少女Aの殺人 容疑者ドロレスは、本当にカミラを殺したのか?

解説

同級生殺害の容疑をかけられた少女の運命を描き、2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品されたサスペンスドラマ。女子高生カミラが自宅で何者かに殺害された。第一容疑者として浮上したのは、彼女の親友だった18歳のドロレス。カミラは殺害される前、ドロレスとボーイフレンドのセックス動画をSNSで拡散していた。決定的な物証がないまま2年半の歳月が過ぎ、21歳になったドロレスはついに殺人罪で告発される。マスコミが騒ぎ立て全国民の注目が集まる中、裁判が始まるが……。出演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナル、「人生スイッチ」のレオナルド・スバラーリャ、「偽りの人生」のダニエル・ファネゴ。

2018年製作/108分/アルゼンチン・メキシコ合作
原題:Acusada

スタッフ・キャスト

監督
製作総指揮
ミッキー・バイ
バビエル・ブレア
脚本
ゴンサロ・トバル
ウリセス・ポッラ
撮影
フェルナンド・ロケット
音楽
ロヘリオ・ソサ
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第75回 ベネチア国際映画祭(2018年)

出品

コンペティション部門 出品作品 ゴンサロ・トバル
詳細情報を表示

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「少女Aの殺人 容疑者ドロレスは、本当にカミラを殺したのか?」以外にこんな作品をCheck-inしています。