タンタンと私

劇場公開日

  • 予告編を見る
タンタンと私
0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スティーブン・スピルバーグも映画化したことで知られ、世界中で愛される漫画「タンタンの冒険旅行」の生みの親であるベルギーの漫画家、エルジェが、いかにしてタンタンを生み出していったかに迫ったドキュメンタリー。エルジェ本人が語りすぎたために30年以上公開されていなかったインタビュー音源を中心に、タンタンを描くエルジェの姿やさまざまなニュース映像、エルジェを知る関係者たちのインタビューを収録している。

2003年製作/75分/デンマーク・ベルギー・フランス・スイス・スウェーデン合作
原題:Tintin et Moi
配給:アップリンク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)HERGE/MOULINSART2011 (C)2011 Angel Production, Moulinsart

映画レビュー

4.0タンタンの作者エルジェの内面をも解き明かす興味深いドキュメンタリー映画だ。

aotokageさん
2012年2月18日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幸せ

スピルバーグ監督の下、フルCG映画化されたばかりの人気コミックのタンタン。
イラストでは見たことはあったものの漫画は読んだことはなかった。日本ではポップアートとしての評価も高く、漫画家の江口寿史さんなどが影響を受けたという。
この映画で知ったのは、ベルギー人の作者エルジェはヨーロッパなどでは度々テレビに出たり私生活も注目される、日本での手塚治虫氏のような巨匠だったということ。そして、タンタンが生まれたのは、なんと1929年。手塚治虫氏よりも早く、日本では「のらくろ」あたりと同じ時代だったということ。
今見ても全く古さを感じさせないポップでカラフルな絵柄。コマ割りこそ日本漫画のような奇抜さがないものの、1コマの中にストップモーションのような動きを描き込むなど映画的な工夫もされ、後の漫画家たちに大きな影響を与えたという。さらに自らはアイデアを出し、スタッフを使って漫画を作るのを分業化するスタジオ形式もいち早く取り入れていたすごい人だった。

この映画は、オステルガルド監督が入手したあるカセットテープを素材に作られた。エルジェが気まぐれで応じた学生とのインタビューテープ、プライベートなこと心の内面など、後になって喋りすぎたと30年間封印されていたものだった。
少年探偵タンタンのキャラは、ボーイスカウト活動をしていたエルジェの理想像として描かれたが、作者が年をとるとともに飲んだくれだがタンタンのよき理解者である中年男ハボック船長の方に自身を投影していったという。
長年理想の夫婦像に呪縛されていたこと、秘書の若い女性との不倫(後に妻と離婚し再婚)などカトリック信仰の厚かったエルジェの苦悩も明かされる。
タンタンの作者エルジェの内面をも解き明かす興味深いドキュメンタリー映画だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aotokage
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る