劇場公開日 2019年9月20日

  • 予告編を見る

おいしい家族のレビュー・感想・評価

3.451
18%
44%
27%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全51件中、1~20件目を表示

4.5これから楽しみな才能

2019年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

20代のふくだももこ監督はとても才能豊かな人だと思う。この映画の豊かな詩情とユーモアがそれを証明している。人間関係に対する感性が自由で新しい。父は母が亡くなった後、女装をするようになる。しかし、父にトランスジェンダー願望はない。男性と再婚するが、同性者というわけでもない。異性愛、同性愛、女装癖、トランスジェンダー、どこにも属さないような浮遊感のある存在として父が描かれている。そんな父は役割のとしての妻を引き受けている。妻や主婦という概念をジェンダーでなく役割と捉え直しているのが面白い。LGBTという言葉が定着したが、定着したことによってそこには新しい固定観念が生まれた。クィアは元々性的少数者を指す言葉だが、概念的には「規範から外れる」という意味合いだったのではないか。その意味で本作は新しい規範からもクィア的に立ち振舞い、自由であろうとしているように感じられた。これからが楽しみな監督だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
杉本穂高

4.0短編映画から長編映画化の幸福な成功例

2019年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

幸せ

板尾創路が同じ父親役を演じたふくだももこ監督の短編「父の結婚」が、商業映画の製作体制を得て日活配給で実現したのが本作。元の短編も配信サイトで視聴したが、板尾は本作と変わらぬ役作りで中性感を醸し出し、ソニンのふてくされた雰囲気もいい。冨永昌敬監督作で撮影を多数務めた月永雄太が、流れるようなカメラワークで作品の洗練に貢献している。

さて、長編化にあたり大筋は変わらないが、舞台を離島に変更したのが大きなポイント。現実の常識や偏見とはかけ離れた、多様性を優しく受け入れる理想のコミュニティーにぴったりの、美しい海に囲まれたロケーションが活きた。モトーラ世理奈と三河悠冴が演じる若者2人のエピソードも新たに追加され、2人に関わることで主人公の心情の変化に説得力が増した。原作の魅力の肝をきちんと残しつつ、追加した要素でテーマをより効果的に伝える。長編化の理想的な成功例だと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
高森 郁哉

0.5青い

津次郎さん
2021年5月31日
PCから投稿

(このレビューには偏見や憶測があり、公正ではありません)
若書きというものがある。
きょうび、なろう系とも言う。
この国、映画では、なろう系でも、世に出られる。
これは皮肉というより、アーティストで生きたい人向けの朗報です。
映画なら交遊パイプと強い心臓さえあれば生けます──という話。

日本の映像作品で、多様性=ダイバーシティを表現するばあい、その傍らにかならずIKKOみたいな感じの「ゲイアイコン」と、白人or黒人or希少性の高い国籍の「外国人アイコン」を置くのが定石。

業界にはいろいろな人がいる=多様である──それゆえ主人公まわりに、外国人や同性愛者をちりばめるのが、映画・ドラマの常套手段になっている。わけ。
とうぜんながら、これは監督ご自身の箔をつける意図も備えている。
彼or彼女は、作品をつうじて、グローバルでございますと言いたい。という話。

なぜこれが、業界人の常套手段になっちゃっているのかといえば、日本には事実上多様性=ダイバーシティがないから。

わたしは地方に住んでいるので、職場に外国人がいなければ、外国人にまみえるのは、コンビニのレジくらいしかない。

いや、げんじつには日本には多数の外国人が学んだり働いたりしているが、じっさいわたし/あなたと交流している外国人はいますか?
そもそもわたし/あなたはエーゴが話せますか?

一概には言えないが、この国にいる外国人は一時滞在者の割合が大きく、日本人とは親睦せず、コミュニティをつくってまとまっている。
LGBTならば風潮としてそれを明かさない。
基本的に、日本は、アメリカの映画にあるような外国人あるいはLGBTとの、日常的な混交がない国です。
いいもわるいもなく、それは情勢であり民族性であり態度です。

人種のるつぼ=さまざまな国籍のひとたちが同列に暮らしている国とは違う。比較にならない。比較する必要もない。

ところが、日本のクリエイターは、じぶんが井の中の蛙であることを、認めたがらない。それどころか、ウソであっても「めちゃめちゃ色んな人とつきあってきたし、色んなけいけんだってしてきたんだぞ」と言いたい。その稚気があらわれるのがザ日本映画。
基本的に、平和な国で、平凡に生きてきたことを、認めないぞと決意した(平凡な)人々が集まってくる業界。だと思う。

わたしは何十年もの長きにわたって、そのテのなろう系な、青くさい若書きを「日本映画に新しい才能あらわる」という鳴り物入りの見出しにおいて、見せられてきた──わけである。と言い続けて30年である。
「新しい才能」と称され、生き残った者はいただろうか。70年経っても、日本映画と言えば黒澤と小津──である。

父親役俳優は不倫もあったが、わいせつで文春砲もあった人。それはいいとして、画として、キモカワイイ感じの「ほのぼの」を申し立てている気配だったが、ふつうにきもちわるかった。俳優さんにはなんの罪もないが浜野謙太くんと女装した板尾創路のカップルに癒やされますか?

