ゴッズ・オウン・カントリー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ゴッズ・オウン・カントリー
ゴッズ・オウン・カントリー
24%
54%
19%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「神の恵みの地」と呼ばれるヨークシャーを舞台に、大自然の中で求め合う2人の孤独な青年の愛の行方を描き、ベルリン国際映画祭をはじめ世界各地の映画祭で高評価を獲得したラブストーリー。年老いた祖母や病気の父に代わり、家族経営の寂れた牧場を切り盛りする青年ジョニー。孤独な労働の日々を酒と行きずりのセックスで紛らわす彼のもとに、ルーマニア移民の季節労働者ゲオルゲが羊の出産シーズンを手伝いにやってくる。はじめのうちは衝突してばかりの2人だったが、羊に優しく接するゲオルゲに、ジョニーはこれまで感じたことのない恋心を抱きはじめる。ジョニー役に「ライオット・クラブ」のジョシュ・オコナー。18年11月3日からシネマート新宿、シネマート心斎橋にて開催の特集企画「のむコレ」で上映され、19年2月2日から全国公開。

2017年製作/105分/R15+/イギリス
原題:God's Own Country
配給:ファインフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)Dales Productions Limited/The British Film Institute 2017

映画レビュー

4.5"神の恵みの地"で愛し合う者たちへの願いが明確に

2020年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

"神の恵みの地"と呼ばれるイギリスのヨークシャーは、かつて牧畜業で栄えた地。しかし、今は斜陽の只中にある。そんな希望のない状況が、年老いた祖母や体が不自由な父に代わって、黙々と牛の世話をする主人公の青年、ジョニーの日常には現れている。また、ジョニーが恋に落ちる日雇い労働者のゲオルゲは、故郷のルーマニアでは高学歴のインテリだ。そんな彼が、わざわざヨークシャーまでやってきて牧畜の助けをしなくてはいけない状況には、ヨーロッパが抱える移民問題の根深さが伺える。共に出口のない日々を送るジョニーとゲオルゲが、一緒になって大地に根差し、愛を確かめ合う物語には、ヨークシャーを、またはヨーロッパ全体を、地球の大地を、再び"神の恵みの地"へ返そうとする明確な意思が感じられる。ラブストーリーとして秀逸である以上に、そこが、この映画を味わい深いものにしている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
清藤秀人

5.0天が引き合わせた二人

さん
2020年4月20日
iPhoneアプリから投稿

愛を知らないかわいそうなジョニーだった。ゲオルゲと出会い、彼の優しさに触れ、かわいそうなジョニーは変わった。愛されたいという欲求が満たされて、彼はいつしか誰かを愛したいという希望を持つようになる。フランシス・リー監督の商業映画デビュー作。リー監督の審美眼は本当に素晴らしい。最高のスタッフと最高のキャスト。すべてが相乗効果を成している。この作品で見事な演技を披露してくれたジョシュ・オコナーとアレック・セカレアヌ。ジョニーとゲオルゲのように彼らにとってもこの作品は特別な経験になったという。A match made in heaven.まさに天が引き合わせた二人だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふ

4.5I want to be with You.

2019年12月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ヨークシャ地方で羊を飼育しているジョン。父と祖母と三人ぐらして全ての労働はジョンにかかっている。父親は一度倒れたようで、体を自由に使えない。春の羊の出産時期になると季節労働者を雇うようで、今年もギオーギ(Gheorghe ーAlec Secareanuー初めてみたがハンサムな俳優)が彼の家に。ジョンはギオーギのもみあげをみて、パッキーか(パキスタン人の軽蔑した言い方)と聞くがルーマニア人だと答えるとジプシー(軽蔑用語)かと聞いたりし、まるでギオーギの心を無視しているうえに、狭い社会で生きているから、自分が差別用語丸出しでも気がつかない。

二人の脱いだ服を見つけて片付けている時、使い終わったコンドームをみて祖母は苦しんだ。
祖母の葛藤と息子を理解しょうとする心に私は泣いた。毎日毎日バーで呑んだくれていた息子が、ギオーギを好きになって人が変わったことに気づいている。
それに、ギオーギが去って、日々の仕事だけを夢中にこなしている孫が忍びないと思っている。孫が出かける時、最後に何か忘れているんじゃないととジョージが働いている住所をテーブルからとって渡す。泣けるな。

祖母も父親もジョンを愛しているが文句ばかりで、褒めたり、感謝したりする言葉を全く出さない。でも、父親を入浴させている時、父が初めて息子の手に自分の手をおいてありがとうと言った。
https://www.youtube.com/watch?v=7dLrr9KdnVQ The Days - Patrick Wolf
LGBTQであるということの生きづらさ、それも、片田舎で、閉ざされた世界だと、サポートされずに色めがねでみられているし、受け入れられない。このような状態で生きている人々にとっての救いは家族の理解だと思う。家族の数多くの葛藤の渦の中で、GLTBQもその一つの葛藤として理解し解決していると思える映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Socialjustice

4.0最後まで観たら・・・。

2019年10月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カープ男子CML
すべての映画レビューを見る(全41件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る