ガルヴェストン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ガルヴェストン
ガルヴェストン
12%
62%
25%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「イングロリアス・バスターズ」「グランド・イリュージョン」などハリウッド大作でも活躍するフランスの女優メラニー・ロランがメガホンを取り、「TRUE DETECTIVE」の脚本家ニック・ピゾラットの小説デビュー作「逃亡のガルヴェストン」を映画化。「マレフィセント」「ネオン・デーモン」のエル・ファニングと、「疑惑のチャンピオン」「最後の追跡」のベン・フォスターが共演し、組織に追われる余命いくばくもない男と孤独な少女の逃避行を描いた。裏社会で生きてきたロイはある日、末期ガンと診断され、余命宣告を受ける。その夜、いつものようにボスに命じられて向かった仕事先で何者かの襲撃を受け、自分が組織から切り捨てられたことを悟ったロイは、とっさに相手を撃ち殺し、その場に捕らわれていた少女を連れて逃亡する。少女はロッキーと名乗り、行く当てもなく身体を売って生活していたという。ともに深い傷を抱えた2人は、果てしない逃避行に出るが……。

2018年製作/94分/PG12/アメリカ
原題:Galveston
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ROOM237
  • ヘンリー
  • スペイン一家監禁事件
  • カルト
  • オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主
  • バレット・バレエ
  • 映画「怪談新耳袋 殴り込み!」【TBSオンデマンド】
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • ザ・ボーイ ~人形少年の館~
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.4 《異界へ誘う、呪縛トンネル / 生霊が嘆く墓》
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

COPYLIGHT 2018 EMERALD SHORES LLC - ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.0仏の才女メラニー・ロランが米犯罪映画の定型から抽出した妙味

2019年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

第二次大戦中に製作された米犯罪映画を「フィルム・ノワール」とカテゴライズしたのは仏映画業界の人だった。フランス人は米映画への独特な批評眼を持つのか――メラニー・ロランが監督として米脚本家・作家ニック・ピゾラットの原作を映画化した本作を観て、そんなことを思う。

非情な裏社会、乾いた暴力、絶望的な逃避行、破滅の予感…。アメリカンニューシネマを経た米犯罪映画の定型をなぞる話だが、人物描写、ビーチの場面での印象的な映像、余韻を残すラストなど、フランス人でしかも女性の監督であるロランが、敢えて起用した製作者たちの期待に応え特別な味を引き出した。ピゾラットの脚本がロランによる大幅な改稿のため偽名の名義になったが、彼女が自分を貫く姿勢も格好良い。

エル・ファニングとベン・フォスターもかつてないほど役作りに集中できたのでは。2人の演技をいつまでも見ていたいと思わせる…それが叶わないとわかっていても。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
高森 郁哉

3.5女優でもあるロラン監督が二人の俳優の旨味を誠心誠意、引き出した一作

2019年5月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

驚くほどシンプルだし、捻りのない映画だ。最後に訪れる運命もある程度は予測がつく。観る人によっては凡作として切り捨てる可能性も大だ。だが、このありふれた設定や土壌が、あらゆる無駄なものをそぎ落とし、二人の俳優としての魅力をかつてないほど香り立たせることに繋がった。

ベン・フォスターとエル・ファニング。二人とも普段の出演作ではあまり喋らず、空気感に多くを託するタイプにも思えるが、さすが女優メラニー・ロランがメガホンを取っているだけあり、彼らの俳優としての旨味を、同業者の彼女が彼女にしかなしえないやり方で巧みに焙煎し、抽出している。

また、ロランにこのようなハードボイルドや長回しのアクションが撮れるとは恐れ入った。全てが成功しているわけではないし、本作の製作規模もそれほど大きいわけではないが、しかしその中で彼女なりの精一杯の「答え」が導き出されている。しっとりとしたラストの余韻もたまらない。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

1.5ラストは…

ケイさん
2020年4月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

3.0音楽が良い♪

R♪さん
2020年4月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

海がキラキラしててふたりの美女が素敵✨

音楽が良かった。

色々考えさせられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
R♪
すべての映画レビューを見る(全40件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る