ペガサス 飛馳人生

劇場公開日:

解説

カーレースの世界で繰り広げられる男たちのプライドをかけた戦いを描き、中国で大ヒットを記録したカーアクション。かつてトップレーサーとして一世を風靡したチャン・チーは、5年間の出場禁止を経て復帰を果たすことに。若き天才レーサーのリン・ジェントンに挑戦するため、ナビゲーターのソン・ユーチャンやメカニックのジ・シンらかつてのチームスタッフを呼び戻すが……。中国映画界のトップスター、シェン・トンが主演を務める。監督は高校在学中に執筆したデビュー小説がベストセラーとなり、カーレーサーとしても活躍するハン・ハン。

2019年製作/98分/G/中国
原題:飛馳人生 Pegasus
配給:シネメディア

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)Shanghai Tingdong Film Co., Ltd.

映画レビュー

3.5大切なのは決してあきらめないこと。その情熱に思わず胸掴まれる

2019年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

とても不思議な魅力を持つ快作だ。まずもって全編にわたってカーレースが展開するのかと思いきや、その予想は気持ち良く覆された。というのも、これはかつて第一線で活躍するレーサーだった男が、とある事件で資格を剥奪され、5年ぶりに復帰を果たそうと奮起する映画なのだ。

つまり、彼に必要なのはレースのスタート地点に立つまでの過程をなんとか走りきることであり、それはレース用の車の調達だったり、整備師やナビゲーターを始めとするスタッフの配備だったり、資金を確保することだったりする。かつて手にしていて失ったこれらすべてを一つ一つ拾い集めることで、彼はもう一度スタート地点に立てるのだ。

終盤のレースシーンにも増して、この人間模様をコミカルに、魅力的に描き切るところに本作の心意気を見た。愛する息子や仲間たちと共に難題を一つ一つ乗り越えていく主演のシェン・トンにも、コミカルさと共に沸々と起こる熱い情熱を感じた。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

3.0中国で大ヒットした映画らしい。 主観だが、沈腾は次長課長河本準一ぽい。 黄景瑜は竹内涼真ぽい。 正規のカーレース以外に出場した沈腾は5年間の出場停止となった。

2022年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

興奮

動画配信で映画「ペガサス 飛馳人生」を見た。

劇場公開日 2019年5月3日

2019年製作/98分/G/中国
原題:飛馳人生 Pegasus
配給:シネメディア

沈腾
黄景瑜
尹正
馮紹峰
何穗
赵文瑄

中国で大ヒットした映画らしい。
主観だが、沈腾は次長課長河本準一ぽい。
黄景瑜は竹内涼真ぽい。

正規のカーレース以外に出場した沈腾は5年間の出場停止となった。

5年後、免許証がなくなり、所属チームも無くなった沈腾は再起を目指す。

上映時間の3分の2は、5分に1回ペースのお笑いの要素。
終盤の3分の1はラリーレースのシーンとなる。

免許の取得、金策、マシンの調達、レースまでにいくつものハードルとアクシデントを乗り越えた沈腾はこの勝負に勝てるのか?

レースのシーンはなかなかすごい。

満足度は5点満点で3点☆☆☆です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ドン・チャック

5.0中国映画特有の謎展開はないですが、この分野(カーレース)について詳しくないと…

yukispicaさん
2022年8月13日
PCから投稿

今年238本目(合計514本目/今月(2022年8月度)14本目)。
シネマートでは月1回(土曜日)中国映画祭りがあり、その一環でみにいきました。

そもそも劇場公開版が3年も前ということもあって、今と比べると技術は落ちます。ただ、中国映画によくありがちな「謎の展開」や「検閲を受けたであろう謎のカット」は存在せず(タイトルに書いた通り、カーレースをテーマにした映画)、その点では「わかりやすさ」はトップに来るかな、と思います。

ただそのことは逆に言えば、中国映画が得意とするカンフー映画等では「ない」こと、さらに「カーレース」という分野がやや特殊な映画(2022年だと、アライブフーンだったか、それがたしか似ている雰囲気)であることを理解しない、一部の理解度が落ちてしまいます。とはいえ、字幕が丁寧なことと、本質論で「カーレースのルールそのものを前提にしていない」ということ、さらに「中国映画のテンプレであるカンフー映画等、よくありがちな映画」では「ない」映画を見ることができた点に意義が大きかったと思います。

…といってもやはり3年前とはいえ、別に「中国共産党の「共」の字1つも出てこないのに「放映許可番号」とか出てくるあたり、そういう国なんでしょうね…(何がなんでも全部チェックされるらしい)。

もともと単発的に公開されたもので継続的に見られることを想定していないので、参考知識など書きにくいです(書いてもいいですが、誰も読まない)。まぁしいて言えば、アマプラ等でレンタル(アマプラ会員なら無料で見られることを確認済み)ができるので、その観点でいうと、いわゆる「カーレース」に関すること一般は知っておくとよいかな、と思います(細かいルールそれらは求められない)。

減点対象に関しては特に見出しえなかったのでフルスコアにしています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yukispica

2.0ペガサス?

odeonzaさん
2022年5月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る