サムザナ役にスリランカ人のモデルを使い、国籍不明なダリア役にモトーラ世理奈を使っている。まずは常套。モトーラ世理奈はキャスティングするだけでセンスがいいという(実体のない)下馬評がついてしまう役得なたんなる素人。

監督は21世紀の女の子(2019)というオムニバス映画の参加者でもあるが、センスは昭和。21世紀の女の子に描かれていたのはいずれもブルセラ時代の少女、あるいは積み木くずしの高部知子、おさな妻の関根恵子、桃尻娘の竹田かほり、ピンクのカーテンの美保純・・・あたりだった。
ゆえにタイトルはアナクロニズムの女の子とつけるべきだったが、21世紀の女の子とは、笑いを取りに行ったわけじゃない。そこで10分未満の若書きを披露した15人の新進女性映画監督はかんぜんな真剣度で21世紀を標榜していた。
要するに、誰もがいっさい自分に気づいていないという話。他者の映画も、観衆もいない、誰もいないパラレルワールドで映画をつくっている人たち。のひとり。

都市や仕事や婚活に疲れて帰郷してみたら、父親が女装して母になっていたことに加え、シュアハウス風の家庭内が、和気あいあいとした雰囲気で、癒やされたという、手垢まみれの異種間交情の映画。
が、げんじつに女性の心をもった里親との実体験がないならば、茶番だと思います。彼らが本気で編むときは、と同じ、エセLGBT映画です。

なぜなら監督はクリエイティブスタンスで映画をつくっているから。仕事(プロダクトなスタンス)で映画をつくっているなら、設定はアイデアに過ぎません。でもこれが、ご自身の来歴とないまぜになった、一種の自伝風創作ならば、多様な人々との混交の設定は、背伸びになってしまう。とわたしは思います。
──もし、里親が、女装癖をもっていなかったのなら、冒頭で述べたように「ゲイアイコン」や「外国人アイコン」を置いただけのネタ映画です。

試写会の様子がYouTube動画にあって、監督が製作由来の談話を語っています。話しているうちに感極まって泣き出します。お察知のとおり、若い女性が泣けば映画評価に甘露があります。じぶんがつくった映画にじぶんが感動してしまうのはプペルとザ日本映画だけです。

博愛的空気感によって、辛辣な批評を回避する、わたしがもっともきらいな種類のザ日本映画。反吐が出る。0点。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.5どういうことなのか

mienaさん
2021年4月8日
PCから投稿

とにかく板尾創路さんが女装をしているので、観てみました。
あと、CMでよくお見かけする松本穂香さんもご出演されているので、
どんな演技をされる方なのかしらと思って観た次第。
板尾さんはそんなに違和感ないような気もして、これも愛のカタチなのかと学びました。
食事が美味しそう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
miena

2.5田舎での視線と多様性の間で。

2021年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キッスィ

1.5リアリティが無い

明助さん
2020年11月3日
スマートフォンから投稿

同性愛物ってなんで女性側が差別する側として描かれるんでしょうか?現実には同性愛者を差別する男性なんて沢山いるのに……。淫◯ネタで盛り上がるオタクとか、オカマキャラ出して馬鹿にする漫画家とか、ホモをネタにして面白がる芸人とか……。
同性愛物は題材としては面白いんですが……仮想敵役が女性ばかりでいい加減ウンザリする(彼らが本気で編むときは、の時もそんな感じでしたよね)。「男性は同性愛者を分かってあげられる優しい人格者ですよ~」とでも言いたいのかな?そこに性差は無いと思うんですが。
たまにはネットでホモ動画を見て面白がるオタクとか、オカマキャラを出して馬鹿にする漫画家とかも敵として出してくださいよ。
日本のLGBT創作がイマイチ受けないのは女性を差別するからだと思う。プリキュアの時もそれで叩かれましたよね?
男性性は差別をしない精神性の高い生き物、女性性は何でもすぐ差別する精神性の低い生き物、みたいな描き方にはウンザリです。差別者キャラはちゃんと男女平等に出してください。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
明助

4.0妻のおはぎの味を求めて

2020年10月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

きっかけは大して好きでもなかった妻のおはぎの味を求めて始めた事が、思いもしない事になった。
本人が幸せなのが何より一番大事。
他人がどう思おうが、当の本人が幸せなら胸を張って生きていこう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.0父の再婚

