オペレーション:レッド・シー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
オペレーション:レッド・シー

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2015年に内戦の続くイエメンから多くの自国民や外国人を救出した作戦をもとに描いた、中国製ミリタリーアクション。製作にあたり中国の海軍が全面協力し、実際の救出作戦で活躍した艦艇などが撮影に使用されている。監督は、香港アクション界の巨匠ダンテ・ラム。中東の某国で内戦が勃発し、現地に在留する自国民を助け出すため中国海軍が救出作戦を展開。多くの中国人が現地を脱出する一方、一部の人々が大使館などに取り残されてしまう。取り残された人々を救出する任務を負った「蛟竜(こうりゅう)突撃隊」の精鋭たちは、激戦を潜り抜けながら自国民を救出していく。しかし、1人の女性がテロリストによって連れ去られてしまい、蛟竜突撃隊はテロリストの制圧下にある危険地帯に足を踏み入れていく。

2018年製作/143分/中国・モロッコ合作
原題:紅海行動 Operation Red Sea
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2018 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved

映画レビュー

2.5リクルート映画

2019年9月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

海賊の制圧に続いて、中東の内戦に伴う民間人の救出作戦が描かれる。
陸海空の演習かと思うほどの物量が投入されている。
人民解放軍のリクルート映画みたいで鼻につく。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0隠れたミリタリー映画の傑作。

2019年8月14日
スマートフォンから投稿

プラトーン、ブラックホークダウン、等に並ぶ名作かもしれません。

若干、要素を詰め込み過ぎの空気は漂いますが…

ミリタリーファン必見の1作品です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
村田です。

5.0これは!

2019年2月11日
Androidアプリから投稿

もの凄い!生涯中、一番の戦争もの、、容赦ない中国力恐ろしい、日本では到底作れない、ハリウッド真っ青、もっと拡大し、長期間の上映を是非とも願いたい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぢぢぃの老婆心

5.0度肝を抜かれた...スゴ過ぎる

ゆうまさん
2018年11月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

2015年とつい最近起きた2度目の国外派遣の民間人救出作戦で、成功した実績を世界へアピールする為に即映画化されたのでしょう。
ダンテ・ラム監督はおそらくキャリア最大規模の予算を正しく使い、プロバガンダと言うと大袈裟ですがその皮を被った250%盛り盛りのブッ飛んだミリタリーアクション映画が出来上がりました。中国の軍人が活躍する映画として検閲もされてるのに、こんなゴア描写ありで出せた事も凄いです。

海軍全面協力の為、ホンモノの軍艦(映画初披露)だったり、詳しくはありませんが映画内の兵器どれもが存在感があり、軍事パレード状態!
そして作品テンポなんてクソ喰らえ!の如く9割は激しい銃撃戦と爆発の連続、加えてゴアもしっかり描写!「ランボー 最後の戦場」程ではないですが、リアルで痛々しいです。(特に迫撃砲を食らったバス内の民間人)
海軍特殊部隊のお話ですが、ほぼ陸上での作戦で民間人救出から核爆弾に関する情報入手によりさらに特殊作戦に次ぐ特殊作戦と続きます。
作戦内容自体は分かりやすいですが、救出・護衛・潜入・狙撃対決・篭城戦から戦車戦と色んなバリエーションの作戦や戦闘が文字通り息もつかせない程盛り沢山の為、映画の大筋というか大元の作戦目的が何だったのかを忘れてしまうかもしれませんw
シチュエーションありきで脚本を作ってるように見えましたが、その割には上手く連続で繋げられている方だなという印象。
装備はダサい中華銃ではなくSCARなどメジャーな銃器でハイエンドな装備に見え、個人的に良かったです。

正確な描写かは置いてミリタリーアクション部分は大大大満足ですが、一時期流行った欧米の同ジャンルと比べるとドラマ部分や部隊隊員についての掘り下げは最小限の為、この点については好き嫌いが分かれるかもしれません。
個人的には臭くなりがちな演出、それこそ感情に訴えようとするわざとらしさは不要だったので、戦闘や専門・役割を通して隊員のキャラを見ていくのが面白かったです。そして隊員の身体がボロボロになるまで闘い抜く姿だけで十分でした。
ラストシーンは本編とは「海」くらいしか関係がない唐突な"お約束"の威圧的なメッセージですが、香港の監督だからかやっつけ感により逆に全く鼻につかないと思います。が、アレルギーの方は暗転してデカ文字が出た瞬間に停止しましょう!

以下、余談
ストーリーラインが単純過ぎないよう「救出作戦」だけでなく核を巡る「現代戦」テーマにも感じるように絶妙に仕上げてあり、色んなミッションの連続性から5〜10年くらい前の現代ミリタリーFPSゲームライクでした。おそらくまんまAAAレベルでゲーム化出来たら、今のCall of Duty、Battlefieldより高品質なシングルプレイを提供してくれるでしょう。
話は脱線しましたが、アメリカが以前やっていたこのジャンルをエンタメの質で超える作品を作ってしまった事は事件で、アクション映画ファンには是非観てもらいたいですね。
アメリカ製でもマイノリティの兵士の視点や麻薬戦争など闇の深い現代戦争にフォーカスした今の路線の戦争映画も好きなので、棲み分け出来そうです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゆうま
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る