ぼけますから、よろしくお願いします。
ホーム > 作品情報 > 映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」
メニュー

ぼけますから、よろしくお願いします。

劇場公開日

解説

自身の乳がん闘病を描いたドキュメンタリー番組「おっぱいと東京タワー 私の乳がん日記」でニューヨークフェスティバル銀賞などを受賞したテレビディレクターの信友直子が、認知症の母親と耳の遠い父親を題材に手がけたドキュメンタリー。広島県呉市で生まれ育った信友監督は、大学進学のため18歳で上京して以来、40年近く東京で暮らし、現在はドキュメンタリー制作に携わるテレビディレクターとして活躍している。呉市に暮らす両親は結婚もせずに仕事に打ち込むひとり娘を遠くから静かに見守っていた。45歳で乳がんが見つかり、落ち込む娘をユーモアあふれる愛情で支える母。そんな母の助けにより、人生最大の危機を乗り越えた信友監督は両親との思い出づくりのため、父と母の記録を撮りはじめる。しかし、信友は母の変化に少しずつ気づきはじめ……。2016年と17年にテレビで放送された作品に追加取材、再編集を加えて、信友監督初の劇場作品として劇場上映。

スタッフ

監督
プロデューサー
大島新
濱潤
共同プロデューサー
前田亜紀
堀治樹
山口浩史
撮影
信友直子
実景撮影
南幸男
音響効果
金田智子
ライン編集
池田聡
編集
目見田健
整音
富永憲一
語り
信友直子

キャスト

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 ネツゲン
上映時間 102分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全14件)
  • この道はいつか行く道、通るかもしれない道 ネタバレ! ドキュメンタリー作家の信友直子監督のご両親、高齢であるが広島県呉市でご健在。 だが、どうにも母親の具合がよくない。 医者の診断ではアルツハイマー型認知症になっているという。 監督のお父さんは90... ...続きを読む

    りゃんひさ りゃんひささん  2019年1月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 遠くない日本の未来 東京に暮らす女性ディレクターが撮り続ける、認知症の母親と介護する父親の記録。 一人っ子、女性の社会進出、未婚、都会での闘病、離れて暮らす親の認知症、介護。 良くも悪くも考えさせられることが沢山あ... ...続きを読む

    みんみん みんみんさん  2019年1月6日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 「日記」か「ある視点」か ネタバレ! 観察者の視点と状況への参加者の視点。 この双方をどのように映像に埋め込むのか。これが本作品の重要な課題だろう。 認知症を患う実の母親を(そもそも認知症を「患う」という言葉で語っていいのか、さらに... ...続きを読む

    critique_0102 critique_0102さん  2019年1月6日  評価:2.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ぼけますから、よろしくお願いします。」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi