おいしい家族

劇場公開日

おいしい家族
22%
48%
23%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画監督のほか小説家としても活躍する新鋭ふくだももこ監督が、かつて自身が手がけた短編映画「父の結婚」を長編化。妻を亡くした父親が再婚するまでの親子の日々を描いた原作短編映画から、舞台を離島に移し、エピソードやキャラクターを追加して家族の絆とそれに向き合う主人公の心境をより深く描き出した。銀座のコスメショップで働く橙花は、母の三回忌に実家のある離島へ帰るが、そこでなぜか父・青治が母の服を着て生活している姿を目撃する。驚く娘を意に介さず、青治は「この人と家族になる」と居候の男性・和生を紹介する。テレビドラマ版「この世界の片隅に」やauのCMなどで注目を集める松本穂香が主人公の橙花に扮し、長編映画で初主演を飾った。父・青治役は原作短編映画でも同じ役どころを演じた板尾創路、青治のパートナーでお調子者の居候・和生を「在日ファンク」のボーカルで個性派俳優としても活躍する浜野謙太が演じる。

2019年製作/95分/G/日本
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2019「おいしい家族」製作委員会

映画レビュー

4.5これから楽しみな才能

ローチさん
2019年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

20代のふくだももこ監督はとても才能豊かな人だと思う。この映画の豊かな詩情とユーモアがそれを証明している。人間関係に対する感性が自由で新しい。父は母が亡くなった後、女装をするようになる。しかし、父にトランスジェンダー願望はない。男性と再婚するが、同性者というわけでもない。異性愛、同性愛、女装癖、トランスジェンダー、どこにも属さないような浮遊感のある存在として父が描かれている。そんな父は役割のとしての妻を引き受けている。妻や主婦という概念をジェンダーでなく役割と捉え直しているのが面白い。LGBTという言葉が定着したが、定着したことによってそこには新しい固定観念が生まれた。クィアは元々性的少数者を指す言葉だが、概念的には「規範から外れる」という意味合いだったのではないか。その意味で本作は新しい規範からもクィア的に立ち振舞い、自由であろうとしているように感じられた。これからが楽しみな監督だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ローチ

4.0短編映画から長編映画化の幸福な成功例

AuVisさん
2019年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

幸せ

板尾創路が同じ父親役を演じたふくだももこ監督の短編「父の結婚」が、商業映画の製作体制を得て日活配給で実現したのが本作。元の短編も配信サイトで視聴したが、板尾は本作と変わらぬ役作りで中性感を醸し出し、ソニンのふてくされた雰囲気もいい。冨永昌敬監督作で撮影を多数務めた月永雄太が、流れるようなカメラワークで作品の洗練に貢献している。

さて、長編化にあたり大筋は変わらないが、舞台を離島に変更したのが大きなポイント。現実の常識や偏見とはかけ離れた、多様性を優しく受け入れる理想のコミュニティーにぴったりの、美しい海に囲まれたロケーションが活きた。モトーラ世理奈と三河悠冴が演じる若者2人のエピソードも新たに追加され、2人に関わることで主人公の心情の変化に説得力が増した。原作の魅力の肝をきちんと残しつつ、追加した要素でテーマをより効果的に伝える。長編化の理想的な成功例だと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis

2.0全然、ココロに入って来ない。

2019年10月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

令和のサザエさん。的な。新しい形の、というか、非定型のファミリードラマが撮りたかったのかなぁ、なんて事を思いましたが。全くココロに響かんのですよ。俺みたいな爺さんの心には。いや、爺さんなのはココロだけです。

もう至る所で感じる「実体の無さ」は、個々のエピソードが「スカ」だからかなぁと。誰もが評論家口調でアレヤコレヤを語り、回想し、論述し、かなり理解不能な行動を起こします。

この物語の舞台が東京や大阪の下町だったら。コッテコテのベッタベタに、間違いなくなるけれど、そっちの方が判りやすいかもしれない。何よりも、お父さんが風林火山の「山」過ぎて。全てを受け容れる包容力は「山」である必要ないし、人間臭さを演じられる役者さんを起用してるんだから、喜怒哀楽の「喜」も欲しかったかなと。色んなぶっ込みに、浅さしか感じられなくて、かなり辛かった。愛の定義。家族の定義。の話の流れと「結婚」の繋がりに合理性を欠くのは許容範囲としても、「角隠し姿」の必然性については抵抗感を拭い去れなかった。

ホロリ場面や、この家族への愛おしさを感じる場面はあったけど、流れないよなぇ、刺さらないよなぁ、と思いながら劇場を後にしました。撮りたいものは分るけど、商業作品としての「一本の完成度」って言う点では、かなり物足りませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bloodtrail

3.0血や固有の役割を越えた繋がりへ。

ゆめさん
2019年10月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆめ
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る