劇場公開日 2019年3月8日

  • 予告編を見る

運び屋のレビュー・感想・評価

3.8428
23%
62%
13%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全428件中、1~20件目を表示

4.0その身体から滲み出るオーラというか、陰影深さというか。とにかくその魅力に滅多打ちになる

2019年3月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

颯爽と現れ展示会の空気をさらっていく彼の姿は何とも言えないチャーミングさに満ちていた。が、そこから全てを失った彼のほうが、身体から放出されるオーラというか陰影の深さが明らかに違って見える。イーストウッド作の主人公は、人々の真ん中よりも、こうしてアウトサイダーとして佇んでいるのがよく似合う。

ご老人が危険なブツの運び屋になる。たったそれだけでも物語として完璧なのに、御大はそれに加えてにわかに「この国のかたち」を描いているように思える。それは様々な人種間のやり取りに集約されるのだろう。この主人公に壁なんてない。誰とでもうまくやれる。時には差別的なジョークを介しながらも、それについて指摘されると、ああごめんな、と笑って謝る。そのやりとりが実に軽妙で、また愛おしい。

人々の分断なんて、我々は軽く飛び越えられるのだよ、という心の声がどこからか聞こえてきそうだ。この芳しい香りにまたしてもやられた。

コメントする
共感した! (共感した人 34 件)
牛津厚信

4.0歌が多くを語る

村山章さん
2019年3月25日
PCから投稿

笑える

悲しい

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 20 件)
村山章

4.0これはハリウッドに絶えて久しいスター映画

2019年3月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

悲しい

商売の近代化に後れを取った老園芸家は、家族との付き合い方にも失敗して、今や破産寸前の独居老人である。しかし、彼には商売柄アメリカ各地をトラックで旅するという経験があり、それを"買われて"コカインの運搬人というニュー・ビジネスにありついた。さわりだけでも実話とは思えない面白さがある上に、監督&主演(10年ぶり)のクリント・イーストウッドに余人には代えがたい適材適所な個性と味わいがあるから、冒頭から思いっきり震えながら笑える。もの凄くやばいのに、飄々と危機に対応していくイーストウッドを見ていると、むしろわくわくして来るのだ。相手が誰だろうが自分の経験値と、そこで培った価値観を元手に堂々と対応する主人公にイーストウッド本人の実像が重なる時、本作「運び屋」はハリウッドに絶えて久しいスター映画の再来を実感させるのだ。今年88歳のスターは、勿論、現役最長老。永遠には続かない贅沢な映画体験を、是非。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 20 件)
清藤秀人

4.5A・ガルシア、音楽アルトゥーロ・サンドヴァルのキューバ人脈にも注目

2019年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

楽しい

幸せ

「人生の特等席」が2012年なので、あれから6歳位年を取ったイーストウッドがスクリーンに映っているのだなあと感慨。最近観た中では「マイ・ブックショップ」のビル・ナイなどもそうだが、老名優は皺が人生の年輪のようでそれ自体に味がある。本作は実話に基づくが、家庭人とは言い難かったイーストウッドの人生にも重なってみえるように作った点は自虐か、開き直りか。

意外だが、麻薬カルテルのボス役のアンディ・ガルシアとイーストウッドは初共演。ガルシアは、同じキューバ出身のジャズトランぺッターであり「マンボ・キングス」などハリウッド映画にも長年関わってきたアルトゥーロ・サンドヴァルの伝記映画で主演したことがあり、ガルシアが橋渡しになり本作の音楽担当が決まったとか。ジャズ好きのイーストウッド、さぞかし喜んだだろう。ただ映画全体の音楽の印象は、主人公が運転中にラジオに合わせ歌うカントリーのイメージが強いけれど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
高森 郁哉

3.0笠智衆のような佇まいをみせるイーストウッド。 時代から取り残された...

