500ページの夢の束
ホーム > 作品情報 > 映画「500ページの夢の束」
メニュー

500ページの夢の束

劇場公開日

解説

ダコタ・ファニングが自閉症を抱える少女を演じ、ある思いを胸に500ページの脚本を届けるためハリウッドを目指す旅の中で、少しずつ変わっていく少女の姿を描いたハートフルストーリー。自閉症のウェンディは「スター・トレック」が大好きで、自分なりの「スター・トレック」の脚本を書くことが趣味だった。ある日、「スター・トレック」の脚本コンテストが開かれることを知った彼女は、渾身の一作を書き上げる。しかし、郵送では締め切りに間に合わないことに気づき、愛犬ビートとともにハリウッドを目指して旅に出る。ダコタ・ファニングが主人公ウェンディを演じ、ウェンディを支えるソーシャルワーカーのスコッティ役でトニ・コレット、ウェンディを案じながらも訳あって離れて暮らしている姉オードリー役でアリス・イブが共演。監督は「セッションズ」のベン・リューイン。

作品データ

原題 Please Stand By
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 キノフィルムズ
上映時間 93分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

自閉症の主人公がスタトレ愛で突き進む!映画好きの心に響くロードムービー
500ページの夢の束の映画評論・批評

天才子役姉妹がそれぞれのキャリアを順調に歩み、天才女優姉妹へと進化中のダコタ&エル・ファニング。姉のダコタ・ファニングが今回選んだ作品は、自閉症のウェンディが主人公のロードムービーだ。唯一の肉親である姉と離れ、サンフランシスコに近いベ...500ページの夢の束の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全68件)
  • 人が物語を欲する理由 「サピエンス全史」で著者のユヴァル・ノア・ハラリは、人類は「現実には存在しないものについて語り、信じられる」ようになったから進化したと語っている。国や宗教、経済システムなど全ては虚構であり、その... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年11月25日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 自分が変わって行く錯覚すら覚えるワクワク感 首から下げているのは事あるごとに書き留める虎の子の手帳。膨大な量の脚本を書いたのは大好きな「スター・トレック」と、書き記す習慣もさることながら豊かな才能の証。 ダコタ・ファニング演じる年頃の女性... ...続きを読む

    ezukodeoyogu ezukodeoyoguさん  2018年12月3日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 少女を応援したくなる 117席シアターを独占鑑賞。娘を見守る親心感覚で健気な少女の行動にハラハラしながら最後まで夢中になった。ダコダ・ファニングの演技も完璧で愛犬の存在感も抜群に良い。 2018-220 ...続きを読む

    隣組 隣組さん  2018年11月8日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「500ページの夢の束」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi