500ページの夢の束

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
500ページの夢の束
500ページの夢の束
15%
64%
17%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ダコタ・ファニングが自閉症を抱える少女を演じ、ある思いを胸に500ページの脚本を届けるためハリウッドを目指す旅の中で、少しずつ変わっていく少女の姿を描いたハートフルストーリー。自閉症のウェンディは「スター・トレック」が大好きで、自分なりの「スター・トレック」の脚本を書くことが趣味だった。ある日、「スター・トレック」の脚本コンテストが開かれることを知った彼女は、渾身の一作を書き上げる。しかし、郵送では締め切りに間に合わないことに気づき、愛犬ビートとともにハリウッドを目指して旅に出る。ダコタ・ファニングが主人公ウェンディを演じ、ウェンディを支えるソーシャルワーカーのスコッティ役でトニ・コレット、ウェンディを案じながらも訳あって離れて暮らしている姉オードリー役でアリス・イブが共演。監督は「セッションズ」のベン・リューイン。

2017年製作/93分/G/アメリカ
原題:Please Stand By
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0人が物語を欲する理由

2018年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

「サピエンス全史」で著者のユヴァル・ノア・ハラリは、人類は「現実には存在しないものについて語り、信じられる」ようになったから進化したと語っている。国や宗教、経済システムなど全ては虚構であり、その虚構を皆が信じるから価値が本当に生まれる。これを認知革命と彼は呼ぶ。

人はフィクションを信じる力によって発展したのだ、とハラリは言っているわけだが、本作も、スケールは小さいが同じことを言っている。主人公のウェンディは「スター・トレック」マニアで脚本コンテストのためにベイエリアからLAまでの旅に出る。自閉症の彼女にとって一人での旅が不安がたくさんあったが、スター・トレックとその物語を自分が書くという物語を信じることで勇気を持って進み続ける。物語という虚構が彼女に力を与えているのだ。

そしてそんな彼女を助ける者も彼女と同じスター・トレックファンだったりする。ケースワーカーとその息子だったり、クリンゴン語を話せる警官だったり。人はなぜ物語を欲するのかについて鮮やかに描いた素晴らしい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
杉本穂高

5.0良い作品です

2021年4月20日
iPhoneアプリから投稿

ダコタファニングは、子供時代は天才子役として名を馳せ、大人になって少し肥ったが、やはりダコタファニングはそのまま素晴らしい俳優だった。そう痛感する作品である。しかもこれはロードムービーでもある。軽度の知的障がい者と言う演技ではかなり制限のかかる役どころを見事に演じている。つまりレインマンやトムハンクスのフォレストガンプの様な役どころは逆に障害が重いため演技し易い。しかしこの作品での知的障がい者は軽度。そうなると役作りにかなりの理解が必要となってくる。それを演じれたのはダコタファニングの天才的な側面があったからだと思われる。その点をよく観て欲しい作品であると言えよう。オススメです^ ^♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バスキア

3.5どうなるか気になって最後まで見てしまう

2021年4月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ダコタ大きくなったなぁ。
話の構成が『天才スピヴェット』によく似ている。届け物のための一人旅をするには、経験や判断力が足りず、正しい手段を知らないために、しなくていい苦労をする。非常にじれったいお話し。

このストーリーの興味は3つある。
・ウェンディは望み通り、パラマウントに脚本を届けられるのか?
・さてその脚本の評価は?
・断絶した姉との関係は修復出来るのか?

まあ、見てのお楽しみということで、詳しくは触れないが、実に丁寧に語ってある。特に途中で出会う人たちが、まるで実在しているようなリアルさで、誰かと出会うたびに、「ウェンディの人生がここから好転するのかな?」なんて微かな期待を抱いてしまう。誰もがすごく思わせぶりな登場の仕方をするのだ。個人的には、ウェンディが特に美人でもないことや、お姉ちゃん役の俳優さんの演技がすごく上手だったこと、それから勝手についてくる犬のエピソードなんかが気に入ってます。

特に、『スタートレック』関連のエピソードには、思わず吹き出してしまった。心憎い演出をしてくれる。

2018.10.29

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

3.5強い想い

84さん
2021年2月24日
iPhoneアプリから投稿

世の中にはいい人もいれば悪い人もいて…
彼女の人を疑わず信じる純粋さ。
友達想いなところ。
勇気を出して自ら一歩を踏み出した強さ。
自閉症を抱えながらも、好きなものへの情熱が伝わるカッコいい作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
84
すべての映画レビューを見る(全95件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る