ワイルドライフ

劇場公開日

ワイルドライフ
15%
64%
19%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「スイス・アーミー・マン」などの個性派俳優ポール・ダノが初メガホンを取り、「ドライヴ」のキャリー・マリガンと「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホールが夫婦役を演じた人間ドラマ。ダノが「ルビー・スパークス」で共演したパートナーのゾーイ・カザンと共同で脚本・製作も手がけ、ピュリッツァー賞作家リチャード・フォードの小説「Wildlife」を原作に、幸せな家庭が崩壊していく様子を14歳の息子の姿を通して描き出す。1960年代、モンタナ州の田舎町で暮らす少年ジョーは、仲の良い両親ジェリーとジャネットのもとで慎ましくも幸せな毎日を送っていた。ところがある日、ジェリーがゴルフ場の仕事を解雇され、山火事を食い止める危険な出稼ぎ仕事へと旅立ってしまう。残されたジャネットとジョーもそれぞれ仕事を見つけるが、生活が安定するはずもなく、優しかったジャネットは不安と孤独にさいなまれるようになっていく。

2018年製作/105分/PG12/アメリカ
原題:Wildlife
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

映画レビュー

4.5地味だが心にしみる佳作

AuVisさん
2019年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

知的

ポール・ダノ、初監督作ながら演出の腕は確かだ。小説が原作だが、脚本を担当したのはダノの私生活でのパートナーでもあるゾーイ・カザン。彼女とダノと言えば、共演した「ルビー・スパークス」を思い出すが、やはりゾーイが脚本を書いた同作の主人公もナイーヴな青年で、こちら「ワイルドライフ」のジョー少年とも重なる。ダノもゾーイも好きなんだろうなあ、こういうキャラクター。

キャリー・マリガンとジェイク・ギレンホールの演技は悪くないが、新味に乏しい役柄だ。ジョー役のエド・オクセンボールドは、シャマランの「ヴィジット」ではお姉ちゃん役の子に押され気味だったけれど、今作では実質的な主人公と言ってもよいほど存在感があるし、ストーリーも彼の目線で語られる。気が滅入る要素が多いが、キービジュアルにもなっている家族写真のシーンがささやかな希望を残してくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis

3.5タイトルなし

2019年11月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

幸せ

悲しさ、勇気、応援感

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
のらぴあ

3.5人は、幸せな瞬間を永遠に残そうとするために写真を撮る。

栗太郎さん
2019年10月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

血が騒ぎ、家族を放り出す父。退屈を嫌い、富に憧れる母。彼らは本能のままに生きる野生動物(wildlife)ということ。wild lifeではなくて、wildlife。ともすれば、父親や母親に感情移入してしまいそうになるが、この映画の主人公はまぎれもなくジョーだ。つまり、僕までも、大切にしなければならないジョーを置き去りにしてしまいそうになっている。それがだらしない大人ってわけか。

ポスターに映る二人は、ジョーの両親のみ。当然、その間の椅子がジョーの場所だ。
正直、そのことをずっと忘れていた。観終えてこのフライヤーを手にし、ひと山もふた山もあった夫婦が見つめ合う画に目を落とした。この瞬間を残そうとするジョーの心情を想い、この二人がいたからジョーがこの世に存在したのだと確かめたとき、狂おしいほどに胸が苦しくなった。そうか、今うちの家族も、これと似たようなものだからだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎

3.5ハリボテ夫婦と息子のイニシエーション

だいずさん
2019年10月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
だいず
すべての映画レビューを見る(全39件)