ミス・リベンジ

解説

テレビドラマ「ジェーン・ザ・ヴァージン」のジーナ・ロドリゲスが主演を務め、メキシコ麻薬戦争の闇に挑む女性の壮絶な復讐劇を描いたサスペンスアクション。2011年のメキシコ映画「MISS BALA 銃弾」を、「トワイライト 初恋」のキャサリン・ハードウィック監督がリメイクした。グロリアは親友のスズに会うためメキシコを訪れるが、クラブ襲撃事件に巻き込まれスズが行方不明になってしまう。自身も麻薬組織に拉致されたグロリアは、彼らの仕事を手伝わされることに。監視を振りきって何とか逃げ出すグロリアだったが、今度は麻薬取締局に利用され……。共演に「アベンジャーズ」シリーズのアンソニー・マッキー。

2019年製作/104分/アメリカ
原題:Miss Bala

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

1.5脚本、設定がゴミ

2022年10月20日
Androidアプリから投稿

脚本と設定にムリありすぎー
最後にどんでん返し感だすけど、脚本雑すぎー

コメントする (0件)
共感した! 0件)
おまめ

3.5踏んだり蹴ったりのグロリア

2020年8月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 クラブのトイレで怪しげな男たちに遭遇→クラブ銃撃事件→警察に保護→実は組織の仲間→組織に拉致→逃げ出すもDEAの捜査に協力→運び屋をやらされる・・・という二日間で相当ハードな目に遭ってしまうグロリア。親友のスズを助けたい一心だったが、やがてスズの弟まで人質に取られ・・・

 メキシコからアメリカへの国境越えは厳しいのに、逆に戻るときはスムーズ。いや、銃をいっぱい積んでますから!捕まえてよ!ってなくらいで、利用されっぱなしのグロリア。麻薬組織のリーダー、リノは「高校時代の彼女に似ている」という理由だけで殺されずに済んだグロリア。ライフルの練習までさせられるし、相当お気に入りだった雰囲気。

 最も「やっちまった」感があったのは、スパイ容疑を逃れるために携帯に仕掛けられたチップを誰かの携帯に入れ替えたところか。やると思った・・・可哀そう。

 ミスコンのシーンも多く、これが邦題へと繋がっている。敵対するグループの方が警察とつるんでいるからもっと悪だろうと思わされていたのに結局は・・・といった展開が見事だ。事件の発生は『ランボー ラスト・ブラッド』と似たようなシチュエーションだけど、こっちの方が好き。結末もアベンジャーズのアンソニー・マッキーが登場して、サミュエルの真似みたいなことするのが笑える。続編あるのかも・・・ちなみにBALAとはスペイン語で「弾丸」のこと。

コメントする 1件)
共感した! 1件)
kossy

1.5ツイテない女グロリア

2020年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

親友のスズへ会いにメキシコに来たアメリカ人グロリア。
警察署長もくる様なクラブに2人で遊びに行き、クラブは謎の組織の襲撃に遭う。
アメリカ人だと言う事でクラブにて一度は見逃して貰ったが、翌朝警察官にチクった所そいつは謎の組織とグルで拉致されて、親友スズの為に何故か組織に利用され、、、。

序盤から「何故この組織は彼女に拘るのだろうか?さっさと彼女を殺しちゃえばいいのに、、、」と思ってしまうと映画視聴終了です💦

グロリアに犯罪の片棒を担がせる犯人達。
犯人達から逃げてまた違う人間に拉致されたと思ったら、今度はDEA(アメリカ麻薬取締局)の人間。
組織犯罪者扱いし、こちらもグロリアを利用する。

メキシコという土地柄やアメリカとの関係を利用した中々面白そうな設定であるものの、主人公を軸とする物語内容が大した面白くも無く。
もう少し「組織のボスに恋をした」ぐらいあっても良いのでは?
日本用タイトルを「リベンジ」にした理由もいささか不明。

最後に思う事は「グロリアに関わる者は男女問わず不幸になる。」
そう思った。

一応 SONY コロンビア・ピクチャー映画です💦

コメントする 1件)
共感した! 1件)
巫女雷男
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る