KONさん
2021年2月17日
iPhoneアプリから投稿

笠智衆のような佇まいをみせるイーストウッド。
時代から取り残された彼の役柄に「古き良き時代のアメリカ」を見る。一方から見た歴史の側面。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KON

2.0面白がりたいが。

2021年2月8日
iPhoneアプリから投稿

幼稚な被承認欲と性欲から安易に悪銭に溺れた爺さんを盆栽好きな爺さんは良い人だよねと何となく許してどうする。
敬老の前に断罪だろ。
どうした巨匠、晩年の貴重な打席で凡打。
ストイックに健さん倍賞ならまだ見れた話しかも。
面白がりたいが、これは無理だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.5これぞ哲学

pipiさん
2021年2月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

知的

人に歴史あり。誰しもそれぞれが生きた時代に翻弄されながら、その中で様々な葛藤と成功と挫折を繰り返し味わうものだ。日常の何気ない習慣はその人物を形作ってきた過去のエッセンスを物語る。カーオーディオから流れる音楽、女性にもギャングにも自然体で放つ軽妙な軽口。そんなところからも、この老人の若かりし頃を察する事が出来る。

昨今の技術革新速度は目覚ましい。電子ガジェットは10年も待たず陳腐化するし、差別用語認定された言葉も差別の意図なく用いられていた時代もあった。
自分の生涯、半分以上を占めてきた常識を否定してまで、たかだか10年20年ぽっちの最近台頭してきた「新常識」に迎合する必要はあるのか?
ガンコ爺ィにはガンコ爺ィなりの気概があるのである。

昔はもっと縦の関係であらゆる世代と親しく話す機会があった。
かつて歳の離れた友人や先輩であった彼らは、今や60代、70代のガンコ爺ィになった。けれど、若い頃に彼らから伝え聞いたバックボーンの時代背景を知っているから、彼らの言動を奇異だとは思わない。今の若者の目にどう映るかは知らないが、老境の悟りに到達すれば、周囲のまなざしに臆する必要もないだろう。

しかして、齢80、90に達しても葛藤の選択を迫られ続けるのが人生というものらしい。主人公は壊れた(壊した)家族関係の修復を選んだ。犯罪に手を染める事になっても。
クライムサスペンスだが、非常に「静か」である。興奮もアクションも不要なのだ。もはや、そんなものは主人公の心を波立たせはしない。彼の心を揺らすのは家族達の想い、ただそれだけなのだから

アプローチはまるで違うが東京物語がよぎった。これは「イーストウッド流東京物語」である。
切なく哀しく、そしてハートフルでもある。喜びも悲しみも、すべてが穏やかだ。

それにしても、子供時代のヒーローは幾つになろうとヨイヨイになろうとカッコいいもんはカッコいいのである。
視聴後、数十年ぶりに44マグナムの刑事に会いに行った。どうやら映画というものはタイムトラベル機でもあるらしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
pipi

3.5シンプルなメッセージ

J-taさん
2021年1月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

老人が運び屋をやる、シンプルなストーリー。予告編を見て、何も裏切られないそのシンプルさ
それでいてちゃんと一つだけのシンプルなメッセージを映画を通して送ってくれる。
最近こういう映画少ない気がする。
クリント・イーストウッドだからこそ、なのかはわからないけど、ベテランだからこそなことではあるかと思う
シンプルなメッセージを一つだけ、それが一番伝わる。覚えておこうと思う。
とても良い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J-ta

4.0見上げた老人

2021年1月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

往年の精悍さやアクションはないが、タフでちょいと粋なイーストウッドにただただ感心する。この歳で主演・監督なんてすごすぎる。自分が同じ年齢になったとき、どこまで動けるか?
結局老いてくると多少弱気になってきて、それまで疎遠であったにせよ家族に回帰していくものなのか? 別れた奥さんの看病が決定的だったかな。 すごく遠回りしたが、冷たい関係が変わっていくのだろう。 仲直りした家族とどれだけ時間を取り返せるか、塀の中と残された寿命という二つのハードルがあるが、ほんのり温かい気持ちになった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000

4.0イーストウッドの存在感あっての説得力

REXさん
2020年12月24日
Androidアプリから投稿

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REX

3.5実際の話らしいです。

2020年12月22日
iPhoneアプリから投稿

実際にあった事件を映画にした物です。
クリント・イーストウッド氏が演じておりましたが年齢を感じさせませんでした。次も期待してます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しじみの短い感想文

4.0運び屋

2020年12月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD

5.0ラストシーンでデイリリーを植えるアールの後ろ姿 それは2020年のアメリカの後ろ姿なのです

あき240さん
2020年12月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

愛してるメアリー
昨日より今日の方が?
明日はもっとだよ

第1回目
カーラジオから宗教の時間
イエスは迷える人を救うために来た
局を変える
お気に入りのオールディーズが流れ出す
思わず一緒に口ずさむ
君を愛してる
昨日よりも今日
今日より明日はもっと

Spiral Staircaseの「モア・トゥデイ・ザン・イエスタデイ」という曲
白人男性5人組、1969年ビルボードの12位まで上がったヒット曲
ちょうど50年前
アールは40歳だった
ベトナム戦争たけなわ
しかしアメリカは絶頂期だった

外で認められるほうが、ずっと大事だと思った
家での俺は役立たずだから

アール、メアリー
縮めて読むと何となくアメリカと聞こえ無くもない

つまり、アールとメアリーはアメリカの戦後そのものだった

世界の為にとがむしゃらに働いて、戦った
でもそのために国は疲弊してしまった

今のアメリカは老人になったアールとメアリーのようだ
偉大なアメリカ
そんなことメアリーも娘も孫娘も求めてなんかいなかった
家族の為に尽くしてくれる父、平和で安穏な暮らしであれば良かった
もう昔のように羽振りの良い事はできない
だけども見栄は張りたい
周囲の者が困っているなら援助してやりたい

そのためになら多少怪しげな仕事でも金になるならと手を出してしまう
これはヤバいと思ってもまあいいかと目をつむる
気付けばドップリ浸かってもう抜け出せない

単なる老人の物語なんかじゃない
これはアメリカの半世紀の物語だ
アールとはアメリカそのものの暗喩だ

デイリリーの花言葉
「憂鬱が去る」や「苦しみからの解放」「憂いを忘れる」などです
アメリカは今や老いました
憂鬱であり、苦しんでいます

正に2020年のアメリカ大統領選挙はそれです
そしてコロナ禍に蝕まれています

勝ったのはバイデンと言う老人
どこかクリントイーストウッドに似ています
彼は偉大なアメリカを取り戻すとは言いません
しかし、外で認められる事が大事だと言っています
トランプの方がメアリーの望むことを言っているように思います
バイデンはアールのようなアメリカに戻すと言っています

現実の今のアメリカは、麻薬や暴力に満ちてしまってます
外国人達が、ますますいいようにアメリカを利用し蝕む一方なのです
メキシコの屋敷でのシーンは、クスリ、女、暴力で大抵の人間は言いなりにされてしまうことを説明しています

若者達は彼らに取り込まれて転落するか、彼らを取り締まることに忙殺されてしまっているばかり
しかもネットに依存して自分の頭で考る力を失っています
言葉尻だけ政治的に正しいのかだけを問い、本質に目を向けることを忘れてしまっている
パンク修理のシーンはそういう意味だと理解しました

アメリカの理想だった未来に目を向けている若者なんかもうどこにも居はしないのです

もしかしたら、アメリカの理想なんて、メアリーの様に埋葬されてしまったのかも知れません

それでも思わず一緒に口ずさむ

アメリカを愛してる
昨日よりも今日
今日より明日はもっと

ラストシーンでデイリリーを植えるアールの後ろ姿
それは2020年のアメリカの後ろ姿なのです

アールの着ていた衣装は特典映像で、過去の出演作で彼が役の中で着ていたものばかりだと知りました

クリントイーストウッドが出演した様々な映画
それを振り返ってみるとアメリカの半世紀も思い返されてしまう
そのような効果を狙ったのだと思います

若い時に着ていたであろうスーツはお洒落で生地も仕立ても良いものです
2007年のリーマンショックとネット販売に押されて農園が差し押さえになってからは、安物の量販店のカジュアル衣料ばかり

大阪、東心斎橋にある、とある馴染みの音楽バー
少し前ひさびさに行ってみると、Spiral StaircaseのアナログLPレコードをJBLのスピーカーで鳴らしていました
この曲「運び屋」で掛かっていたんです
いい歌でしょ
それをこのバーのマスターから教えてもらいました

お嬢さん方、会場を間違えてますよ
美人コンテストの会場は3階ですよ

そんな軽口を言える老人に成りたいものです

アールとメアリーの物語
それは日本にも多少翻案すれば、そのまま当てはまるのかも知れません
日本版リメイクを作るべきだと思いました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
あき240

