セメントの記憶

劇場公開日

セメントの記憶

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

長い内戦を乗り越え、バブル経済真っただ中にあるベイルートの超高層ビルの建設現場を捉えたドキュメンタリー。地中海を眺望する超高層ビルの建設現場で働くシリア人移民・難民労働者たち。ある男が、出稼ぎ労働者だった父がベイルートから持ち帰った1枚の絵にまつわる記憶を回想し、父への思いを巡らせる。ベイルートへ亡命した元シリア兵のジアード・クルスーム監督が、移民労働者の姿と建設ラッシュに沸くベイルートの美しい街並み、そして戦争で破壊された労働者の祖国の映像を交互に映し出し、戦争と建設のイメージ、破壊と創造の概念、喪失と悲しみの記憶を詩情豊かに描くことで、人間の愚かさや終わらない戦争の悲しみを訴える。

2017年製作/88分/レバノン・ドイツ・シリア・カタール・アラブ首長国連邦合作
原題:Taste of Cement
配給:サニーフィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30

(C)2017 Bidayyat for Audiovisual Arts, BASIS BERLIN Filmproduktion

映画レビュー

5.0この世の地獄が白日夢のように襲いかかる

MPさん
2019年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

自らもかつて徴兵制によりシリア軍に従軍し、そこで戦争の惨さを経験しているジアード・クルスーム監督が、同じ思いを引き摺りながらベイルートの高層ビル建設に勤しむ同胞たちの厳しい現実に切り込んでいく。セメントの記憶とは、彼らが爆撃で破壊された故郷の瓦礫の中で、また、ビル建設の最中に直接的に味わうセメントの味を意味する。臭いではなく、味。そこに、破壊と創造を繰り返す愚かな人間に対する現場からの警鐘が込められている。しかし、このドキュメンタリーが秀逸なのは、そんな過酷な現実をまるで絵画と見紛う美しいフレームショットの積み重ねによって、別次元へと昇華させている点だ。空中にそびえ立つ高層ビルの梯子から見下ろす、ネオンサイン煌めくベイルートの海岸線、壁の穴から覗くスカイブルーの空、ミキサー車に取り付けられたウェアラブルカメラがとらえる回転する町の風景、等々。研ぎ澄まされた美意識を用いると、この世の地獄がさながら白日夢のように観客に襲いかかる。このような痺れる映画体験はあまりあるものではない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
MP

3.0視覚と想像力で感じる

隣組さん
2019年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

視覚と想像力で感じる作品。建設(労働)と破壊(戦争)を繰り返す人間の愚かさを再認識させられる。時折映し出される自然や生物はいつも人間の犠牲者。異常気象や温暖化、海洋プラスチック問題など、その代償は非常に大きく全ては人間自らが招いた問題である。
2019-173

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

2.5そろそろ微妙になって来た...

2019年6月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bloodtrail

5.0カメラワークが独特です

ちゆうさん
2019年6月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう
すべての映画レビューを見る(全10件)

他のユーザーは「セメントの記憶」以外にこんな作品をCheck-inしています。