12か月の未来図

劇場公開日:

12か月の未来図

解説

問題だらけのさまざまな生徒とエリート教師の交流から、移民や貧困などフランスが抱える社会問題をユーモアを交えて描いたドラマ。ベテラン教師のフランソワは名門高校からパリ郊外の教育困難中学へ転任することとなった。移民などさまざまなルーツを持つ生徒たちを前に、これまでは生粋のフランス人の生徒たちを相手にしていたフランソワは、生徒の名前を読み上げるだけでも一苦労というありさま。勝手の違う環境の中で日常的に巻き起こるさまざまな問題をベテラン教師のプライドをもって格闘していた。そんな中、遠足で訪れたベルサイユ宮殿でお調子者のセドゥがトラブルを起こし、退学処分をくだされてしまう。長い教師生活で感じたことのない使命感を抱いたフランソワはセドゥの将来を守るために戦いを挑むが……。監督は本作が長編デビュー作となるオリビエ・アヤシュ=ビダル。

2017年製作/107分/G/フランス
原題:Les grands esprits
配給:アルバトロス・フィルム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)ATELIER DE PRODUCTION - SOMBRERO FILMS - FRANCE 3 CINEMA - 2017

映画レビュー

4.0教養とは

2020年11月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

幸せ

知識は使わなければ何もならない。フーコー先生は自らの知識を応用しながら、教育困難校の生徒に学ぶ喜びを教えました。将来の目的がはっきりした名門高校のエリートに勉強を教えるのと、将来に絶望している教育困難校の生徒に学びの目的を教えるのには雲泥の差があります。

月並みですが、フーコー先生が教育の力と自分自身の知識を信じていたからこそ、彼らに学ぶ喜びが伝わったのだと思いました。経済格差で教育格差をつけるのは、国家にとっても個人にとっても大きな損失だと思います。

2008年のパルムドール受賞作の『パリ20区 僕たちのクラス』も本作に似た様な内容で好きですが、『12ヶ月の未来図』の方がフランス映画慣れしていない方でも観やすいと思います。鑑賞後、とっても晴れ晴れして前向きな気持ちになる作品です。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
ミカ

4.0教育格差問題。

2020年9月7日
PCから投稿

教師がエリート校と言われる学校から、底辺の学校へ転勤になったお話。

日本でも地域による学力格差はある。
公立の教師の場合、地域は選べないので様々な学校へ行く機会があるだろう。
やっぱり行きたい学校、避けたい学校があるのが実情だと思う。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
April

4.0タイトルなし

2020年7月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

.
パリの名門高校から郊外の中学へ赴任した
ベテラン教師
ブルジョア出身 厳格で控え目なフランソワ
問題だらけの様々なルーツを持つ生徒と
ベテランの意地・使命感で格闘する
.
フランスで大きな社会問題となっている
移民・貧困家庭の子供たちが直面する
学力低下・教育の不平等と向き合う
偽善や押し付けがましさはない
.
.
🎥「レ・ミゼラブル」('19 🇫🇷)
フランス郊外での子供たち・暮らしぶりを
映画で観ていたこともあり
背景が観てとれる
ストーリーの中にも
ユゴーの「レ・ミゼラブル」について触れる
.
学ぶことの大切さ・
学ぶ喜びを感じるようになっていった
子供たち・教師そして学校のその後
続きが観てみたくなりました

コメントする (0件)
共感した! 0件)
lily

4.0フランスの金八先生

2020年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 黒人を中心とした移民が多い郊外の中学校に転任となったフランソワ・フーコー先生。元は名門高校でラテン語を教えていたが、今度は国語だ。堅物で真面目一辺倒の教師かと思っていたら、優秀であるが故に生徒の名前や座席を一日で覚えてしまい、生徒たちの成績や性格も瞬時に把握したかのようだ。真面目が取り柄だけにここはすごい。

 「初日が肝心」と言い聞かせ、教師としての威厳だけは取り繕ったが、まるで学級崩壊したかのようなクラスでいかに教えるかが見物。とにかく文法を正すことに集中し、周りの教師や妹からも忠言を得て「アナグラム」のテストを行い、やる気の問題だと悟る。セドゥたちのカンニングの現場も目撃してしまったが、敢えて問い質さずに採点するのだ。無気力を克服し、徐々に成績も上がっていく様子が面白かった。

 ちょっとしたことでも退学という評議会に反抗し、教育とは何かということも訴えてくる。退学という処置は確かに教師にとっては楽なのだ。ベルサイユ宮殿への遠足で問題を起こしただけなのに・・・ある意味、他の教師によるフーコー先生への妬みもあったのだろう。負けるな!フーコー。と、夜通しで法律を勉強して退学決定過程の穴を見つけたのだ。

 フーコーとセドゥの師弟愛、もう終盤は涙ちょちょぎれ。また元の高校に戻るのか?やっぱりセドゥが卒業するまで見守ってあげたい!そして二人同時の失恋というほろ苦さ。失恋についても教えてあげましょうよ。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る