HOMIE KEI チカーノになった日本人

劇場公開日

  • 予告編を見る
HOMIE KEI チカーノになった日本人
0%
38%
62%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本人でありながらメキシコのギャングの世界に足を踏み入れるなど、その壮絶な半生がノンフィクションとして出版され、マンガ化もされたKEIを追ったドキュメンタリー。親からの教育も学校教育もロクに受けることもなく、子どもの頃から新宿歌舞伎町でケンカに明け暮れていたKEI。ヤクザの世界に足を踏み入れたKEIはFBIのおとり捜査によって捕まり、アメリカの刑務所へと送り込まれる。抗争や殺人が絶えない最悪の刑務所内で、KEIはいつしかチカーノと呼ばれるギャンググループと通じ合うようになる。メキシコ人でないと受け入れられることのないチカーノギャングの世界で、仲間として、家族として受け入れられたKEIは、彼らと強い絆で結ばれたまま出所し、日本へ帰国する。帰国後、KEIは母親と自らの家族愛を取り戻し、さらに引きこもりなど問題を抱える少年少女を救済する団体を立ち上げる。本作はKEIの7年間を追い、KEIの波乱に満ちた生き様から、仲間、家族、人のつながりを問いかけていく。

2019年製作/73分/G/日本
配給:エムエフピクチャーズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
撮影
加藤哲宏
編集
有馬顕
大畑創
共同プロデューサー
中村保夫
YAS
プロデューサー
サカマキマサ
戸山剛
編集
有馬顕
大畑創
トラビス・クローゼ
音楽
原夕輝
配給統括
守屋文人
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)映画「HOMIE KEI チカーノになった日本人」製作委員会

映画レビュー

3.5運は妬み嫉みの無い者に味方するのだろう

Haruさん
2019年6月6日
iPhoneアプリから投稿

人に飢えれば餓えるだけ疎外感は増す。
でも、違うわけなんだ。彼の場合は…
親に捨てられたことも実感しないままに生死を賭けた世界に入ってしまったからなんだろう。
生き抜く力は運を呼ぶようだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Haru

3.5劇場版クレイジージャーニーとでもゆうべきか

Jiroさん
2019年5月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ヤクザからアメリカに収監されてチカーノギャングになって~という波乱万丈な人生を送ってきたアウトローKEIのドキュメンタリー映画。
クレイジージャーニーにも過去出演があったわけだが、この映画はその拡大版てきなノリで楽しむことができる。

・生い立ちから少年ヤクザになるまで
・日本で荒稼ぎしながらFBIにつかまるまで
・収監されてチカーノになって刑期を終えるまで
・出所してから現在に至るまで

ざっくり本人の半生を振り返るような内容になっているが、本人含めて出演者とそのエピソードが濃すぎる。

またこうしたアウトローの道を生きてきながら、チカーノ(メキシコ系アメリカ人)との交流で訪れた心境の変化というのも非常に興味深かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Jiro

2.5好きな人にはいいのかもしれません

sallyさん
2019年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

「HOMIE KEI ~チカーノになった日本人~」の完成披露試写会に行ってきました。

本作品、主人公である「KEI」のこれまでの半生をドキュメンタリーにしたモノです。

主人公の「KEI」さんとは、それ程、私と年が離れていなく、生まれた場所も近く、当時、ぶいぶい言わせた場所にも、居合わせていたので、これだけの人物なら噂ぐらい知っていていてもいいよなと思うのですが、私自身は知りませんでした。

生活の環境から、少年ヤクザになり、その後東京の歌舞伎町で大暴れして、やくざとして活動し、後にハワイでFBIに捕まり、アメリカの刑務所に入り、刑務所の中のギャングからも慕われ、その後日本に戻り、今ではボランティア活動をなさっている。

映画としては、地上波のドキュメンタリーレベルで、この手の人が好きな人には良いのかもしれません。

映画としては、興味のない人には、面白くないかな・・・・

私自身は、私自身とは次元の違う方だと思うので、理解出来る部分と理解できない部分がありますが、昔はどうであれ、今は子供達に慕われ、自身のような間違えは起こさせないようにしている活動は、素晴らしいと思うし、やはり、KEIさんは、根っからの腐った人間ではない人だなと思った。

しかし、ドキュメントの中のインタビューを聞いている限り、とにかく、荒ましい人生を送ってきたんだなと・・・・

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
sally

3.5我慢の男

のりさん
2019年4月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

クレージージャーニーで拝見して一度生のKEIさんにお逢いしたかった。やっぱり貫禄とオーラがありましたが、恥ずかしがりで優しい男のイメージを感じました。映画はドキュメンタリーですがテレビでは語られていない部分もありましたので面白かったです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
のり
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る