2.590歳の運び屋

さん
2020年12月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

クリントイーストウッド扮する退役軍人アールストーンは、サニーサイド花農場として賞を受けた。しかし、娘の結婚式には出席しなかった。12年後、花農場はインターネットに潰されトラックの運送を始めた。孫娘の結婚パーティーでアールは仕事ばかりで家族をないがしろにした事を妻から攻められた。アールは、輸送の仕事で前と同じホテルまでと指示され新たな電話機をもらった。しかし、それは麻薬の仕事だった。果たしてアールの運命は? 退役軍人で恐いもの無いからと言ってヤバい仕事だと分かって続けるかな。度胸も大したもんだけど人生の楽しみ方としてはどうかねぇ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

3.0グラントリノのときのキャラクターと似てる。クリントさんの演じる小粋...

2020年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

グラントリノのときのキャラクターと似てる。クリントさんの演じる小粋なじいさんツボだわ。すごい好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お手紙食べるほうのヤギ

4.0節目の1400作、大好きなイーストウッドで。 我がヒーロー、近年は...

2020年11月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

節目の1400作、大好きなイーストウッドで。
我がヒーロー、近年は老いたその姿が悲しかった。しかし、どうだ!本作はそれを通り越して凄い!やっぱり我がヒーローだ、イーストウッド。

話は簡単、説明不要。ラストに至るまでの警官とのやり取り、そして裁判。カッコいい、カッコよ過ぎる。この齢でこんな作品が作れるなんて。
何度でも繰り返します。イーストウッド、やはりあなたは我がヒーローです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

4.5おじいちゃんになったな~ でも、カッコいい

pirrkoさん
2020年11月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

おじいちゃんになったな~

でも、カッコいい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
pirrko

4.0外面よしおの反省と再生

ふささん
2020年11月24日
iPhoneアプリから投稿

ラストシーンで花の世話をするイーストウッドさん、いい顔しています。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ふさ

5.0考えろ

hideaquiさん
2020年10月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

スクリーンの中の90歳の クリント・イーストウッドと、麻生太郎や松本人志を隔てるもの。観ながら考え続けていたのだけれど、身もふたもないけれども、想像力なのだと思う。もちろん前記のおふたりにもまだ時間はたっぷりある。僕にだってあるはずだ。

LGBTって言葉が浸透したのもつい最近だと思ってたのに、いつの間にかそれにQがついてたりして、この世界のグラデーションの細分化の速さについていけない。

それがアメリカ南部の90歳男性、朝鮮戦争に従軍した退役軍人ならなおのことだろう。

見ず知らずの困っている他人を人種差別的呼称で呼びながら、いまどきの若者はやれやれと助けてあげる老人は、人種差別主義者なのか? 90歳になっても女性をモーテルに呼び出しデレデレと遊ぶ男性は、やっぱり女性蔑視のスケベジジイだろうか。それとも色男だろうか?

考えろ考えろ考えろ。

どれだけ努めて想像してもたどりつけない、当事者の知覚と思考と感情に少しでも近づこうと、脚色や演出を慎み深く研ぎ澄ました先に、表れ出るのが「生きろ」というリアリズムなんだと思う。

グラン・トリノのイーストウッドも朝鮮戦争の帰還兵だったな。ハートブレイク・リッジからもう30年以上経つのか。ソウル五輪からも30年。朝鮮半島が30年後どうなってるかなんて、想像したこともなかったな。鈴木大地が大臣になってるなんて。ましてや北朝鮮に核兵器とミサイルがあるなんて。

久しぶりにスクリーンに立てば、相変わらずのオレ様ぶり。ダーティー・ハリー。やっぱ最高だよ。

(オマケ)撮影監督はイーストウッドとの初めての仕事だったそうですが、何者?とググらずにはいられない秀逸な仕事ぶりです。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
hideaqui

4.0タタ、粋なジイさん! 大変面白かった、傑作です。

tunaさん
2020年10月22日
iPhoneアプリから投稿

タタ、粋なジイさん!
大変面白かった、傑作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna
「運び屋」の作品トップへ