ぼけますから、よろしくお願いします。

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ぼけますから、よろしくお願いします。
42%
46%
7%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

自身の乳がん闘病を描いたドキュメンタリー番組「おっぱいと東京タワー 私の乳がん日記」でニューヨークフェスティバル銀賞などを受賞したテレビディレクターの信友直子が、認知症の母親と耳の遠い父親を題材に手がけたドキュメンタリー。広島県呉市で生まれ育った信友監督は、大学進学のため18歳で上京して以来、40年近く東京で暮らし、現在はドキュメンタリー制作に携わるテレビディレクターとして活躍している。呉市に暮らす両親は結婚もせずに仕事に打ち込むひとり娘を遠くから静かに見守っていた。45歳で乳がんが見つかり、落ち込む娘をユーモアあふれる愛情で支える母。そんな母の助けにより、人生最大の危機を乗り越えた信友監督は両親との思い出づくりのため、父と母の記録を撮りはじめる。しかし、信友は母の変化に少しずつ気づきはじめ……。2016年と17年にテレビで放送された作品に追加取材、再編集を加えて、信友監督初の劇場作品として劇場上映。

2018年製作/102分/G/日本
配給:ネツゲン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
大島新
濱潤
共同プロデューサー
前田亜紀
堀治樹
山口浩史
撮影
信友直子
実景撮影
南幸男
音響効果
金田智子
ライン編集
池田聡
編集
目見田健
整音
富永憲一
語り
信友直子
全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)「ぼけますから、よろしくお願いします。」製作・配給委員会

映画レビュー

5.0親子愛と表現差のエゴと社会的意義とがせめぎ合う

ローチさん
2019年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

認知症の母を介護する90を超えた耳の遠い父と、その様子を撮影する娘。カメラを誰かに向けるということは残酷な行為なのだということが本当によくわかる。しかし、撮影という行為の加害性に気づいてもやめてはいけない時もある。本作はまさにそういう瞬間の連続だった。
自分らしく生きることを父は娘に求めた。娘が選んだのは映像で表現する世界、どれだけ残酷でもそれを貫徹することこそが親孝行なのだと考えたのかもしれない。
そして、カメラが写すものは老老介護の厳しい現実。それは高齢化社会を迎えた日本のいたるとこにある現実でもある。パーソナルな親子愛と、撮影者のエゴと、社会的に重大な意義がせめぎ合うすごい映画だ。
撮られる対象は時に大きく傷ついている。それでも記録を残すことは、社会の糧になるのならカメラを止めるわけにはいかない。それが監督の生き方なのだ。その生き方を選ばせてくれた親への恩返しなのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ローチ

4.0子供だから撮れる親の姿。

みーさん
2020年5月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みー

5.0ドキュメンタリーの底力

るるもさん
2020年5月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ドキュメンタリーの底力を見ました。
どんなにうまい俳優さんが演じても、高価なセットを使った演出をしても、造り物であることには変わりありません。ドキュメンタリーならではのリアリティーはすごい。

元気だったころの映像もあり、年をとるのは残酷だなとも思いました。
2時間ほどの映画ですが、おそらく何十時間、何百時間のフィルムを編集したのでしょうね。編集もナレーションも良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
るるも

5.0老々介護は長年連れ添った人だから

2019年12月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

監督の信友直子が、呉に住む両親の老々介護を、娘の視点から我慢しながら撮り上げたドキュメンタリー。
一人娘で東京のテレビ局に勤め、自身も乳がんを経験、父は95歳で腰が曲がっており、母親がアルツハイマーに罹る。
とても辛い現実が続くことになるが、母、父、娘の愛情があふれていて救いとなっている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全32件)

他のユーザーは「ぼけますから、よろしくお願いします。」以外にこんな作品をCheck-inしています。