劇場公開日 2020年8月14日

  • 予告編を見る

赤い闇 スターリンの冷たい大地でのレビュー・感想・評価

3.450
13%
47%
32%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全50件中、1~20件目を表示

2.5恐ろしい国…

ケイさん
2021年7月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
ケイ

4.0史実の重さと、カタルシスの大切さ

よしさん
2021年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第二次大戦前のソ連の惨状を目の当たりにする外交補佐官の物語。

史実を基に創られた映画のようです。
重たく残酷な歴史を、しっかりとした演出で再現したドラマです。

ウクライナの描写が秀逸です。絢爛煌びやかなモスクワ。それに対して、ウクライナは一転してモノトーン。降り積もる雪、荒廃した家屋、生気を失った顔・・・汽車の中で唯一色彩を宿した蜜柑のオレンジ色が印象的です。
そして、幼い姉弟・・・実際に起こり得るような状況だったのでしょうね。

現地女性記者とのロマンス、尊敬する敏腕記者との関係、これらのサイドストーリーもしかっりとして好感が持てます。

非情に完成度の高い作品だと思いますが、映画としてみると、カタルシスを感じることが出来ないのが残念。史実なので仕方がないのですが、モヤモヤな気持ちが残ってしまいました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.5巨大な力には勝てないのか😣

2021年5月16日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
アンディぴっと

3.0メディアの汚点

2021年5月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1933年、世界恐慌のさなか、ソ連は好景気を謳っていた。
イギリスの記者が取材のためモスクワに乗り込み、当局の目を盗んで、ウクライナに忍び込み、恐ろしい真実を目の当たりにする。
ロンドンに帰って発表するが、これを事実無根と否定したのが、モスクワ在住のピュリッツァー賞受賞者だった。
メディアを鵜呑みにしないことが大切。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

3.5ソ連なら何でもあり。

Aprilさん
2021年5月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

いまだに毒殺とかしているんだから、全く驚かない事実。
あの国で言論の自由なんか、ありえない。
それに立ち向かうジャーナリストは、本当に命を懸けている。
自分では絶対に出来ないと改めて思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
April

4.5何回か見んとわからんわ〜

2021年1月29日
iPhoneアプリから投稿

ソ連、恐ろしや〜。現代において本質的には変わってないような気がします。何処ぞの国も?いい方向に向かうことを願います。これが本当なら!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
おっさん

4.0真のジャーナリストのあるべき姿。

ks skyさん
2020年12月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

「飢えと寒さが家の中を満たしている。隣人は正気を失い、ついに自分の子供を食べた」こんな歌を子どもが歌う地獄。
何時も酷い目に遭うのは名も無きものばかり。
ただこの物語のヒーローはその名も無き記者であった。
決して政権の太鼓持ちでも、自身の虚栄心を満たすだけの『新聞記者』でもない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ks sky

3.5ポーランド・イギリス・ウクライナ合作なのが頷ける内容でした。実話を...

2020年11月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ポーランド・イギリス・ウクライナ合作なのが頷ける内容でした。実話をもとにしているとは・・
全体的に暗めで地味でしたが、ジェームズ・ノートンとバネッサー・カービーの好演と、ピーター・サースガードの🍑にビックリ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ワイルドとみまる

3.5スターリン政権下の内幕映画は珍しい

2020年11月15日
iPhoneアプリから投稿

第二次世界大戦前後の時代は本当に映画化されるネタが無尽蔵。ついに旧ソ連時代のスターリン政権のことが映画で観れると思ってたら、スターリンは出てこない。
でも、その残酷非道ぶりは凄まじかったことを窺わせる内容だった。

ナチスに絡む映画は映画の歴史が始まって以来山ほど世に出続けている。そもそもなぜナチスばかり?やっぱり戦後にドイツが民主化されて徹底的に悲惨な過去を反省したからかな。ナチスの悲惨な歴史を映画にすることはドイツではほとんど誰も否定しないからかな。それもあるかもしれないけど、本質的にはユダヤ人がエンタメ界で活躍していることの方が大きい。ナチス絡みの映画は本当に物凄い数があって一大ジャンルにまとめられるくらいの規模だと思う。

それに比べて、旧ソ連、旧大日本帝国などのやばい時代のやばい政権のやばい出来事はネタが数え切れないほどあるはずだが…

ドイツが自国で映画にしないのであれば、他国が映画にするという流れがナチスに関連する映画にはある。そこが大きく違う。ドイツやドイツに迫害された国のたくさんのユダヤ人がいろんな国に亡命して、その子孫が映画監督や映画業界の重役になるという流れができた。とくに移民の国アメリカ。スピルバーグやポランスキー。ポランスキーはその後ある事件でアメリカから出てますが。バーホーベンはアメリカでSFのナチ映画を撮り、コケてヨーロッパに帰り、またナチ映画撮りました。タランティーノも撮りました。あの人もこの人も。

ディアスポラの歴史とユダヤ教という世界宗教をもったユダヤ人は世界中に相互扶助のネットワークをもっているから、ユダヤ人迫害の風潮が盛り上がるようなことがあれば、ある程度裕福な人たちは他国へ逃げる場所があったかもしれない。そうした人たちが、エンタメ界で活躍したからナチやその時代は映画の定番ネタになった。

一方、スターリン政権下のロシア人やウクライナ人は、ユダヤ人のように自分たちの国をもたず(当時は)、いろんな国に亡命するのは当たり前なのと違って、生まれ育った土地を離れる気持ちもお金もないし行く先もない。自国で生き延びるのに精一杯だったと思う。

