ヒトラーと戦った22日間

劇場公開日:

ヒトラーと戦った22日間

解説

第2次世界大戦下にナチスが建設したアウシュビッツと並ぶ絶滅収容所ソビボルで起こった脱出劇を、実話をベースに描いたドラマ。国籍、貧富などは関係なく、ユダヤ人たちがガス室で大量殺りくされていったソビボル絶滅収容所。からくも存命しているユダヤ人たちの間では、密かに脱走を計画するグループがあったが、彼らにはその計画を牽引するためのリーダーが存在しなかった。そんな中、1943年9月、ソ連の軍人アレクサンドル・ペチェルスキーが収容者としてソビボルに送り込まれる。ペチェルスキーの統率能力とカリスマ性によって、収容者全員脱出を目指す壮大な反乱計画が本格的に動き出す。ロシアの国民的俳優コンスタンチン・ハベンスキーが自らの脚本で初メガホンをとり、映画監督デビュー。同時にペチェルスキー役で主演も務めた。「ハイランダー」シリーズのクリストファー・ランバート、「ゆれる人魚」のミハリナ・オルシャンスカ、「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」のマリア・コジェーブニコワらが顔をそろえる。

2018年製作/118分/PG12/ロシア・ドイツ・リトアニア・ポーランド合作
原題:Sobibor
配給:ファインフィルムズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Cinema Production

映画レビュー

3.5従来のホロコースト映画とはやや異なる余韻を残す

2018年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
牛津厚信

5.0見て損はしない。

2021年11月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

実際にあった話しです。
この映画に出会えて良かった。悲惨な状況も中でも勇敢に戦った人達がいた事、生きる事を諦めなかった人達がいた事。
その事を知る事が出来て良かった。
この映画から勇気をもらいました。
悲しい過去の現実を決して忘れません。
皆に見て欲しい映画です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Kansas n

3.5【”ソビボルへようこそ。新しい生活が始まります・・。”というアナウンスが流れる中、職人以外の捕虜たちは”消毒”されていった・・。】

2021年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

難しい

ー 今作を鑑賞するまで、忌まわしきアウシュビッツ、トレブリンカ、ベウゼツ絶滅収容所と並ぶソビボル絶滅収容所で1943年に起こった出来事は知らなかった。
  実話ベースだが、イロイロと気になる点があった作品である・・。ー

◆気になった点
 ・一番気になってしまった点は、捕虜の女性達が”消毒”されるシーンである。映画界のモラルとして、絶滅収容所でのガス室のシーンを”ピントを暈さずに”描くのはタブーではなかったか・・。

 ・次に、脱出を指揮したのが、ソ連の軍人だったこと。彼を演じたのが、ロシアの国民的俳優のコンスタンチン・ハベンスキーである事。彼は、今作では監督・脚本も担当している。

 ・これは、歴史の哀しき出来事を描きながらも、ロシアの国威発揚映画になってはいないか。劇中、脱出を画策したメインキャラクターの一人が言った言葉。
 ”スターリンの心を持っているのさ”
 ー オイオイ、スターリンは、ホロドモールなどを指揮した、ヒトラーと並ぶ虐殺者だぞ・・。ー

<映画としては、知らなかった史実が描かれており、(残虐なシーンが多いのは気にはなったが戦争映画なのであるから、そこは仕方がない。)勉強になったし、第二次世界大戦のナチスへの復讐映画としてのクオリティは高いと思う。
 だが、記したように、”ロシアの国威発揚映画ではないか”、と思ってしまった作品。
 フライヤーによると、今作はロシア国内では「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に次ぎ、初登場2位を記録し、大ヒットを記録したそうである・・。>

コメントする (0件)
共感した! 2件)
NOBU

4.0鬼畜の所業

2021年8月8日
iPhoneアプリから投稿

これは戦争以下だ。
全員で!という彼の意志はなんとも心強い言葉だ!

重い。。。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
KTM
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る