劇場公開日 2020年1月17日

  • 予告編を見る

ラストレターのレビュー・感想・評価

3.8330
29%
51%
16%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全330件中、1~20件目を表示

4.5岩井俊二監督の世界観を生きることが許された女優たち

2020年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

岩井俊二監督作品は、どのタイトルであっても女優陣がとにかく美しい。
ただ美しいだけでなく、瑞々しく、可憐で目を離すことができなくなる。
今作では広瀬すず、森七菜が初めて岩井組に参加したわけだが、本編を見た同世代の女優たちは嫉妬にかられたのではないだろうか。それほどまでに、2人の“いま”の魅力を見事なまでに切り取ることに成功している。
「手紙」が題材となっているため、岩井作品のファンならば誰しも「Love Letter」に思いを馳せるのではないだろうか。いつだってオリジナル作品を世に放ち続ける、岩井俊二という映像作家の才気に触れていただきたい。

コメントする
共感した! (共感した人 7 件)
大塚史貴

4.0ジャンルは徹頭徹尾「岩井俊二」

村山章さん
2020年1月30日
PCから投稿

タイトルからも岩井俊二の劇場映画デビュー作『Love Letter』の変奏であることは明らかで、『Love Letter』だけでなく、さまざまな岩井俊二作品のモチーフが随所で引用されている。岩井俊二という人の作劇はかなり特殊で、これを本人以外がやっていたらパクリと言われるのがオチだろう。しかしさすがは本家の岩井俊二。どう転んでも「似てる」ことなど承知の上で、入り組んだ構成をより複雑に、とんでもなく複雑にアレンジしていて、ラディカルと言っていいほど野心的な作品に仕上がっている。群像劇、と言えなくもないのだが、とにかく主人公がバトンレースのように交代していくこの方式は、「映画とはこういう風に進むもの」という先入観をハナから否定している。思えば『Love Letter』のラストシーンも従来の映画的な結末から飛躍したもので、あれから25年を経てもなお、岩井俊二は自らが生み出したジャンルを更新しようとしているのだろう。全編どこを切ってもあふれてくる岩井汁。それでいてどこか新しい。集大成のようで、現在進行形の映画作家の凄みを感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 35 件)
村山章

4.0若手女優の二役が素晴らしい

Bratscheさん
2021年6月3日
iPhoneアプリから投稿

予告編を見た感じでは、もっと、ドラマティックなストーリーなのかと想像してたんですが…
穏やかな、静かな映画でしたね。

ともすれば、退屈な映画にもなりかねない程に静か。
でも、俳優陣が本当に上手で。

特に、共に二役(回想パートでの母親と現代パートの娘)を演じた広瀬すずと森七菜が、本当に素晴らしかった。

松たか子の演じた裕里は、常識的なところもありつつ、少し素っ頓狂なところもあって、おかしみのある女性。

回想パートの裕里(森七菜)は、それを踏襲した女子高生に。
現代パートに登場する裕里の娘 颯香は、屈託のない無邪気な女子高生。

広瀬すずは、回想パートでは健全な優等生キャラの美咲を演じ、現代パートでは、幼い頃から父親のDVに苦しみ、母を自殺で失った、憂いを含んだ女子高生 鮎美を演じてます。

2人とも、血の繋がりを感じさせつつも、別の人格をきっちり演じ分けてました。

しかも、現代パートでの2人の透明感といったら…
吸い込まれそうなほどに美しかった。
広瀬すずなんて、もう、大学も卒業するような年齢なのに、高校生にしか見えなかったですよ。
女優って、凄いですね。
(神木くんも、普通に高校生に見えました w)

話としては、ほんと、「目を見張るような展開」なんて、全然ないんですよ。

でも、仄かな、それでいて芯の強い愛情が、それぞれの関係性の中に感じられて、胸がじんわりと温かくなる映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bratsche

4.0森七菜が上手くてびっくりした。ほぼ全てのシーンで正解を出していて、...

時村さん
2021年5月1日
Androidアプリから投稿

森七菜が上手くてびっくりした。ほぼ全てのシーンで正解を出していて、それでいて自然だった。どこまで計算してるのかわからないけど天才的としか言いようがない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
時村

3.5返信早いんで

2021年4月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

幸せ

ただただ評価がいいので気になって鑑賞。
岩井俊二監督の作品は今まで1度も見た事ないですし、出演者の広瀬すずと福山雅治が個人的にどうも好きになれない(ファンの方すいません)。ということで、そこまで期待はせず。

