おかえり、ブルゴーニュへ

劇場公開日:

おかえり、ブルゴーニュへ

解説

「猫が行方不明」「スパニッシュ・アパートメント」のセドリック・クラピッシュ監督が、フランス・ブルゴーニュ地方のワイナリーを舞台にした人間模様を描いたドラマ。フランス・ブルゴーニュ地方のワイン生産者=ドメーヌの家の長男として生まれ育ったジャンは、世界を旅するため故郷を飛び出したが、父親が末期の状態であることを知り、10年ぶりに故郷ブルゴーニュへ戻ってくる。家業を継ぎ、ワイン作りに励む妹のジュリエット、そして別のドメーヌの婿養子となった弟のジェレミーと兄弟3人の久しぶりの再会を果たすが、間もなく父親が亡くなってしまう。残された葡萄畑や相続などさまざまな課題に直面する中、父親が亡くなってから最初の葡萄の収穫時期を迎え、兄弟たちは自分たちなりのワインを作るため協力し合う。その一方で、長男は離婚問題、長女は醸造家としての方向性、次男は義父問題と、それぞれが打ち明けづらい悩みや問題を抱えていた。

2017年製作/113分/PG12/フランス
原題:Ce qui nous lie
配給:キノフィルムズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2016 - CE QUI ME MEUT - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA

映画レビュー

4.0ワイン造りと映画造りが同期していくような絶妙な味わい

2018年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

かつて映画とワインは似ていると教えられたことがある。映画は物語の中で時を重ね、独特の渋みや重み、その背後にある仄かな隠し味や香りを帯びながら、人と人との関係性を丹念に熟成させていくもの。その工程が一つでもうまくいかないと、味わいにまとまりがなくなり、満足できるクオリティとは程遠いものとなる。

クラピッシュの待望の新作は、ワイン造りと映画造りがまさに絶妙に同期していくかのよう。丹念に手間暇かけた仕込み、そして深みのある味わいがなんとも胸を打つ。三人の兄妹を隔てた長きにわたる歳月。そして父の死をきっかけに彼らが一心同体となって進めていくワイン造り。幼い頃の記憶が随所に蘇り、このワイン一杯に様々な時間の流れが込められていることに思わず溜息がこぼれてやまない。何かそれほど劇的な展開が待ち構えているわけではないにしろ、めぐりめぐる季節の中で、人もまた成長し、じっくりと成長を遂げていく様を堪能した。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
牛津厚信

3.5ブルゴーニュの美しい景色を堪能

2022年10月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ブルゴーニュの美しいワイン畑の景色を堪能できる一本。

オーストラリアに恋人と子供を残してきたジャンがどんな決断をするのか最後までわからない。

弟は無事に義父から独り立ちできるだろうか。
何だかんだ仲良しな兄弟でほっこりした。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
Kinoko

5.0好きなんだ

2021年4月24日
iPhoneアプリから投稿

この映画、見てくりや分かるよ。グダグダ言わなくても。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
ken

3.0ワイン造りを知る映画

2021年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
トミジュン
すべての映画レビューを見る(全35件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る