あの日々の話

劇場公開日

  • 予告編を見る
あの日々の話
23%
48%
20%
2%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

劇団「青年団」の演出部に所属し、自身も劇団「玉田企画」を主宰する玉田真也が、2016年に初演した同名舞台作品を自身の初監督作品として映画化。舞台は深夜のカラオケボックス。とある大学のサークルで代表選挙がおこなわれ、サークルのメンバーたちがカラオケボックスで二次会に興じていた。会は和やかに進んでいたが、ひょんなことをきっかけに、ボックス内は裏切りとだまし合いが横行する不穏な場へと変貌する。山科圭太、近藤強、長井短ら初演時のキャストに加え、太賀、村上虹郎が出演。18年・第31回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門出品。

2018年製作/100分/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2018「あの日々の話」製作委員会

映画レビュー

4.0日本社会のダメな点が凝縮されていた

ローチさん
2019年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

玉田真也監督の舞台は観たことがなかったが、この方は相当にセンスがあると思った。大学生が集い一夜のカラオケルームに、誰でも覚えがありそうなシチュエーションを見せているだけだが、日本社会のダメさが浮かび上がってくる。パワハラ、セクハラ、同調圧力、女同士のマウント合戦、世代間格差、ギスギスしているのになぜかみんな楽しそうに「振る舞っている」。誰かの共感を誘うのではなく、昆虫観察でもするかのような冷静でシニカルな視線を持った作品だ。見事な人間観察能力だと思う。そして、これが社会に出る直前の大学生の姿だというのがまた面白いし考えなくてはいけないところ。この感覚を持って社会に出た人間がこの国には大勢いるわけだ。
カラオケ店員役の太賀が良い。大学行っていないから、何も知らず傍目にはすごく素敵な関係に見えているのだが、映画を観ている観客は必ずしも同じ感想を持たない。このズレについて考えるのがすごく楽しい映画だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ローチ

4.0面白い

かりぶさん
2020年3月19日
iPhoneアプリから投稿

何も起きない。なんの教えもない。ただただサークルのカラオケオールを描いているだけなのに、ここまで引き付けられるのはなんだろう。みんなが感じた、もしくは憧れたこのたまらない愛しさをこの映画は存分に放っている。汗の匂いと愛の匂いと酒の匂いとタバコの匂いと。全部を感じることができる。
カメ止めなんか比じゃない。断然こっちの方が面白くて崇高な映画だ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かりぶ

2.5無為に過ぎていく時間

2019年6月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

 登場人物は皆小学生レベルの精神年齢である。自分を中心に世の中が回っている。不勉強だから封建主義のパラダイムに疑いを持たない。しかし現代劇らしくそこにパワハラやセクハラの会話も挿入する。すると簡単に彼らの価値観は崩壊してカオスとなる。もともと価値観など持ち合わせてはいないのだ。
 それでも仲間といればそれだけで楽しいと無理矢理に思い込み、歌を歌い悪ふざけをする。現実世界の中の自分のアイデンティティよりも仲間同士の力関係やグループ内での自分の立ち位置、承認欲求、それに欲望の充足が関心の殆どを占める。そんな仲間との時間は何も生み出さないし何も残さない。ただ無為に過ぎていく時間を引き攣った笑顔で見送るだけだ。中にはそのことに気づいている者もいるが、本音よりも空気を優先してしまう。
 本作品は若いときにはこういう無為な時間があるのだとだけ表現し、そこから先を観客に委ねているかのようである。映画館では笑いも起きていたが、仲間内の優越感と劣等感が元になった、要するに人を馬鹿にする類の笑いで、当方はまったく笑えなかった。いじめっ子がいじめられている子をバカにして笑ったり、いじめられている子が立場を改善するためにおどけてみせるのと同じで、それを見て笑える大人はいない。

 この映画を見て、ある歌を思い出した。1968年にリリースされた「Those were the days」(邦題「悲しき天使」)である。メアリ・ホプキンというイギリスの少女が歌った歌で、日本でも何人かの歌手がカバーしていた。歌詞の中に次の一節がある。
 Remember how we laughed away the hours think of all the great things we would do♬
 普通に翻訳すれば「自分たちが行なう偉大なことを考えながら、どうやって私達が時間を笑い飛ばしたかを思い出して」となるだろうが、もしかしたら「思い出して、私達が時間をどんなふうに笑い飛ばしてしまったかを。考えてみて、何か偉大なことが出来たかもしれないことを」というふうにも訳せるかもしれない。

 青春は模索の時期である。孔子でも30歳になってやっと独立した。人生を20年ずつ4つに分けると朱夏の時期に当たる。白秋の時期から玄冬の時期にかけて何かを成し遂げればいいのかもしれないが、例えば数学者のガロアのように若くして現代物理学にも使われる群論を確立したにもかかわらず20歳で亡くなった人もいる。将棋の藤井聡太七段はまだ16歳だ。
 うかうかしていると映画の日々がそのまま数十年も続くかもしれない。現に登場人物のひとりは結婚20年だ。若い頃にはこんな日々があったという振り返りを表現している面もあるが、世界観のないまま流されて生きていく若者の群像を描いているとも言える。
 ひとつだけ確かなことは、こういう若者はサッカーにしろオリンピックにしろ、日本人だから日本のチームを応援するのは当然だという考えで、それは大人になっても変わらないだろうし、そして選挙に行って政権与党に投票するだろうということだ。日本の未来は暗そうである。しかし最後に登場する村上虹郎の役に、一筋の光明を見出す。既存の価値観や慣習にとらわれずに自由に生きる若者の姿だ。それがこの映画の救いだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
耶馬英彦

3.5最後の最後まで楽しめる

Takaakiさん
2019年5月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

大学のサークルの代表を決めた後の二次会で行ったカラオケでの話
出演者それぞれにフォーカスをあてて丁寧に人物像を描いているような感じもあって
非常にわかりやすく、そして感情移入もしやすかった

誰しもが通る青春を思い起こさせてくれるものです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takaaki
すべての映画レビューを見る(全9件)