僕たちのラストステージ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
僕たちのラストステージ
11%
65%
20%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ハリウッドの映画創成期を支えたアメリカの伝説的お笑いコンビ「ローレル&ハーディ」の晩年を、「ナイト ミュージアム」シリーズのスティーブ・クーガンと「シカゴ」のジョン・C・ライリーのW主演で描いた伝記ドラマ。2人組コメディアンのパイオニアとして100本以上の作品に出演し、共に人生を歩んできた2人が、人生の晩年に差し掛かって改めて互いへの愛や演じることの大切さに気づいていく姿を描き出す。「フィルス」のジョン・S・ベアードが監督を務め、「あなたを抱きしめる日まで」のジェフ・ポープが脚本を担当。

2018年製作/98分/G/イギリス・カナダ・アメリカ合作
原題:Stan & Ollie
配給:HIGH BROW CINEMA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ジョン・C・ライリー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018

映画レビュー

3.5そのラストには、ずっと浸っていたくなる優しさと温もりがあった

2019年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

とりたてて秀でた見せ方があるわけではない。むしろそれらは泥臭いくらいの飾り気のなさで、良くも悪くも一時代を築き上げたお笑いコンビの友情を真正面から描き切る。しかも描かれるのは彼らがキラキラと輝いていた全盛期ではなく、旬から遠ざかった衰退期であり困窮期なのだ。

とはいえ、スタッフとキャストは結果的にこの素材の味をそのまま生かし切り、人生の枯れたこの部分を「もっとも人間的な味わいが出た時期」として見事に結実させて見せるのである。

二人の間で何百回も、何千回も繰り返されてきたネタを劇中でも愚直に繰り返して見せることには意味があったのだ。それはルーティーンなどではなく、一回一回が命がけのステージであり、一挙手一投足が友情の結晶。そのことが自ずと伝わってくる脚本は、逆説的に言って、最高に洗練されたつくりであったことに痛いほど気づかされる。この優しい時間と余韻にずっとずっと浸っていたいと思えた。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

3.5ローレルとハーディ

2020年4月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ドタバタコメディアンのローレル(スティーヴ・クーガン)とハーディ(ジョン・C・ライリー)、1953年には人気も衰え、イギリスで再起をかけてツアーを行う。
コメディアンの晩年は辛いものがあり、役者としていい味を出せないと難しい。
このコンビやチャップリンは勿論のこと、キートン、アボット・コステロ、三馬鹿大将など、今でも覚えているくらい可笑しかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0なんか

コンブさん
2019年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

単純

泣きそうになった。

良い映画。

シンプルいずベスト。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
コンブ

3.5共に過ごした時間の長さ

しずるさん
2019年9月23日
Androidアプリから投稿

泣ける

かつての人気コメディコンビの晩年を描いたバディもの。
大元を知らなかったので、特別な感慨は無く。人気に陰りの見えたシニアコンビのツアーの行く末を追っていくだけの前半は余り起伏なく、やや退屈に感じた。

相手への不満を抱えながら共に行動していた二人が、不満を吐露して険悪になる辺りから、急速に物語が展開して面白くなってくる。
私には二人が、何だか、お見合い結婚の熟年夫婦のような距離感に見えた。
長年多くの時間を共にくらしてきて、欠点も嫌というほど見える、性格や意見の食い違いもある、煩わしく思う事もある。けれど、相手の好みも努力も知り尽くしていて、信頼し、誰よりも背中を任せられる。
友情でも、ましてや恋愛でもないけれど、共に歩んできた時間が、替わりのきかない、かけがえのないものになるという関係が、確かにあるのだと思った。
先の事を考え、納得して別の人間と組んだのに、いざ舞台に立った時、違う、駄目だと、分かってしまったんだろう。
聞かなくても解るコーヒーの好み、一つベッドに並んで温める冷えた相棒の手、ラストステージで手を取り合って踊るダンスの、舞台に落ちる影法師。そんな、二人の距離感の描き方が、とても好きだと思った。

時の流れは、容赦なく人を置き去りにする。相棒を失った時、絶世を風靡したコンビの片割れは、二人の辿ってきた道を、美しいまま封印する覚悟を決めたのかも知れない。
コンビが終わりを告げても、書かずにいられない創作者の性。それでも、その脚本具現化するのは、彼と自分の二人でなくてはならなかったのだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
しずる
すべての映画レビューを見る(全28件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る