ワイルドライフ

劇場公開日

ワイルドライフ
11%
65%
21%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「スイス・アーミー・マン」などの個性派俳優ポール・ダノが初メガホンを取り、「ドライヴ」のキャリー・マリガンと「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホールが夫婦役を演じた人間ドラマ。ダノが「ルビー・スパークス」で共演したパートナーのゾーイ・カザンと共同で脚本・製作も手がけ、ピュリッツァー賞作家リチャード・フォードの小説「Wildlife」を原作に、幸せな家庭が崩壊していく様子を14歳の息子の姿を通して描き出す。1960年代、モンタナ州の田舎町で暮らす少年ジョーは、仲の良い両親ジェリーとジャネットのもとで慎ましくも幸せな毎日を送っていた。ところがある日、ジェリーがゴルフ場の仕事を解雇され、山火事を食い止める危険な出稼ぎ仕事へと旅立ってしまう。残されたジャネットとジョーもそれぞれ仕事を見つけるが、生活が安定するはずもなく、優しかったジャネットは不安と孤独にさいなまれるようになっていく。

2018年製作/105分/PG12/アメリカ
原題:Wildlife
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5地味だが心にしみる佳作

2019年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

知的

ポール・ダノ、初監督作ながら演出の腕は確かだ。小説が原作だが、脚本を担当したのはダノの私生活でのパートナーでもあるゾーイ・カザン。彼女とダノと言えば、共演した「ルビー・スパークス」を思い出すが、やはりゾーイが脚本を書いた同作の主人公もナイーヴな青年で、こちら「ワイルドライフ」のジョー少年とも重なる。ダノもゾーイも好きなんだろうなあ、こういうキャラクター。

キャリー・マリガンとジェイク・ギレンホールの演技は悪くないが、新味に乏しい役柄だ。ジョー役のエド・オクセンボールドは、シャマランの「ヴィジット」ではお姉ちゃん役の子に押され気味だったけれど、今作では実質的な主人公と言ってもよいほど存在感があるし、ストーリーも彼の目線で語られる。気が滅入る要素が多いが、キービジュアルにもなっている家族写真のシーンがささやかな希望を残してくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
高森 郁哉

4.014歳のジョーの視点、家族というものを考えさせられる。

アルさん
2021年10月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

難しい

母ジャネットも、父ジェリーも、息子であるジョーに全てを語らない。その親としての表情、苛立ち、葛藤、男のプライド、女の性(さが)をジェイク・ギレンホールとキャリー・マリガンが素晴らしい演技で魅せてくれる。

物静かなジョー演じるエド・オクセンボールドがほぼ主演。少ない台詞の中、不思議な佇まいで思春期の少年を好演。絶妙な配役。両親の気持ちや立場を理解しながら、自らの気持ちを優しく伝えていく。何て良い子だ(涙)。

ジェリーの説明の無い選択も疑問だらけ、ジャネットの母としての行動も理解出来ず。だが、これは全てジョーの視点での話で、各々にその行動の理由と原因があるのだが、語らない。そこには親子の信頼があるからこそ、今まで注いできた愛情があるからこそで、その信頼関係に甘えている親の姿というのも自分に当てはめて考えさせられる。

独特なカメラワーク、心地良い間、何処か胸に染み入る演出。キャリー・マリガンの寂しげな笑顔、ジェイク・ギレンホールの思い詰めた表情、修復しきれない夫婦関係。色々な結末があり得る中で、ハッピーエンドを期待していただけに、選ばれてしまった結末が寂しい。だが、不思議と''ストン''と胸の中に落ちるラスト。万人受けはしないが、心に残る佳作。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アル

3.5いつもと違うキャリー・マリガン。とてもよい

カメさん
2021年9月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.5
若手のポール・ダノの初監督とは思えない脚本と内容。まるで熟練の監督が撮る様な、なんとも渋く繊細な内容だ。少年の目線で見る両親や大人達。小さな田舎町での一つの家族をとても丁寧に描いている。
とくに母親の描写がとてもリアルに描かれており、母の変化や、その変化を目の当たりにした息子の感情など、まるで実体験の様なリアルな演出だ。またその母を演じるキャリー・マリガンがとてもよい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カメ

3.5丁寧に観るべき良作

2021年4月25日
iPhoneアプリから投稿

予備知識なく暇つぶし程度に選んだ、実はそんなに期待していなかった作品だけど、丁寧に観ると、良さがよくわかる。
未熟な両親に翻弄される聡明な子ども、その一家の顛末がただただ辛い前半、唯一心を打つ写真屋の美しい言葉が、最後に効いてくる。余計な描写を加えず、すっきりとミニマルに、少年の心情を表現して終わらせるラストが絶妙で、観てよかった、と素直に思わせてくれました。
しかし、あれだけ被って、屈折しないで優等生の息子はミラクル!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ordinary Guy
すべての映画レビューを見る(全50件)