2020年10月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

東京で暮らす主人公(松本穂香)は夫と別居、仕事も行き詰り、母の三回忌を機会に故郷の島に帰る。
実家の父(板尾創路)は母の洋服を着ておりビックリ、しかも居候のコブ付き中年男(浜野謙太)と再婚するという。
周囲の人たちはあまり違和感を示さないので、ストレスは上がりっぱなし。
結局、幸せって、何?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0不思議な感覚

2020年9月2日
iPhoneアプリから投稿

この映画はLGBTとかを表現している映画ではなく、家族のあり方そのものを表現していると感じた。

家族という狭い世界にも、それぞれが思うこと、考えることは様々だが、そこを理解出来るのが家族なのだと。

美味しい、というタイトルには疑問が残る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゃーるすとん

5.0今、観てほしいおいしい映画。

2020年8月24日
iPhoneアプリから投稿

ふくだももこ監督は、最新作にも松本穂香さんを主演に迎えています。
朝ドラの「ひよっこ」のメガネっ子役の松本さんを観て、彼女を見つけたと語っていたのが印象的です。
そのひよっこでの役柄とは全く違うヒロインなのだけど、
銀座でキャリアウーマンのヒロインが、
久しぶりの故郷の島に戻ると、、、。

俳優さんとしても大好きな、
板尾創路さんがお父さん役であるのが、
松本穂香さんと共に、映画の中で起こる驚きに、自然と入っていける映画になっていると思います。
ふとした台詞、島の人々、常に笑いのある、食べるシーンが美味しそう、「家族」、
監督の温かい人への眼差しを感じる、
今、観てほしいおいしい映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アレックス・ビショップ

3.0衝動ということについて考えてみた

2020年7月21日
PCから投稿

この映画での女装は、ゲイとかそういうことではなく、失った人に同化して失った心の均衡を保つために、その人が身につけていた服を着たり生活を模倣して心を平穏にするということでしょうね、それがたまたま校長先生だった、と。
人間は、心のバランスがとれなくなった時、逃避、爆発、様々な、いつもと違う行動をとることがあります。
その内の選択肢として、死ぬ、ということが、短絡的に出てくることがあります。
環境にもよりますが、どうしても選択した結果が、そうだろうなということもありますが、避けることができるケースも多いと思います。
身近で、そんなこともあり、自分でも企画したこともあるが、そんな、いったん立ち止まって考えたら避けることはできた、そんな風に考える機会になった映画でした。
あんまり映画と密着した感想で無くてすいません。
この映画でおいしいのは、すき焼きとそーめん、でした、それだけ。
松本穂香の存在については、特に可も無く不可も無く、でした。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 11 件)
アサシンⅡ

3.5板尾創路にぴったりの役

2020年6月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ピニョン

3.5難しいことは考えないで

りょーさん
2020年6月6日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りょー

4.0はァ? 娘絶句~

きりんさん
2020年6月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

冒頭の「戸惑い感」とか「置いてかれ感」とか(笑)

マイノリティとマジョリティが突然入れ替わったら・・こんな世界なのかもしれんね。

しかしそんな冒険的導入でもなんとか拒絶せずに、ともあれ物語に入っていけたのは、あのゆっくり噛み含めるように話す父親像のおかげかもしれない。

監督は、この映画で「理想郷」を描くチャレンジをしたかったのだなと思う。
でもこの物語の受け取られ方はもっと様々だろう。
各シーンで、観る者各人、琴線に触れるホットスポットを持っているんだと思う。

・連れ合いを亡くした夫の、悲しみの錯乱
・いなくなった母親の役割もなんとかして子供たちのために背負おうとした一人二役の父親の奮闘
・自らを見失い揺れ動く、突っ込み所満載の父親だが、妻ロスから立ち直っていく彼個人の人生

この映画、頑張ってる一人親に観てもらったら、すごく励まされるんじゃないだろうか。
そこ一番強く思った。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 4 件)
きりん

2.5あのな、父さん母さんになろうと思う

shimoさん
2020年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
shimo

2.0見所は板尾の女装と浜野モトーラの顔ぢから

2020年4月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

劇場で観る予定だったがスケジュールが合わず観ることが出来ずDVDで観たがわざわざ映画館で観なくて良かった

主演の女優にはあまり魅力を感じなかった
浜辺美波も最初はそうだったし今後は評価が変わるかもしれないが
モトーラを主役にしてダリアを中心に描いた方が良かったかもしれない

