魔女見習いをさがして

劇場公開日:

魔女見習いをさがして

解説

1999年から4年間にわたって放送され人気を博した魔法少女アニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズの20周年を記念し、3人の新たなヒロインが織り成す大人のための魔法の物語を描いた劇場版アニメ。教員志望の大学生ソラ、帰国子女の会社員ミレ、フリーターのレイカ。年齢も住む場所も悩みも全てが違う3人だったが、不思議な巡り合わせで一緒に旅に出ることに。3人は「どれみ」にゆかりのある様々な土地を巡る旅を通し、大人になって忘れてしまっていたそれぞれの大切なものを見いだしていく。制作陣には監督の佐藤順一、脚本の栗山緑、キャラクターデザイン・総作画監督の馬越嘉彦ら、テレビアニメ版のオリジナルスタッフが再結集。3人のヒロインの声を担当したのは、森川葵、松井玲奈、百田夏菜子。

2020年製作/91分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5「おジャ魔女どれみ」を見たことがない人でも楽しめる。でも、知っていたら、もっと楽しめる作品!

2020年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

残念ながら私はこれまで「おジャ魔女どれみ」シリーズを見たことがありませんでした。
ただ、本作は、かつての「おジャ魔女どれみ」のファンだった人に向けて、観客代表として、現代のリアルな世界に生きている元「おジャ魔女」ファンの3人が偶然出会い、物語が始まります。
そのため、「おジャ魔女どれみ」を知らない私が見ても自然と入り込めて、しかも、作品の世界観まで共有できました。作りが独特で面白いですし、とても出来が良かったです。
コミカルなシーンも面白いですし、ラストに向けて作画のトーンも合わせているのだと思いました。
ちなみに、予備知識が一切ない状態で見ましたが、声優陣は後から知って「へ~」と感心しました。みんな自然で上手かったです。

「あの呪文はまだ覚えてる?」といったキャッチコピーが象徴的ですが、今から20年前に作品にふれていた人、そして近年、配信でふれた人には、かなり刺さる作品だと思うので、より評価は上がるでしょう。
私のように予備試験ゼロでも楽しめますが、特に「おジャ魔女どれみ」を見たことのある人には是非見てみてもらいたい作品です。
本作をきっかけに過去作にふれるのもアリだと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 25 件)
細野真宏

0.5リアタイ世代

2022年9月22日
スマートフォンから投稿

笑える

なんだこれはひどすぎた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
パインこ

4.0とっても良かった

2022年8月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

おじゃ魔女はリアタイ世代です。
ハナちゃんが赤ちゃんから成長したくらいから見る頻度が減り、最後どうだったか覚えてないくらいです。
それくらいの浅いファンからすると、すごくいい映画でした。

まずこの映画は子供向けではないです。
なので、親が子供と一緒に見るには向いてません。
どれみたちがちゃんと登場するシーンもなく、絵柄も主人公たちが大人ということもあり【おじゃ魔女】という雰囲気でもないです。割とスタイリッシュかな。

おじゃ魔女の続編としてや、スピンオフとして観るとがっかりするかもしれませんが、ほんのりおじゃ魔女懐かしいな~というスタンスで観るにはすごくイイと思います。
もうこの年齢で【完璧なるおじゃ魔女の続編】とか出されても、小学生や中学生の女の子に感情移入できないですし。。。

一押しはレミ、レイカには幸せになってほしい(二十歳だしw)、ソラは私は友達になりたくないタイプだと思いました。
レイカだけバックボーンがやたらと重かったけど、なんであの比重にしたのかな~?とは思います。
でも年齢もバックボーンも関係なく、今を楽しく前向きに頑張る女性たちを見れて、私もいろいろあるけど頑張ろう!と思える作品でした。
この作品に出てくる男どもは全然頼りにならないし、良い奴が少ないのでその辺はイライラするかもw

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
まいまい

1.0生きづらさアルアル

2022年8月4日
iPhoneアプリから投稿

テレビで見聞きしただけの今の女性の生きづらさアルアルを三人に割り振った浅さの時点で負けが決まった凡作。
撮り手の撮る動機の浅さ丸出し。
会話毎にお茶目な媚びで無理に明るさを保つなら、
初めからこんな猛烈に暗い話しにすべきでない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい
すべての映画レビューを見る(全98件)