ヒトラーと戦った22日間

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ヒトラーと戦った22日間

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次世界大戦下にナチスが建設したアウシュビッツと並ぶ絶滅収容所ソビボルで起こった脱出劇を、実話をベースに描いたドラマ。国籍、貧富などは関係なく、ユダヤ人たちがガス室で大量殺りくされていったソビボル絶滅収容所。からくも存命しているユダヤ人たちの間では、密かに脱走を計画するグループがあったが、彼らにはその計画を牽引するためのリーダーが存在しなかった。そんな中、1943年9月、ソ連の軍人アレクサンドル・ペチェルスキーが収容者としてソビボルに送り込まれる。ペチェルスキーの統率能力とカリスマ性によって、収容者全員脱出を目指す壮大な反乱計画が本格的に動き出す。ロシアの国民的俳優コンスタンチン・ハベンスキーが自らの脚本で初メガホンをとり、映画監督デビュー。同時にペチェルスキー役で主演も務めた。「ハイランダー」シリーズのクリストファー・ランバート、「ゆれる人魚」のミハリナ・オルシャンスカ、「バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍」のマリア・コジェーブニコワらが顔をそろえる。

2018年製作/118分/PG12/ロシア・ドイツ・リトアニア・ポーランド合作
原題:Sobibor
配給:ファインフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Cinema Production

映画レビュー

3.5従来のホロコースト映画とはやや異なる余韻を残す

2018年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

3.5良い映画。が、しかし。

Morikiさん
2018年10月20日
iPhoneアプリから投稿

しかし、いつものことですが、パレスチナで、何百人も、虐殺があった後は、必ず、こんな良い映画が出てくる。アンネの再発見も同様ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Moriki

0.5ヒトラーは、ギャラ交渉の際で出演せず?

2018年10月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
突貫小僧

4.0ラスト30分が凄絶なロシア版「大脱走」

2018年9月29日
iPhoneアプリから投稿

光と影のコントラストが際立つ渋い映像美が素晴らしいです。その分、ユダヤ人の凄惨な状況と、ナチの蛮行がリアルに強調され、ラストのナチ士官殺害と脱走へのカタルシスにつながるんだけど、あくまでも淡々と描く監督の手腕がすごいと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シネマディクト
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る