自国で生き残ってその子孫がエンタメ界で活躍するようになったとしても、あの時代と今が地続きのままだから到底スターリン時代がネタにされて映画にされる機会は少なくなる。だからこの作品のようにイギリス人ジャーナリストの目線という立て付けでしか映画にできないのかもしれない。そもそもロシア映画はまともに日本に輸入されてこないので本当のところはわからないが…

そして、日本はというと、民主化されてもドイツのようにあの時代をネタにした映画はなかなか作られない。自国の悲惨な恥の歴史をわざわざ映画にする必要性を感じないからだろうか?そもそもあの時代のことがどれだけ広く一般的に反省され知られているのか?ドイツやオーストリアなどに住み、ナチスドイツに迫害されたユダヤ人は、ドイツやオーストリアを自国だという意識はなく、冷静に徹底してドイツやオーストリアの犯した戦争犯罪を批判できたと思うし、だからこそたくさん映画が作られるようになったと思うが、それが日本人やロシア人やウクライナ人にはそれができなかったということが、その時代の映画がほとんど作られない大きな理由だと思う。

エンタメの根源にあるのは、怖いもの観たさであるからこれはまだまだ本当はやれるはず。『スパイの妻』まだ観てないけど、意識してあの時代をたくさん映画にしてほしいと願うばかりだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
屠殺100%

3.5大飢饉

2020年10月8日
PCから投稿

独裁政治になると、ほぼ必ず大飢饉があるのね。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Oyster Boy

5.0歴史の暗部に光を当てた作品

2020年10月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
男爵プリン

4.0もう少し

2020年10月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

史実だという。主人公の暴く事実は残酷だが、何故住民達はあれほどの事態になってもスターリン政権に従ったのか、に迫り切れておらず、もう少し突っ込んで欲しかったところ。
そうすれば最悪の政権に唯々諾々と従う現在の日本の状況を理解するための助けにもなったというもの。
あと、列車での移動時のみに当時する謎のアバンギャルド演出はなんだったのか…?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぱんちょ

3.5今も変わらない話

Masuzohさん
2020年9月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Masuzoh

3.0全体的に暗く重い

2020年9月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

第二次世界大戦前夜のヨーロッパとソ連。それは暗くなるね。記者の皆さんも重い空気の中動きづらいのによくぞ行きましたというべきか。
闇と冷たい大地、その通りです。
バネッサ観れて良かったです♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
タイガー力石

3.0勇気ある主人公の行動は世の中にどのような影響をもたらしたんだろうか。

お抹茶さん
2020年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ウクライナにおける人為的な飢餓の事実を世に公表した勇気ある主人公の行動は、どのような影響を世の中にもたらしたんだろうかと、映画終了後に思った。
スターリンが統治方針を変更するわけないし、旧ソ連以外の国からは内政問題と片付けられただけじゃないのかなと思ったりする。

結局のところ、ジョージオーウェルの物語のきっかけになったに過ぎないとしたら、それは悲しいこと。
そして、飢饉の惨禍を隠蔽したピュリッツァー賞受賞記者が名誉を剥奪されることがないのも恥ずべきこと。

ちなみに、冒頭の豚の描写はジョージオーウェルの「動物農場」からだろうけど、この人についてうまく説明されていないから、知らないとナニコレ?となる。

主人公も最後は〇〇されちゃうし、後味はあまりよくない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お抹茶

2.0偽りの繁栄

隣組さん
2020年9月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

旧ソ連の偽りの繁栄を暴こうと勇敢に立ち向かうジャーナリストの真実の物語。全体的にメリハリが無くインパクトに欠ける印象。飢餓に苦しむ人々の苦難や現状をもっと詳しく知りたかった。題材は良いだけに不満の残る内容でした。
2020-168

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
隣組

4.5本当は ウ・ク・ラ・イ・ナ に行っちゃイヤ 💋

2020年9月21日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
カールⅢ世

3.0ウクライナは未だに世界最貧困

2020年9月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

2020年時点の中国共産党も、負けず劣らずだけどね。てのは置いといて。

結局、新聞報道ではウクライナを救えませんでしたし、ウィグルに対する弾圧を止められない現代社会、ってのもあります。つまりは。国境をまたげば報道も無力。共産党の独裁国家内で進行する悪を止める事は出来ない。

それでも声を上げ続ける事がジャーナリズム。

映画としては多少肩透かし感はあります。ソビエトの事ばかりで、世界情勢・欧州情勢に触れてませんからね。そこは不満でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
bloodtrail

4.5ホロドモール

2020年9月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アストロボート

3.0もっと深掘りしてほしかった。

2020年9月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

スターリン時代のウクライナ穀倉地帯での大飢餓をフリーランス記者が潜入し真相を突き止めるが表面化するまで当局からの脅迫に屈せず生き延びたのは奇跡としか言いようがない。当局は彼を泳がしたのか?独裁下ではなくても今も世論操作は存在する。真実は永遠に闇の中だろう。ナチス、スターリン、現人神を頂いた帝国の闇は時代や国を越境して現実に存在している。映画そのものはやや単調で、もっと深掘りしてほしかった。ウクライナでは作物をモスクワに搾取され農民は樹皮や人肉を食べる。子供たちの絶望歌が挿入されていたのは映画を締めた。希望は一つもない。ジョージ・オーウェルの《動物農場》との接点を初めて知りルポが無駄ではなく役に立ったことは救われる。満州潜入が失敗に終わったのは残念無念。旧大日本帝国の新たな事実が掘り起こされたかも知れないのに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Bon voyage
「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」の作品トップへ