なかなか良かったです。
静かな恋愛映画だけれど、かなり趣深く監督が伝えたかったであろうことが沢山詰め込まれており面白い。

裕里(松たか子)は姉・美咲の葬儀に参列し、帰り際に姉の娘である鮎美(広瀬すず)から美咲宛の同窓会の招待状を手渡される。裕里は姉の死を伝えるために同窓会に足を運ぶが、自分が美咲だと勘違いされてしまう。

雰囲気とにかく良い。
照明の当て方や絶妙なカメラワークがとても居心地よく、ただの日常に見えるのだけどどことなく寂しさが空気中を漂っており、グッと苦しくなるものがある。特に福山雅治が涙を流すシーンではあの雰囲気と2人の心情に胸が張り裂けそうになり、姉の偉大さが感じられた。

先走って言ってしまったが、演者の良さが引き立っている。この監督は一人一人の演者を非常に上手く使っており、演技をしているとは思えないほど自然で違和感のない作りになっている。不器用だけど心優しい松たか子、漫画家で怒ると怖い庵野秀明、素直で陽気な森七菜、不安を抱える笑顔が素敵な広瀬すず...などなど、それぞれぽいな〜と感じる部分が凄く多い。オフの時もこんなんじゃないかな?と思えるほど。

そして余韻がとても良く色んなことを感じる。
私が一番強く感じたのは「昔の今の連絡」。
監督はこれを伝えたかったんだろうと思った。
昔は文を送るとなると手紙だけ。誰かを通じて手渡してもらったりして相手のことを想う。今でもおばあちゃん世代はその考えが根強く、手紙を書くこともしばしば。便箋ちょうだいと言えば直ぐに出してくれるし。
だけど、今ほとんどの人はLINEでメールを送る。LINEだとすぐに返信が送れるし返ってくる。紙とペンを出す必要も無いし、ポストに投函しなくてもいい。だけど、同じ文章なのに感情が伝わりにくい。
「誰?」って怒ってるの?ただ聞きたいだけなの?
手紙は長文のやり取り。これがどんどん無くなっていくのは悲しいな〜。

ただ、見応えにかける。
感動しないし、共感はあまりできない。
松たか子が主演というには何だか納得がいかないし、高校時代と現在の間に何があったのかというのをサラッと流しすぎている。ドラマでじっくりゆっくり時間をかけて話を進めて欲しいと思ったそんな作品だった。

また、意味不明な部分もいくつか。
3つの手紙が行き来する中でなぜ不信感を抱かないの?とか、じゃあなんで言わなかったの?とか、そんなアッサリしているもんかね?とか。この点も含めて1つの映画にまとめるには少し無理があったのかと感じた。

ただ、非常に心地よかったので満足です。
最近松たか子ブーム。大豆田とわ子と3人の元夫、マジで面白すぎますって!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
サプライズ

3.5人によって評価の振れ幅が大きい映画

2021年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

舞台が田舎町ということもあり、風景はどこか懐かしさを感じられるもので敷き詰められている。その雰囲気とは裏腹に様々な展開が襲ってくる本作。
終始広瀬すずの美貌に目を奪われ続けてしまった。肝心の内容はというと、全体的には良い映画だったかな程度。
こういった類の映画であれば、お涙頂戴シーンを増やすことが出来ると思うのだが敢えてそうしなかったところには好感が持てる。
ハラハラする展開もあるが、その中にも日常に近いものが多く感じられ観た人の昔の記憶を思い出させてくれると思う。
観た人によって評価の振れ幅がだいぶ変わってくると思う。こういう作品を求めている人にはとても響くものだと思うし、なんとなくで観た人には少々退屈さを感じさせてしまうかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
米ディアン

5.0岩井監督ありがとう

さん
2021年4月3日
スマートフォンから投稿

ストーリーに大きなどんでん返しがあるわけじゃなく想像どうりに淡々と進んでいくのだけど、気がつくと自分の胸に響く映画になっていました。
何回も観ました。
何回観てもまた観たくなります。
キャスティングの妙味も、松たかこと森七菜の組み合わせ、素晴らしい。
広瀬すずも素晴らしい。
もちろん福山と神木の組み合わせも素晴らしい。
でもこの映画といえば森七菜を思い浮かべさせる彼女は本当に凄い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
和

4.0止まっていた時が動き出す。

Y Kさん
2021年3月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

感想
岩井俊二さんの作品は『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』しか見た事がありません。岩井監督独自の世界観は今作でも健在で、岩井俊二作品のファンであれば楽しめる事間違いなしだと思います。どこか懐かしい世界観に引き込まれて楽しめました。
ウソの手紙から始まる恋愛ドラマ作となっており、恋に年齢は関係ないと思わせてくれる温かみを感じました。
また、登場人物の背景も細かく描かれており感情移入しやすかったです。短い様で長い人生、何が起きるかわかりません。悔いのない様に生きていたい思わされました。
出演されている俳優陣が豪華すぎてその点は驚きました。皆さん流石の演技力でしたね。
総評
岩井俊二節炸裂の良作。
たまには重厚でゆったりした大人な青春ドラマで浸るのも良いのでは⁈

