ワイルドライフ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ワイルドライフ
ワイルドライフ
12%
63%
22%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「スイス・アーミー・マン」などの個性派俳優ポール・ダノが初メガホンを取り、「ドライヴ」のキャリー・マリガンと「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホールが夫婦役を演じた人間ドラマ。ダノが「ルビー・スパークス」で共演したパートナーのゾーイ・カザンと共同で脚本・製作も手がけ、ピュリッツァー賞作家リチャード・フォードの小説「Wildlife」を原作に、幸せな家庭が崩壊していく様子を14歳の息子の姿を通して描き出す。1960年代、モンタナ州の田舎町で暮らす少年ジョーは、仲の良い両親ジェリーとジャネットのもとで慎ましくも幸せな毎日を送っていた。ところがある日、ジェリーがゴルフ場の仕事を解雇され、山火事を食い止める危険な出稼ぎ仕事へと旅立ってしまう。残されたジャネットとジョーもそれぞれ仕事を見つけるが、生活が安定するはずもなく、優しかったジャネットは不安と孤独にさいなまれるようになっていく。

2018年製作/105分/PG12/アメリカ
原題:Wildlife
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5地味だが心にしみる佳作

2019年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

知的

ポール・ダノ、初監督作ながら演出の腕は確かだ。小説が原作だが、脚本を担当したのはダノの私生活でのパートナーでもあるゾーイ・カザン。彼女とダノと言えば、共演した「ルビー・スパークス」を思い出すが、やはりゾーイが脚本を書いた同作の主人公もナイーヴな青年で、こちら「ワイルドライフ」のジョー少年とも重なる。ダノもゾーイも好きなんだろうなあ、こういうキャラクター。

キャリー・マリガンとジェイク・ギレンホールの演技は悪くないが、新味に乏しい役柄だ。ジョー役のエド・オクセンボールドは、シャマランの「ヴィジット」ではお姉ちゃん役の子に押され気味だったけれど、今作では実質的な主人公と言ってもよいほど存在感があるし、ストーリーも彼の目線で語られる。気が滅入る要素が多いが、キービジュアルにもなっている家族写真のシーンがささやかな希望を残してくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

4.0いいたいことがあるからつくる

津次郎さん
2020年12月14日
PCから投稿

リトルミスサンシャインのポールダノをおぼえている。プリズナーズもオクジャもスイスアーミーもけっこう鮮明におぼえている。
時間が短くても印象的な俳優だと思う。

アメリカだと、印象的な俳優が、監督もこなしてしまったりして、圧倒される。
対抗しなきゃならないわけじゃないが、俳優が監督に転身?日本じゃきいたことがない。人はそうそう多芸じゃない。

もっともハリウッドには(いまおもいつくかぎりだが)ウォーレンベイティ、ポールニューマン、レッドフォード、ショーンペン、ケビンコスナー、イーストウッド、ベンアフレック・・・俳優が、すぐれた映画監督になっている例は、いっぱいある。

近年の俳優→監督で感心したのはジョエルエドガートン監督のBoy Erasedと、ポールダノ監督のこれだった。どちらも2018年である。

エドガートンのBoy Erasedやこの映画を見てかんじるのは、いいたいこと(映画にしたいこと)があって、映画をつくっている──という、しごくもっともな道理である。

みょうな言い方──にきこえるかもしれないが、エドガートンもダノも、これを言いたくて映画をつくった──わけである。

プロダクションから「ちょっと監督業やってみませんか、箔も付きますし」とか、誘われたわけじゃない。

本作もBoy Erasedも、コスナーのDances with Wolvesも、ショーンペンのIndian Runnerも、ずーっと昔から、その草案をじぶんのなかで温め、俳優になり、知名度をえて、業界を知り、資金もたまって、人材も集められた──だからつくった──わけである。

こけおどし&キャリアの箔付けだけで、じっさい言いたいことなんかなんにもない日本の「鬼才」とはちがう。

まったく当たり前のことだが、創作の動機には「いいたいこと」がなければならない。

その「言いたいこと」は、昨日思いついたやつ──じゃなく、昔っから、それこそ物心ついたときから「いつかわたしはこれを映画にしてやるぞ」という信念としてたずさえてきたもの──が望ましいのはとうぜんだ。

たとえば韓国映画のはちどりにはそんな長い長い想いがあった。

ずーっと考えていたこと。
なん十ねんものあいだ、お金や仲間や機材や名声や技量がなくて、つくれなかった「いいたいこと」。

まったく当たり前のことだが、その「言いたいこと」の存在こそ「作家」になる動機である。
日本にも映画監督(あるいはなんらかの作家)になりたがっているひとが多数いるだろうが、彼/彼女は「いいたいこと」をもっているだろうか?なんてね。

海外映画をほめるのに日本をdisる、いつもながらの牽強付会へ陥ってしまったので、以下は割愛するが、エドガートンのBoy ErasedやポールダノのWildlifeを見て感じたのは、まさにそこである。

また、優れた作家の「いいたいこと」には普遍がある。
このWlidlifeも、ゆたかな普遍性があった。

(普遍普遍と、気軽に普遍という言葉をつかっているので、じぶんがどういう意味で普遍を使っているのか、いちおうせつめいしておきたいが、
普遍とは、じぶんには起こりえないことであっても、そういうことはあってもおかしくないと思える現象をさしている。
さらに、じぶんとは違うひとであっても、そのひとの気持ちが、わからないわけではない人もさしている。
また、それらの現象や人に、じぶんの経験をつうじて、似たものや近親性をかんじることを、そうじて普遍と言っている。)

まるでトレイシーチャップマンのFast Carのように、貧しさと隣り合わせに生きている60年代の女性にとって、生活を経済的によくするために、身体をつかうことは、現代社会の不倫とイコールにならない。
わたしはジャネットにすこしも裏切りを感じなかった。かのじょは、ただたんに未来への不安を感じていただけだ。

しかしそれは、夫の激怒をまぬがれないし、なによりジョーの少年ゆえの心に影を落とすだろう。
だが、かれは、成長して、やがて大人たちの気持ちを知るかもしれない。
さいごに家族でポートレートを撮ったとき、すでにジョーには許容のけはいがあった。
あますぎでもなく、からすぎでもなく、哀しいけれど、なんとなくさわやかさもある映画だったと思う。それは、マリガン/ギレンホールもさることながらEd Oxenbouldの功績が大きかった。

そしてそんな人生を噛み分けたような普遍を2018年に34歳だったポールダノがもっていたことに圧倒された。日本の34歳はこれをつくれるだろうか?とか思った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.0子供に罪はない

ケイさん
2020年10月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ケイ

3.0まぁまぁ

2020年8月29日
iPhoneアプリから投稿

突拍子も無い展開は無いが、どんどん引き込まれる。良作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@
すべての映画レビューを見る(全46件)