999年から4年間にわたって放送され人気を博した魔法少女アニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズの20周年を記念し、3人の新たなヒロインが織り成す大人のための魔法の物語を描いた劇場版アニメ。教員志望の大学生ソラ、帰国子女の会社員ミレ、フリーターのレイカ。年齢も住む場所も悩みも全てが違う3人だったが、不思議な巡り合わせで一緒に旅に出ることに。3人は「どれみ」にゆかりのある様々な土地を巡る旅を通し、大人になって忘れてしまっていたそれぞれの大切なものを見いだしていく。制作陣には監督の佐藤順一、脚本の栗山緑、キャラクターデザイン・総作画監督の馬越嘉彦ら、テレビアニメ版のオリジナルスタッフが再結集。3人のヒロインの声を担当したのは、森川葵、松井玲奈、百田夏菜子。

2020年製作/91分/G/日本
配給:東映
劇場公開日:2020年11月13日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5「おジャ魔女どれみ」を見たことがない人でも楽しめる。でも、知っていたら、もっと楽しめる作品!

2020年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

残念ながら私はこれまで「おジャ魔女どれみ」シリーズを見たことがありませんでした。
ただ、本作は、かつての「おジャ魔女どれみ」のファンだった人に向けて、観客代表として、現代のリアルな世界に生きている元「おジャ魔女」ファンの3人が偶然出会い、物語が始まります。
そのため、「おジャ魔女どれみ」を知らない私が見ても自然と入り込めて、しかも、作品の世界観まで共有できました。作りが独特で面白いですし、とても出来が良かったです。
コミカルなシーンも面白いですし、ラストに向けて作画のトーンも合わせているのだと思いました。
ちなみに、予備知識が一切ない状態で見ましたが、声優陣は後から知って「へ~」と感心しました。みんな自然で上手かったです。

「あの呪文はまだ覚えてる?」といったキャッチコピーが象徴的ですが、今から20年前に作品にふれていた人、そして近年、配信でふれた人には、かなり刺さる作品だと思うので、より評価は上がるでしょう。
私のように予備試験ゼロでも楽しめますが、特に「おジャ魔女どれみ」を見たことのある人には是非見てみてもらいたい作品です。
本作をきっかけに過去作にふれるのもアリだと思いました。

コメントする (0件)
共感した! 25件)
細野真宏

3.0おジャ魔女ちょい上世代です。

2024年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

楽しい

萌える

最初は声の演技に違和感があったけど、だんだん慣れた。ただ本声優さんの方が良かったのかなあとは感じた。それぞれの雰囲気がおジャ魔女たちの雰囲気と合わせているのかも。ロードムービーっぽさもある。リアルな部分と現実的な部分のちぐはぐさは少し気になった。おジャ魔女どれみの良さは、魔法モノではなく日常モノだったってことかな。悪と戦うわけではなかった。呪文のポップさとか洋服に着替えているだかの感じが好きだったんだよなあ。
「ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー」もうっかりリバイバルしないかな。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
かやは

5.0魔女見習いをさがして

2023年9月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

幸せ

あのどれみちゃんの新作の特報を最初に見た時の感動がよみがえってきた。

凄く面白かった。

ソラさんが居酒屋で酔っ払ったシーンが面白過ぎた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Y&M

4.0騙されてはいけない!

2023年8月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

当方、おジャ魔女どれみは単語として知っているだけです。1話たりとも観たことがないですが、この映画は傑作だという噂をたよりに鑑賞しましたが、実際にその通りかと思いました。面白かったし、いろいろと感慨深いものがありました。ターゲットはリアルでおジャ魔女どれみを観ていた世代を中心にしているでしょうし、そういう人なら涙腺崩壊かもしれません。
ポスターとは裏腹に成人向けのストーリーで、いきなり不意打ちを喰らいました。逆にお子様には難しいかもしれません。微妙に世代がズレた3人が運命で引かれ合うように出会い、旅をし、お互いを知り合い、それぞれの生活の中でそれぞれの変化(心、生活、もろもろの関係など)を遂げていく様子はテンポよく表現されていて観ていて心地よいものでした。また、随所に「旅」を舞台としていますが、鉄要素が非常に強かったのも個人的にはプラスでした。(鉄の方向けではないですよね?)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
zem_movie_review