ワイルドライフ : 映画評論・批評

メニュー

ワイルドライフ

劇場公開日 2019年7月5日
2019年6月28日更新 2019年7月5日よりYEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほかにてロードショー

14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!

ポール・ダノは本物だった。初監督作でこのセンスのよさ!このクオリティ!驚くしかない。強烈にナイーヴなモラトリアム男子を演じた「リトル・ミス・サンシャイン」(06年)から13年。演技派の代表格となった俳優は、パートナーのゾーイ・カザンとのコラボ脚本で、余韻にひたひたと浸れる映画を創り上げた。

1960年、モンタナ州の田舎町。14歳のジョー(エド・オクセンボールド)は仲の良い父(ジェイク・ギレンホール)と母(キャリー・マリガン)のもとで、穏やかな日々を送っていた。だが、父が失業したことで、少しずつ夫婦にほころびが現れる。突然、危険な山火事の消火に行くと言い出した父。「あなたは逃げてるだけ」と言い、濃い化粧をして出かけるようになった母。変わっていく家族のなかで、次第にジョーにも変化が訪れる。

画像1

「いつか映画を撮るときは、きっと家族についての物語を撮るだろうと思っていた」とダノは語っている。すこしセピアがかった一冊の写真集を作るように、丹念に大切に、自身の思いを1シーン1シーンに封じ込めたように感じる。

その大切な空間のなかで、登場人物たちがしっかりと息づいている。心は通じ合っているものの、なすすべもなく壊れていく夫婦。その様子を見つめるジョー。母の「女」の一面を見てしまった彼の戸惑いや嫌悪。父の残念な一面を見てしまったときの静かな諦観。14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。まだ30代の父と母もまた「心を燃やすなにか」を探す、大人になりきれない男と女なのだ。それに気づいたとき、子は大人になっていく。

ジョーが父に勧められたアメフトを辞め、街の写真館でアルバイトをはじめるくだりがなんともいい。おとなしく穏やかな少年が、自力で自分の居場所を見つけていく。この少年の横顔やそのたたずまいが、またポール・ダノ自身にそっくりなのだ!

私生活では昨年、ゾーイ・カザンとの間に第一子が誕生したそうだ。次も家族の物語を撮るのだろうか。俳優として監督として、これからどんな世界を見せてくれるのか、本気で楽しみだ。

中村千晶

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全19件)
  • ラストシーンよかったです! 14才の息子が両親に振り回されることなくしっかり歩んだ人生です。 ...続きを読む

    かん かんさん  2019年7月15日 12:27  評価:3.0
    このレビューに共感した/1
  • 唯一無二の色合いを感じる。 自身の人生を見出せない男… 自身の人生を“家庭”に求めたその妻。 ジェイク・ギレンホール、キャリー・マリガン、この二人の名優が演じるポール・ダノの世界は、初監督でありながら唯一無二の色合いを感じ... ...続きを読む

    HIROKICHI HIROKICHIさん  2019年7月13日 21:27  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 息子の求めていたものは 旦那の転職や、それによる引っ越し、解雇されても仕事がない(プライドのせい?) 育児に専念するはずの妻も職を探し、息子も転校先で馴染めず家族が崩壊していく それぞれが人生の壁にぶち当たり、それ... ...続きを読む

    のぶ のぶさん  2019年7月12日 19:03  評価:2.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 存在のない子供たち 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェン マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報