変な設定だ
変な脚本だ
変な演出だ
ヒロイン以上に戸惑った
父さんの女装そのものではなくいろんなことに

唐突で不親切で自己中な映画だ
20世紀の邦画でこういう?な駄作をたくさん観た気がする
何が目的でこの映画を作ったのか
新島に何日も泊まり込みでエンジョイしたかったのか
大川橋蔵みたいに釣りを楽しんだのか
まさかこの内容で同性結婚を法的に認めろと主張しているのか
自分は賛成だが反対派には共感されることはないだろう
大麻の合法化を訴える元女優くらい説得力がない
それとも変な人たちを笑ってくださいってことかな
全く笑えない

重いテーマに挑戦したが扱いが軽すぎる
人物描写が甘くバックボーンが感じられない
主な登場人物がここまでにたどり着いた背景があまり見えてこない
内輪だけで盛り上がるだけならいいが別にいいじゃんでは人間を描くうえで深みがない
それでいてドタバタギャグコメディーというわけではない
浜野とモトーラが平凡な美男美女なら星一つでもおかしくない
村上春樹のようなインテリではなく頭が悪いサヨクの妄想を披露された感じがして反吐が出る

ぶっちゃけこの作品は笑えるところも無かったし学べるところもないしハラハラドキドキもないし感動もしなかった
映画comで感想を書く人はこういう映画が好きなのか
これでは参考にならない
参考にする気ははなっからないが
生きてきた人生の中身が全く違うんだろう
『かぐや様は告らせたい』や『オタクに恋は難しい』の方がよっぽど面白い

父さんは島の高校の校長先生
島の人たちはほとんどがそれをこころよく受け入れている
女装はしているがオカマのような喋り方はせず淡々としている
特に芝居をしていない
昔から今も大根役者だ
それでいて役者としての板尾は全く面白くない
現場受けするんだろう

モトーラは主演作よりこっちの方が良かった

最後はみんなで笑って記念撮影だが『クレイジージャーニー』に出てきた女性写真家が撮影したアフリカの田舎に住む伝統的な部族のような自分にはとてもとても遠い存在に感じた

『新聞記者』と同様に星二つが妥当
ちなみに『新聞記者』はめでたく日本アカデミー賞を受賞したが史上最低作品と断言する
『幸福の黄色いハンカチ』が100点なら『新聞記者』は10点
要するに『おいしい家族』は駄作だ
他人にお勧めすることは絶対にできない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
野川新栄

3.5ほのぼのした新しい家族の形

2019年12月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ほのぼのしました(笑)
母の三回忌で離島の故郷に帰ったら父がワンピース姿でお出迎え。
父が母になり父の恋人が父になると告げられます。
おまけに義妹まで登場します。
とんでもないことなのにまるで普通のことであるかのように振る舞う新しい家族にとまどう橙花。
板尾さんのワンピース姿に違和感なし!
松本穂香の道のど真ん中での前転が笑える。
海老の尻尾だってバリバリ食べます(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はるたろう

2.0全然、ココロに入って来ない。

2019年10月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

令和のサザエさん。的な。新しい形の、というか、非定型のファミリードラマが撮りたかったのかなぁ、なんて事を思いましたが。全くココロに響かんのですよ。俺みたいな爺さんの心には。いや、爺さんなのはココロだけです。

もう至る所で感じる「実体の無さ」は、個々のエピソードが「スカ」だからかなぁと。誰もが評論家口調でアレヤコレヤを語り、回想し、論述し、かなり理解不能な行動を起こします。

この物語の舞台が東京や大阪の下町だったら。コッテコテのベッタベタに、間違いなくなるけれど、そっちの方が判りやすいかもしれない。何よりも、お父さんが風林火山の「山」過ぎて。全てを受け容れる包容力は「山」である必要ないし、人間臭さを演じられる役者さんを起用してるんだから、喜怒哀楽の「喜」も欲しかったかなと。色んなぶっ込みに、浅さしか感じられなくて、かなり辛かった。愛の定義。家族の定義。の話の流れと「結婚」の繋がりに合理性を欠くのは許容範囲としても、「角隠し姿」の必然性については抵抗感を拭い去れなかった。

ホロリ場面や、この家族への愛おしさを感じる場面はあったけど、流れないよなぇ、刺さらないよなぁ、と思いながら劇場を後にしました。撮りたいものは分るけど、商業作品としての「一本の完成度」って言う点では、かなり物足りませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
bloodtrail

3.0血や固有の役割を越えた繋がりへ。

ゆめさん
2019年10月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゆめ

3.5すごく好きなシーンと嫌いなシーンがあって、最初は楽しかったけれど途...

松田さん
2019年10月15日
iPhoneアプリから投稿

すごく好きなシーンと嫌いなシーンがあって、最初は楽しかったけれど途中から退屈してしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
松田
「おいしい家族」の作品トップへ