脂肪の塊

劇場公開日:

脂肪の塊

解説

医学系の研究を続けるかたわらで自主映画を撮りはじめた異色の経歴を持ち、長編第1作の復讐劇「自由を手にするその日まで」が劇場公開された天野友二朗監督が、長編第2作として手がけたサスペンス。会社員として働く花子は連日連夜、青いバケツと真っ赤な血の出てくる悪夢にうなされていた。一体、この夢には何の意味があるのか、花子はレズビアンの恋人ユキに夢について相談する。一方、町では凶悪犯の野村が女性を対象に次々と殺人を繰り返し、カトリック信者の根岸は、自らの欲を満たすべく複数の女性にストーカー行為をしていた。やがて花子に目を付けた根岸は、彼女に驚くべき真実を突きつける。そうして花子の消せない過去がよみがえり、それぞれの人物が抱える闇と孤独が暴かれていく。

2017年製作/99分/日本
配給:T&Y FILMS
劇場公開日:2019年4月6日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5自分の既成概念をぶっ壊して天野監督ワールドを楽しもう!

2024年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

常人の発想では到底理解できない天野監督作品にハマってしまい、1日で監督作品すべて網羅してしまいました。

天野監督作品を見るうえでまず理解すべきことは、この世の常識やルール、普通こうなったら次はこうなるだろう、といった既成概念が全く通用しないということ。それを理解して楽しむのが天野作品の楽しみ方。

まず冒頭、住宅街で女性が後ろから男に近寄られてナタ包丁でぶっ叩かれる。
後ろから男が足音たてて近づいても全く気づかない女性。後ろからナタ包丁で思いっきりぶん殴られるのになぜか顔面を流れる血。首筋には全く血がついていない。
んで、どうやってか倒れた女性を部屋に連れてくるんだけど、男の服には一切血がついていない。
住宅街で、白昼堂々包丁持った男が女性を襲っても、だ〜れも見てないし通報もされない。

これこれ、これが天野ワールドですよ!
天野作品はポリ袋に入れた死体がよく出てくるけど、これを男も女もヒョイと持ち上げちゃうんだよね。
70kgの男性の死体だったとして片方35kgの死体入りポリ袋を簡単に運んじゃう。
血液だけで5kgぐらいあるらしいから差し引き65kgと考えても軽々持ち上げちゃう。そもそも天野作品の死体はいつまで経っても腐らず新鮮な血が滴ってる。
んでどうやってか知らずかこういうのをどうも白昼堂々運んだりするらしいのよね。
血みどろの人間が歩いてても、サバイバルナイフや包丁持った人間が歩いてても誰も通報しない優しい世界が天野ワールド。

さてオフィスの場面に切り替わり、それなりに広い職場と机の数なのに職員さんはたった6名。ミーティングを始めるも他に誰もいないオフィスで電話が鳴り響きキーボードを叩く音が聞こえ続ける怪現象が...。

主人公の女性、なぜか二日連続同じ服で出社。他の人は着替えてたけど。
この主人公の女性、ベッドで寝る方向が毎回変わるんだよね。
電話の持ち方も変わっちゃう。社会人ならたいてい左耳に当てるんだろうけどこの子は右耳にも当てちゃう。
あと、なぜか山積みにしたマシュマロをご丁寧に一晩中ライトに当てておいて朝になって食べる。カッピカピでっせ。

もう一人の重要人物のストーカー男性。なんかカソリック信徒らしいけどなぜか背中に「onan」の入れ墨が。オナンはイスラエルの血統を残すことを重んじたタマルに反して子を残すのを嫌がったから罰を受けて死んじゃった人だよ。たぶんそんなことは知らず聞きかじった知識と感覚で入れ墨彫っちゃったんだろうね。そもそもカソリック信徒が入れ墨彫るかいな?しかも旧約聖書の人物の名前でっせ。

で、どうもこの男性死体の入った袋を律儀に入れ替えてるのよね。
あとなんか自分で啓示じみたこと語りだして折る刃式の細いカッターナイフで自分のお腹刺すんだけど、わざわざ刃を全部出すのよ。刃を伸ばしたカッターナイフを思いっきり突き刺したらどうなるかわかってる???

