僕たちのラストステージ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
僕たちのラストステージ
僕たちのラストステージ
9%
69%
17%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ハリウッドの映画創成期を支えたアメリカの伝説的お笑いコンビ「ローレル&ハーディ」の晩年を、「ナイト ミュージアム」シリーズのスティーブ・クーガンと「シカゴ」のジョン・C・ライリーのW主演で描いた伝記ドラマ。2人組コメディアンのパイオニアとして100本以上の作品に出演し、共に人生を歩んできた2人が、人生の晩年に差し掛かって改めて互いへの愛や演じることの大切さに気づいていく姿を描き出す。「フィルス」のジョン・S・ベアードが監督を務め、「あなたを抱きしめる日まで」のジェフ・ポープが脚本を担当。

2018年製作/98分/G/イギリス・カナダ・アメリカ合作
原題:Stan & Ollie
配給:HIGH BROW CINEMA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ジョン・C・ライリー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018

映画レビュー

3.5そのラストには、ずっと浸っていたくなる優しさと温もりがあった

2019年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

とりたてて秀でた見せ方があるわけではない。むしろそれらは泥臭いくらいの飾り気のなさで、良くも悪くも一時代を築き上げたお笑いコンビの友情を真正面から描き切る。しかも描かれるのは彼らがキラキラと輝いていた全盛期ではなく、旬から遠ざかった衰退期であり困窮期なのだ。

とはいえ、スタッフとキャストは結果的にこの素材の味をそのまま生かし切り、人生の枯れたこの部分を「もっとも人間的な味わいが出た時期」として見事に結実させて見せるのである。

二人の間で何百回も、何千回も繰り返されてきたネタを劇中でも愚直に繰り返して見せることには意味があったのだ。それはルーティーンなどではなく、一回一回が命がけのステージであり、一挙手一投足が友情の結晶。そのことが自ずと伝わってくる脚本は、逆説的に言って、最高に洗練されたつくりであったことに痛いほど気づかされる。この優しい時間と余韻にずっとずっと浸っていたいと思えた。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

4.0コンビ愛💓

Aprilさん
2020年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

仕事での絆とはいえ、代わりはいない。
こういう映画をみると人生全てが偶然ではないと思える。
苦楽を共にできる人に会えるって素敵。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
April

3.52人はビートルズの「サージェント・ペッパーズ」のジャケットにも載ってるようだ。

kossyさん
2020年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 まず驚かされるのがジョン・C・ライリーの特殊メイク。汗までかいてるところなんてのも霧吹きしまくりで大変だったろうなぁ・・・実際のローレル&ハーディの映像を見て比べると、やっぱりそっくりに作り上げていた。

 病室で脚を吊り上げてるコントや入り口の二つある駅など、どこかで見たことあるな~と感じるのですが、これもまた日本のコメディアンが彼らのコントを参考にしていたのだろう。ドリフターズのコントやカトケンなんてかなり似ている。吉本新喜劇だって似てるかもしれない。

 1937年に絶頂期を迎えたコンビ。しかし契約の関係でごたごたしている間に旬が過ぎてしまったのだろうし、戦争の影響もあったのだろう。時代から見放され、テレビの普及の影響も受け、イギリスに渡った彼らの公演には客もまばら。お笑い世界の栄枯盛衰を見た気がした。

 とにかく真面目に喧嘩していたも他人から見ればコントになるし、ずっとコンビを組むなかでも本音がぶつかり合うことは少なかったのだろう。オリバー・ハーディが水着コンテストの式場で倒れたことがきっかけとなり、互いを思いやる友情を再確認し、ともに生涯他人とはコンビを組まない固い意志が感じられた。もちろんアイルランドでの歓迎ぶりやステージは感動もの!なお、チャップリンとも組んだことがあると言ってたローレルにも驚き・・・

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

3.5一緒

R♪さん
2020年5月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

いつも一緒だと大変だよね💦

でも一緒にいないとさみしいんだよね。きっと。

舞台のライティングが良く、ふたりがとても眩しかった👍

ほっこり。

隣にいない時に相手が必要って気付くだよね✨

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
R♪
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る