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Y K

2.0美しい姉

2021年3月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

正直、最後まで入り込む事が出来きませんでした。重い設定の割に話が淡々としすぎているような、、、(他のレビューを読むと感動されている方が多かったので、書きづらいのですが、、、)

妹裕里が姉未咲の事をどのように思っていたのかがわかりにくかったです。

美しい姉。人気者の姉。初恋の相手を奪った姉。。。
妹の裕里から見て姉はどんな存在だったのだろう。憧れもあったかもしれないが、嫉みや嫉妬もあったはず。

姉の同窓会に行く裕里の真意も読めませんでした。本当に姉の死を知らせる目的で行ったのだろうか?一度でいいから姉になってみたい。そんな気持ちがどこかにあって、それで同窓会に行き、人気者の姉の気分を味わいたかったのではないか?、、、と、あれこれ考えてしまったのですが、そんなドロドロした映画ではなかったですね笑。

妹は姉をどう思っていたのか。
姉が亡くなってまだ一ヶ月。それなのにケロッとした感じで、しかも初恋の相手にときめいたりもしている。姉妹の死ってその程度の重さなのでしょうか?でも、だからといって姉を恨んだり嫉んだりしている風でもありません。二人がどんな姉妹だったのかが伝わる描写も無く入り込めませんでした。

嫉妬と憧れの入り混じった妹の姉に対する複雑な感情をもっと出してもいいのではないか?そういう人間の汚い部分が無くて綺麗な話にまとまっていたので違和感がありました。でも重い設定なのにジメジメした話になっていなかったのはある意味すごいなと感じています。

『シン・ゴジラ』の庵野秀明監督が、おとぼけキャラの夫役を好演されていました。この前ゴジラを観たばかりなので驚きました。こんなお顔をされてたのですね!庵野監督が出ている場面はほんわかとして安らぎました。福山雅治さんも良かったです。『マチネの終わりに』では大スターオーラが眩しかったのですが、ここでは、良い意味でそのオーラが無くて、売れない小説家役が違和感無かったです。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 4 件)
セロファン

3.0共感できる部分や予想外の展開はなかった。乙坂が書いた小説の内容がも...

Shin Kさん
2021年2月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Shin K

3.0福山雅治が2枚目半で良かったが、

2021年2月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

広瀬すずには生徒会長は似合わないかも。森七菜の演技は良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっちゃんのパパと

4.0「ラブレター」がよかったから楽しみにしていた。 過去・現在のタイミ...

2021年2月16日
iPhoneアプリから投稿

「ラブレター」がよかったから楽しみにしていた。
過去・現在のタイミングが相変わらず絶妙でワクワク、そして心地よいソワソワがある。鏡史郎が鮎美と会った時のフラッシュバックしたような錯覚に陥ったのだろうか。そんな感情移入してもどかしい自分にも気づかされた。
ラスト、色々な思い出が込みあげて昇華されるような美しい滝の映像が印象的でした。
インターネットが普及した現在。肉筆とタイムラグが生み出す手紙という心に焼き付くような人間のやり取りも悪くないと再認識しまし

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
susumu takeda

4.0「ラブレター」がよかったから楽しみにしていた。 過去・現在のタイミ...

soulmanさん
2021年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「ラブレター」がよかったから楽しみにしていた。
過去・現在のタイミングが相変わらず絶妙でワクワク、そして心地よいソワソワがある。鏡史郎が鮎美と会った時のフラッシュバックしたような錯覚に陥ったのだろうか。そんな感情移入してもどかしい自分にも気づかされた。
ラスト、色々な思い出が込みあげて昇華されるような美しい滝の映像が印象的でした。
インターネットが普及した現在。肉筆とタイムラグが生み出す手紙という心に焼き付くような人間のやり取りも悪くないと再認識しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
soulman

4.0そんなちっちゃな本に収まるもんじゃねぇんだよ

shimoさん
2021年2月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
shimo

4.5透明感❣️

アローさん
2021年2月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

泣ける

幸せ

萌える

兎に角、広瀬すずと森七奈の透明感が印象に残る映画。あと、松たか子は鉄板の安定感❗️

全体的には、田舎の自然の映像がとても綺麗で
心が洗われます。
特に小さい滝の映像と水音のなかに広瀬すず。
映画館とレンタルで2回観ました。

ちょっと子供時代と大人時代の配役にギャップがありますが、良い映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アロー

