リビング・デッド サバイバー
ホーム > 作品情報 > 映画「リビング・デッド サバイバー」
メニュー

リビング・デッド サバイバー

解説

ゾンビが蔓延する世界に取り残された男女の戦いを描いたフランス製サバイバルスリラー。元恋人から私物を取り戻すため彼女のパーティに仕方なく参加したサム。人が苦手な彼は、奥の部屋に逃げ込みいつの間にか眠り込んでしまう。翌朝、サムが目覚めると周囲は血だらけで、彼以外の人間は全員ゾンビ化してしまっていた。建物に立てこもり、いつ来るかわからないゾンビの襲撃や食糧不足に悩まされながら、他の生存者を探す孤独な日々。やがて、ついに生存者のサラと巡り合うが……。出演は「パーソナル・ショッパー」のアンデルシュ・ダニエルセン・リー、「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のゴルシフテ・ファラハニ、「ポンヌフの恋人」のドニ・ラバン。

スタッフ

監督
ドミニク・ロッシャー
製作
キャロル・スコッタ
原作
ピット・アガーメン
脚本
ギョーム・ルマン
ドミニク・ロッシャー

作品データ

原題 The Night Eats the World
製作年 2018年
製作国 フランス
上映時間 93分

関連ニュース

関連ニュース

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi