劇場公開日 2019年4月12日

  • 予告編を見る

魂のゆくえのレビュー・感想・評価

3.259
12%
43%
32%
9%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全59件中、1~20件目を表示

3.0その先は誰も知らない

あしたさん
2020年2月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

死に囚われた人間をドライに描ききる。
主人公があまりにイノセント過ぎるからこそ、どちらともとれるように物語は進む。
最後は何故か笑けてくるのは何故なんだ。
魂とは複雑なもので、決してシンプルではない、とのことか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あした

3.0環境問題はただの方便というかきっかけに過ぎないのでは

なおさん
2020年2月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

0.5

みみずさん
2019年12月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

寝られる

!?

DVDが届いた時の率直な気持ちだ。
とりあえず見始めたが、初めはミュートになっているのかと思った。
延々と陰鬱な映像が続き、ストーリーも全く展開しない。
しばらく我慢したが、当然のごとく寝たzzz

起きて多少戻して観たが、結局何もなかった。
息子を戦争で亡くし、妻とも別れ、加えてがんになって、
さらには自分を頼ってきた男をも見殺しにしてしまった牧師が、
その男の妻に横恋慕して盲目的な環境保護運動に傾倒して破滅する話。
これで合ってるだろうか。
とにかくつまらなかった。

なぜレンタルしたのかを確認するため、改めて予告編を観たがやはり分からなかった。
アマンダもかつての煌きはどこへやら、役柄とはいえやつれが目立った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みみず

0.5なんだかんだ言って最後は欲望です

2019年11月18日
PCから投稿

いろいろごたくを並べますが、最後は性愛一番でした。
まるで伊集院静の人生みたい。
夏目雅子と桃井かおりを天秤にかけ、妻子を捨て、不幸自慢で、なんとかの流儀ですから。
本当に自分一番の情けない男の物語です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

2.0私は救済されなかった

2019年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

固定のカメラで、牧師の語りがほとんど。
とても静かで観てる私は救済されなかった。

牧師の病気、自爆するチョッキ。
が、唯一この物語がどこに向かうのかな?
と言う興味が湧くところだけど尻すぼみだったし、
妊娠した人妻との関係も、
いつからそういう目で見てたのか、
どこが魂の救済なのか
僕にはよく分からなかった。

僕が見た通りの事が魂の救いならば
信仰とは何なのだろ?
と思ってしまった。

イーサン・ホークは大好きな役者だけど、
色んな役をやり過ぎて、
作品を観る時にギャンブル感がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
奥嶋ひろまさ

5.0この現代における、正当な宗教改革を提言している。プロテスタント批判映画です。

tさん
2019年11月3日
PCから投稿

ジョーカーよりも更にタクシードライバーっぽい・・・っていうか、この映画の方がよりリアルかもしれない。

めちゃくちゃ宗教映画っぽいけど、宗教映画みたいなチャチで分かり易い救いはありませんので、ご安心を笑。

まあしかし宗教的な論争を引き起こすことは必須。

なぜならこの映画は、ピューリタン革命時にカトリックを批判した時と全く同じ論理でプロテスタントを批判した映画だからである。

ピューリタン革命において、清教徒たちは、カトリック教会の「汚職」や「行きすぎたお布施集め」(要は、お金にがめつい教会)を批判した。

そして現在。
アメリカではプロテスタント教会が、かつてカトリック教会がしていたことと全く同じことをやってしまっている。
政治献金やら、巨大な企業の広告塔やら、メガチャーチ作ってウォールマートみたいなこと始めたり・・・かつてカトリック教会のように、すげーお金にがめつい組織になってしまったではないか!

この映画は、現代版の宗教改革だと言える!

皮肉なことに歴史は繰り返すのである。

元々、資本主義はキリスト教プロテスタントからはじまったと言われている。
資本主義は、人間に対して富と繁栄をもたらした。
しかし結局のところ、かつてあった「隣人愛」「神の国の実現」というプロテスタントの理念は忘れ去られ、資本主義登場以前の弱肉強食の世界に戻りつつある。

もはや資本主義なんていうものは存在しておらず、この世界は神の国を壊そうとしている弱肉強食の世界に成り下がってしまっているのではないか・・・。

次はどんな宗教改革がなされるのでしょうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
t

3.0最後だけもっとがんばれ!

2019年10月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yoshida-san

5.0信仰とは

Raspberryさん
2019年6月26日
iPhoneアプリから投稿

かなり面白かった。さすがに渾身の一作。

トランプや大企業寄りの政治家は、石油関連の企業が規制を受けないように「地球温暖化なんてないんだ」と言い続ける。
そして、中絶、同性婚の違法化を望む福音派は自分たちが求めることを約束させるために、共和党を支持し、取り引きとして環境保護には目をつぶる。
政権参画なんていうエサに釣られて、地球環境の問題を取り引きに使ってる場合じゃねぇだろ!宗教は本来の目的に立ち戻れ!っていう強いメッセージを感じた。

末期症状のトラー(地球)が、メアリー(生きる喜び、無垢なる生命)と呼吸を合わせることで、二人はトランスする。そしてトラーは自らの信仰と矛盾と葛藤にケリを付ける。

ところが、当日メアリーが現れたことで自爆計画は断念。こうなれば有刺鉄線で自らの身体を傷つけ、パイプ洗浄剤をあおるしかない。聖なる願いを叶えるために。

だけど、衝撃のラスト。生きる喜び、無垢なる愛の前に誰も抗うことはできないのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Raspberry

3.0邦題はあまりよくないかも知れません。

2019年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

アメリカのキリスト教を理解していないので牧師の心境はよく分からのですが、日本の僧侶でも自分の事や将来の事で自らの命を絶つ人はいるのでしょうか❓

イーサン・ホークの演技は良かったのですが、途中の宇宙遊泳は他に表現がなかったのかなアと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
東神戸のウルフ

3.5神はそこにいたのか?

TKさん
2019年6月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

原題は”First Reformed”で教会の名前と主人公の壊れてしまった人生や生き甲斐が再構築される様を表すダブルミーニング。ひょっとすると、このタイトルありきで脚本を書き始めたのではないか?という気も。鑑賞直後は精神的に辛いものがあったが、落ち着いてキリスト者の立場で振り返ってみると「神は存在する」としか言いようがない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
TK

2.0陰のあるアマンダ・セイフライドの表情が好き

2019年6月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
bloodtrail

1.0難しい

隣組さん
2019年5月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

アマンダ・セイフライド目的で鑑賞したが、内容が良く理解出来ず何とも言い難い作品。時間も長く感じて途中は何度もzzz…残念ながら全く楽しめなかった。
2019-115

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
隣組

1.0あのタクシードライバーの・・・

SUN茄子さん
2019年5月29日
Androidアプリから投稿

残念、タクシードライバーの脚本家なので見に行くが・・・
巨匠と言われる監督や脚本家でも、勃起しなくなったら、映画に力が無くなる。
宇宙スペースの空間に行った時、高校生のビギナーかと思った。
張りついた物がない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
SUN茄子

4.0生きるか死ぬかはあなたの判断

ku-chanさん
2019年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ku-chan

4.0メアリーはマリア様?

2019年5月21日
PCから投稿

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
蛇足軒瞬平太

3.0衝撃のラスト

ふわりさん
2019年5月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり

4.5人は結局人によって救われる

2019年5月9日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shima_shima_88

4.5鬼気迫るイーサン・ホークが頭から離れない

とえさん
2019年5月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

社会で起きている問題について、教会が果たすべき役割とは何か

現状を何一つ変えられないどころか「悪」の一端を担っていると感じ、もがき苦しむ神父を描く

イーサン・ホーク演じるトラー牧師は、かつて、戦場に息子を送り出し、その結果、息子が戦死してしまったことを悔いながら生きていた

そしてさらに、信者のメアリー(アマンダ・セイフライド)から、環境問題活動家の夫について相談を受けていたにもかかわらず、彼を救えないという事件が起きる

そのことをきっかけに、環境問題について興味と関心を持つようになったトラー牧師は、自身の教会に問題点があることに気付く

それを知ったトラー牧師は、どう行動すべきなのかと、思い悩む

その昔、教会はもっと積極的に社会問題に関わっていた

この映画でも、奴隷制度から逃げ出す黒人たちを匿うために、秘密の地下室が作られていたエピソードが語られている

そのことは、その教会を受け継いだトラーにとって誇りであり、奴隷制度の悲惨さを子供たちに語る教材に使っていた

しかし、現在の教会はどうだろうか

化学汚染物質を垂れ流す企業から資金提供を受け、存続させている

それは、社会問題に関わるどころか「悪」の片棒を担いでいるのでは…と、トラーは自分を責めるようになる

そして、自身の身体を化学物質で汚染し、助けようと差し伸べる友の手を払い、キリストがそうであったように荊で自分に刑を与える

しかし、それは、既に、トラーだけの問題ではなく、地域社会の政治の問題であり、トラーが自身に罪を与えたところで、その町の環境汚染が止まるわけではない

現在、公開中の映画「たちあがる女」でも、加速する環境汚染について、一人の力では止めることができず、そんな世界で生きていく子供たちを憂う姿が描かれている

それならば、同じ会派の教会が集まって、社会に対して異を唱えればいいのだろうけど、系列の教会は運営費欲しさに企業に尻尾を振っていて、問題意識が低く、足並みが揃わない

そうなると、後は政治が温暖化を止めるべきなのだが、現大統領は温暖化そのものを否定している

私は、この映画の結末を見て、トラー本人は神に許されたのだと思った

しかし、ここでどんなに叫び声をあげても、残念ながら、大統領の耳には届かない

ということは、世界は破滅に向かおうとしているということなのか

そこから先は、観客一人、一人の良心に委ねられているのだ

鬼気迫るイーサン・ホークは、時折、目を背けたくなるほどの狂人ぶりだった

そんな彼の狂った姿は、狂った地球を表しているのかもしれない

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
とえ

4.0☆☆☆☆ 40年後のトラヴィス 「神の御心はわからない」 イーサン...

2019年5月5日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
松井の天井直撃ホームラン

5.0とても面白かった

2019年5月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

牧師がオブセッションに取り憑かれていくさまを、息を呑んで見続けた。スタンダードサイズの映像と、主人公の心象に沿うように進むストーリーがしっくりと合う。また、しばらく生活音に集中させて置いて、ここぞ!という時に鳴り響く劇伴音楽が凄かった。
イーサン・ホークのいかにも具合悪そうな演技が絶品。対照的にアマンダ・セイフライドは未来への希望を感じさせる美しさで良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
どんぐり
「魂のゆくえ」の作品トップへ