4.5登場人物の掛け合いが良い

ミネさん
2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

広瀬すずや森七菜、福山雅治の掛け合いが引き込まれた。現在の子供たちも高校時代の登場人物を広瀬すずや森七菜が一人二役やってるのも何か良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミネ

4.0真っ当なノスタルジーもの。支持。

2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

「マチネの終わりに」に続き、福山雅治好調。
未来を如何に生きるかで過去は変えられる、にまた落涙。
恋をしてそれを隠す松たか子は潤い輝く。
劣化した味を出せる豊川悦司た中山美穂もろとも真っ当なノスタルジーものに回帰した岩井俊二。
支持。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きねまっきい

4.0悲しくて優しい物語

ニョロさん
2021年1月29日
iPhoneアプリから投稿

手紙がつなぐ愛の形が美しい物語になった。
広瀬すずが母親役と娘役の二役を演じて、素晴らしかった。この子は上手いなぁ。そしてとても美しい。
手紙で綴った想いは、それを読んだ彼女と娘に伝わって不幸な暮らしの中で唯一の光になっていたんだと思うと、本当に涙が止まらない。最後は自殺だったと聞いた時、彼はどんな気持ちだったのだろう。
一冊しか書けていない小説、でも彼はこの後、物語を書き上げるだろう。彼女への愛が完結するんだろう。
登場人物すべての人に等しく優しい物語だった。
いい映画だなぁ💕

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ニョロ

4.5神木隆之介の高校生姿に違和感なし!

kazzさん
2021年1月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

WOWOWの放送を録画して観賞。

岩井俊二監督は、そもそも小説家を目指していたという話を聞いたことがあるが、物語を創りだすのが上手い。
もちろん、広瀬すずと森七菜、そして松たか子の魅力もあるのだけれど、ストーリー自体が面白い。

自分が恋した先輩が姉宛のラブレターを自分に託す。そのラブレターを姉に渡せず自分で読んでしまう。
ここまでは思いつきそうだが、時が経って中年になり、亡くなった姉に成りすまして出席した同窓会でその先輩と再会し、偽りの文通に発展する。
先輩には住所を書かずに手紙を出したため、先輩は実家に手紙を送ってくる。実家には姉の娘と夏休みで滞在している自分の娘がいて、彼女らがまた成りすまして返事を出すのだ。
何とも面白い仕掛けではないか。この偽りの文通を発展させて上質の恋愛物語を構築することもできたと思うが、これは観客と娘たちに過去の経緯を説明する手段に止め、あっさりと嘘の関係を解消させてしまう。そして物語は少し重めの本筋へと移っていく。

姉が夭逝した理由が分かって以降が少々ツラい。
広瀬すずだと思うから、余計に酷すぎるのではないかと感じてしまう。

物語は、福山雅治が亡くなった元恋人との失われた時間探しをする展開となり、たどり着いた豊川悦司の辛辣な言葉に打ちひしがれる。
しかし、娘たちと出合うことで、彼の中のわだかまりに決着をつける方法を見つけたようだった。
そして、この出合いは娘(広瀬すず)にとっても、母の無念を清算することにつながったのかもしれない。

同窓会で、若き日の姉(広瀬すず)が卒業生式辞を読み上げる録音が流される。
これが実は先輩(神木隆之介)と姉との関係のきっかけだったことが徐々に明かされる。
そして最後に、これが母から娘へのメッセージに昇華するという、よく練られた大団円だ。
主要登場人物たちは皆、前を向いて歩きだす。

広瀬すずが神木隆之介の前で初めてマスクをはずす場面、神木の息を飲む演技に説得力を持たせる輝きが広瀬すずにはあった。
母校を訪れた福山雅治が、犬の散歩をする広瀬すずと森七菜を偶然見かけるシーンが、実に美しい。
芸達者な松たか子が最初は主人公かと思ったが、狂言回しの役割だった。夫を演じた庵野秀明が妻の浮気を誤解して「ヤシマ作戦」を企まなくて良かった…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 32 件)
kazz

3.0男のロマンかよ

Joさん
2021年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

今どきにない、とてもロマンチックなお話で、雰囲気も素敵だった。
岩井俊二監督だしね~
風景が爽やかで美しくセンチメンタルな懐かしさを感じたかな。
配役の妙は面白かった。

ふ~ん、なるほどね。
時々映画の話をする男性陣がベタ褒めだったので期待して観たけど、男のロマンってこんな感じなんだ、という事が分かった映画でした。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Jo
「ラストレター」の作品トップへ