このカッターナイフも天野監督のお気に入りらしくよく出てくるんだよねえ。
人肉切り刻んだり自殺に使ったり...。
少しでも料理したことがある人なら、あんなぐわんぐわんに曲がるカッターナイフを肉切る用途に使うなんて発想にはならんと思うけど。

天野監督作品の場合、他人の家にこっそり入るのはとても簡単で、本作でもストーカー男が喫茶店の女の子の家に入って明かりをつけて女の子の帰りを待ったりする。たぶん天野ワールドの住民はみんな鍵をかけないんだと思う。
帰ってきた女の子のは逃げもせずすぐ左には金属バットもあるのになぜかストーカー男の言いなりになって服を脱ぎ始める。
んで帰ってきた彼氏がかなり狭い部屋で片手で金属バットでストーカー男を思いっきり殴りつける。5回も。しかしストーカー男くんはちょっと痛がって少し血を流すくらいで元気。

襲われたら逃げないのも天野ワールドのお約束ですね。

このストーカー男くんが主人公に、自分がストーカーしているところを自分で撮影したBlu-rayを送りつけるんだけど、これがちゃんと画質やアングルにこだわった映像になってる。きっと自分がストーカーしてるところを撮影するためにいいカメラ買って三脚も用意したんだろうね。家帰って編集してBlu-rayなのにビデオ風の砂嵐のトランジション入れてね。健気だわ。しかも宅配業者装ってわざわざ自分で届ける律儀者。

死体埋めるのにちゃんとポリ袋に入れて民家だか集会所の庭にちょっとだけ穴掘って埋めたり、心配になって埋めたときと全く同じ格好で再び訪れたり。
落ち葉に寝っ転がって上を見上げると青々と葉が繁った木がうつったり、仰向けの人間の胸をナイフでぶっ刺したのになぜか顔が血だらけになったりと、もう我々の常識や既成概念を片っ端からぶっ壊してくれます。

しまいにゃ「これからどうすればいい」なんて言いながらすぐ横には蓋の開いたポリタンクが...。
液体がピンク色じゃなかったからたぶん灯油なんだろうけど、灯油の入ったポリタンクの蓋を開けて部屋に置いといたら部屋中臭くてたまらんよ〜。
そして恐らくとんでもない大惨事になるであろう結末へ...。

もう、ブレない天野監督ワールドをお腹いっぱい楽しませてもらいました。
ただ、本作に関してはミステリー部分もなかなか面白くて、常人では思いつかないサイコパスな天野ワールド+ミステリーで、天野監督の4作品中で最も面白かったと思います。

あとさすが天野監督作品、ご自身が作曲されてる音楽が毎度ながらホントきれいです。
あ、でも喫茶店ではなぜか音楽流れてないんだよねえ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
よんしん

主人公が不快

2023年12月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
石倉

1.5雰囲気グロサスペンス

2020年12月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

寝られる

 B級なら許せるような酷い点を。
背景の音楽が単調、かつ音量が大きくて雰囲気ぶち壊し。みんなセリフ棒読みすぎ、特にボソボソと喋っていて声が聞き取れないDV男や、声のトーンが発表会みたいなストーカー男がひどい。DV男の他の方々、立ち方や仕草・表情含め全然役っぽさがなかった。

 次に良い点を。
画面の色というか、パッケージもそうなんですが、雰囲気がホラーサスペンスっぽくて騙されました。部屋の色や女性の服など柄物が多く、画面も暗いのに、なぜただ赤い血が引き立つのか全くわからない。感心しました。
ストーリーの題材っていうんですかね、掴みの部分?は面白い。カルト信者やDV男、謎のポリバケツの夢って興味惹かれる単語の割に、演技任せでセリフあまりないので、説明する人や会話シーンが多めにあったら何か変わったかもしれないと思えるくらいはよかったと思います。

 普段洋画ホラーを見ている自分個人からすると、ゲームの周回、爪を切る等の手先を使う作業しながら、垂れ流して見る分にはちょうどいいかな〜と思う映画です。
 誰かと見たり、しっかり一人で見る分には向いてないので低評価。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
吉野

4.5見返したくなる良作。挑んでるのが良い。

2019年6月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

ずしんと暗くて重い作風だがこういう路線の映画がもっと欲しい。難解なものの、説明し過ぎないのが良く、ちゃんと作品のカラーというか個性があって好感だった。
超少数スタッフの自主映画と思えないクオリティに素直に感動。

題材的には過激なタブーにフォーカスしてるから、アンチも出てくるだろうけど、まずはそういう題材に挑戦しなきゃ始まらない。
叩かれも誉められもしない量産型の無個性な自主映画は飽きてたので好感。
自主映画で、挑んでいる姿勢に好感が持てた。

クオリティを崩さず、役者や監督の個性も出てて見応えあり。
品格ある美しい映像と、女性の美しさ、純愛に見入ってた。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
MOVING
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る